ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
聞いていたい音
都会の片隅にいて
いろんな音に囲まれて生活していると
余計な音が聞こえない場所に憧れる。

耳栓をして
音をシャットアウトしてしまおうかな、と思ったこともあるけど
眠るときに耳栓をするようになったら、
耳栓なしではいられなくなってしまった人のことを
何かで読んで
ちょっと怖くなってしまった。

聞こえてほしい音もあるから
全くの無音というのも
ちょっとストレスかもしれない。

川のせせらぎとか、鳥の声とか、風で木が鳴る音とか、波の音とか…
そういう自然の奏でる音はもちろんだけど
冷蔵庫が時々ジーっと鳴る音とか、
氷が出来るときのゴトゴトという音とか、
そういうのも結構いいものだ。

子どもの頃は、茶の間の電気も
ジーっていう音がしてたな。


聞こえてほしい音っていうと
子どもの頃のお正月を思い出す。

たいてい、シーンとした快晴で
空に吸い込まれちゃうような、どこまでも高く昇っていくような、遊んでる子どもの声と、
ときどきお年始回りであいさつしあっている大人の声と
遠くの獅子舞のお囃子くらいしか聞こえなくて
車の音もほとんど聞こえなかったような気がする。

お正月になると
お店もみ~んな閉まってたからね、昔は。

普段の生活音はほとんど全部なくなって
のんびりとした”お正月の音”に囲まれていたなぁ。

どこかに出かけるときの車のエンジンの音さえ
お正月じゃないときとは別の、のどかな音だった。

小さいときのお正月は
テレビもほとんど見ていなかったような気がする。

お年始に来たお客さん同士が
入れ替わり立ち代り、お酒を飲みながら語らっていたりしたから、
テレビを見てる暇がなかったのかな。

ときどきお客さんにせがんで外で一緒に凧揚げをしてもらったり
大人が飲み食いしている横で福笑いをしてみたり
ほんと、絵に描いたようなお正月。



なんだかすごーく懐かしいなぁ。

平和な音だったなぁ。
[PR]
by happanappamama | 2009-05-12 22:21 | つれづれ
<< くやしい! 「ことしのぼたん」 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル