ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
いつかひとりで
フォーレのレクイエムがすごく好き。

これを聴いてると、不思議にふわふわとした感覚がやってきて
自分が歩いている石畳の町並みが浮かんでくる。

そして、なんだかものすごく懐かしい。

そんなにレクイエムをたくさん聴いているわけじゃないけど
フォーレのがダントツに好き。

大げさじゃなく、
静かに死者に添うカンジがするから。



前世のどこかで
ヨーロッパにいたことがあるんじゃないかなって
思うときがある。

それはある時ふと訪れる感覚で
ヨーロッパ的なるものを見たり聴いたりして
懐かしいと感じることがあるんだよ。

フォーレのレクイエムもそのヒトツ。

きっと、当てになるものじゃないけど
そんなことを、もしかしてって想像してみるのは楽しい。


いつの時代かといえば
きっと中世で、
私は教会の周辺にいた…というのは近所ということじゃなく
なにか教会にまつわる仕事をしていたか
教会で施しを受けていたか
そんな感じの人だったんじゃないかな。

私に限らず
中世のヨーロッパって言ったら
みんな教会の周辺にいたのかしら?




20代のころ
自分のお葬式には「亡き王女のためのパヴァーヌ」のCDをかけて欲しいと思っていたけど
今はフォーレのレクイエムをかけて欲しい。

この曲を聴いているとき
私は石畳の町並みを歩いているんだけど
周りに人の気配が全くなくて
真から一人ぼっちっていう気がしている。

淋しいんだけれど、決してイヤな感覚じゃなく
私は行くべきところへ向かっている…という
不思議な心地よさ、というか迷いのなさを感じるの。


誰でもいつか、一人で旅立つ日がやってくる。

いつもいつもそのことを考えているわけじゃないけど
そのときがすぐ近くにあるという感覚もないけど
以前より格段に
その日、そのときにまつわるあれこれを考えている自分がいる。

でもそれは、裏を返せば
生きるってどういうことか
生きているってどういうことかを考える、というのとおんなじだ。


そういうこと、
なかなかちゃんと話す機会はないんだけど
誰かと語り合ってみたいなぁという気もする。

一方で、
これはすごく個人的なことで
誰かと話しても接点がないかもしれない、というか
かみ合わないかもしれないと思うこともある。


前世では
わたしはどんな風に考えていたんだろう。

これでいい、と思うことができたんだろうか。


この曲を聴いていると
そんなことをいっぱい考えて、
すごーく深いところまでもぐりこんでいったあと
ストンと眠くなる。

昼寝でもね。
[PR]
by happanappamama | 2009-04-24 01:08 | つれづれ | Comments(5)
Commented at 2009-04-24 10:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ごり。 at 2009-04-24 20:02 x
この曲を聴いているとき
私は石畳の町並みを歩いているんだけど
周りに人の気配が全くなくて
真から一人ぼっちっていう気がしている。

淋しいんだけれど、決してイヤな感覚じゃなく
私は行くべきところへ向かっている…という
不思議な心地よさ、というか迷いのなさを感じるの。

なんかここを読んで、雨降る夜のプラハの街と、ケルンの大聖堂のミサと、スーザンバーレイの絵本を思い出しました。

行くべきところへ向かっているって思えれば無敵ですね。

悲しみも寂しさも切なさも孤独も、行くべきところへ向かっているんだからしょうがねえじゃんか、って思えるし。

「死」がすぐ目の前に切羽詰まった状態で迫ってきてるわけではない平静の時に、あえて「死を思う」ことが、「目の前の生」と「そのうちやってくる死」に確かな影響を与える気がします。


Commented by happanappamama at 2009-04-24 23:33
なかなかこういうことを話す機会ってたくさんはないけど
みんなそれぞれ、自分の思いがあるんだろうね。

そう、かみ合わないって言うよりも
とてもパーソナルで、ああ、それもありだなっていう感じになるのかな。

チャンスがあれば語りましょう。
Commented by happanappamama at 2009-04-24 23:39
ごりさん。

わたしもね、石畳に出てくる前にどこかの聖堂の中にいるんだ。
聖堂のなかを、左右の高い天井の辺りを見上げながら
外に出てくる感じなんだよね。

生と死って対極みたいだけど、
突き詰めれば、実は同じことなんじゃないかな、って思ったりする。

>「目の前の生」と「そのうちやってくる死」に確かな影響

って、その通りだね。
いろんな意味で、私たちは準備しているんだな。

スーザンバーレイって初めて聞きました。
作家なの?

後で調べてみます!
Commented by はっぱなっぱ at 2009-04-25 00:22 x
ごりさん。

スーザンバーレイ、調べました!
『わすれられないおくりもの』の人なんだね!

実はまだ読んだことがないの。
良い評判をいろんなところで聞くから、読んでみたいとは思ってたんだけど。

最近、似たテーマで『くまとやまねこ』という絵本の書評を読みました。
これまた、まだ読んでいないんだけど、レビューを読んだ感じでは
すごく良さそうだった。

合わせて読んでみたいと思います。
<< ハイジ三昧 今週 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル