ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ムズカシイ本
昨日はnappaの春キャンプの思い出会だった。

終了後、nappaがふわちゃんと公園で遊びたいというので
公園に移動。

子どもたちが遊んでいる間、母たちはもちろんベンチでおしゃべり。

ふわちゃん&のりまき母子と会うのはほぼひと月ぶりだった。
午後3時を回っているワリにはかなり強い日射しを真正面に受けて
でも、久しぶりにゆっくりおしゃべりできて楽しかったな。

彼女はいつも、とても包容力を感じさせる人で、
安心して会話が楽しめる。

今日は彼女が最近読んでる本の話を聞いた。
時間にまつわる本らしく、興味深々。

私はものすごく時間関係に惹かれる人。
時間の話を聞くのが大好きだし、時間を感じさせるモノやコトにとても弱い。

こう、気持ちよくなっちゃう感じ。

話していて、
去年の今頃?ばーばらちゃんの日記に触発されて読んだ
リサ・ランドールの本のことを思い出した。

リサ・ランドール博士は物理学者で、今巷で話題の素粒子が専門だ。
5次元世界が存在するということを理論の上で証明したのだそうだ。
私たちの存在する3次元世界のまわりを5次元世界が取り巻いているんだって。

宇宙モノにも弱い私は早速
若田光一さんがランドール博士にインタビューした『異次元は存在する』という本と
アメリカでベストセラーになったという『ワープする宇宙』を読んだの。

宇宙って、どこかで時間と繋がっているでしょう?きっと。(思い込みか!?)

若田さんのインタビュー本は、
読んでるときは「わかるかも」っていう感じだったけど
『ワープする宇宙』の方はさっぱりわからず。

物理がわからない人にもわかるように、というコンセプトで
専門用語は使わずに書かれたという触れ込みだったけど
私にはハードルが高すぎた!

でも、わからないなりにもとにかく読むと
その世界がグッと近くなるんだよね。

のりまきちゃんにおもしろさを説明しようと思ったけど
ほとんど本の内容をモノにしていない私は
時間が経過して更に、さっぱり理解していないことに気づく。

のりまきちゃんが読んでる本も難しいらしく
「わからない」って言ってたんだけど
それでも頑張って一冊読むと、わからないベールの一枚が
ちゃんと剥がれているんだよねー!ということで頷きあった。

おもしろそうだけど、ちゃんと理解できないことっていっぱいある。

そこをとにかく踏み込んでいって追求することが出来る人は
学者になってしまうんだろうなあ。

私は、”垣間見る”という領域から脱することは出来ないんだけど
それでも知らない世界がワッと目の前に広がる感じは
すごく楽しい。

ツアーで観光して、名所だけ押さえて去っていく観光客みたいだなって
いま、ちょっと思ったけど。

もう一回読んでみよう。
きっと、去年よりはわかるはず!

いや、わからないかもしれないけど、それでもいいのだ!
[PR]
by happanappamama | 2009-04-30 18:45 | ほん
<< ”盛り場”デビュー 眠眠打破? >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル