ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
IKEAで。
今日は珍しく、朝から家族みんながず~っと一緒だった。

happa抜きの3人で出かける機会はいっぱいあっても
4人で出かけるのは久しぶり。

友だちと約束があったり、予定はなくても「僕は行かない」っていうことがあったり
みんな「一緒!」というのはだんだん難しくなってきた。

でも、今日は一緒にIKEAへ。

買い物をしているとき、お母さんが3~4歳の子どもを激しく叱っている場面に出会った。
私が気づいたとき、もうその女の子は呼吸が苦しそうになるくらい泣いていたし
どんなことで叱られていたのか、本当の理由は全くわからない。

けど、あまりに激しい叱責と
やたらと子どもを叩いているのが気になって
なんだか注視してしまった。

頭や身体を叩く音が聞こえてくるくらいだったので
なんとなく心配で目が離せなかったのだ。

女の子は叱られて泣きながら、
小さな声でゴメンナサイと言っている。

お母さんは、その子と、赤ちゃんを抱っこしているおばあちゃんらしき人と4人連れだったけど
おばあちゃんもその様子に、べつに何か言うでもなく
私を含む、その場に居合わせた部外者が、
なんとなくハラハラしながらその家族を見ている感じ。

happaが「どうしたの?」と言うので
これこれしかじかと説明したら
こんどはhappaがその家族に張り付いて、
お母さんを睨み付けるようにして注視している。

「あっちに行ってな」というふうに
その親子に釘付けだった私を追いやるようにして
今度はhappaがなんとなくずっと一緒に移動して、
お母さんの様子を伺っていたようだ。


「ここにいなさいって言ってるでしょう?」とか「ここだって言ってんだろ!」とか
子どもの肩を掴んでグイと引っ張りながら
子どもの立ち位置まで指定してイライラしているし

「泣き止みなさいって言ってるでしょ!」「今すぐ、泣くの止めなさい!」という言葉に
子どもはなす術もなく、ただただ泣いている。

お母さんは、
多分、その子がうろちょろして見えないところに行ってしまうのが気になったのだろうし
きっと、最初の気持ちは、
その子に対する「迷子にならないか」という心配だったんだと思う。

でも、叱ったら泣き出して、鳴き声にまたイライラして、叱って、また泣いて…って
どんどんエスカレートしてしまったみたい。


その、小さな女の子が涙でヒクヒクしながら「ごめんなさい」という声が
なんだかとても痛々しい。

虐待されている、とか
そういう雰囲気の家族ではなかったけど
たとえばああいう場合、どうしたらいいのだろう?とちょっと考えてしまった。

どこまでが家族単位の治外法権なのかな。
どこから声をかけるべきなんだろう。

まあ、ちょっと声はかけられないかな。


小さな子どもが、長時間お母さんの買い物にじっと黙って付き合っていることができないなんてことは
当たり前のことだ。

今は、今だから、わかりすぎるほどわかる。

あの若いお母さんは
子どもに我慢を強いているっていう自覚が全くないみたいだった。

私があのお母さんの年齢のときはどんなだったんだろう?
やっぱり他人に心配されるような叱り方をしていたのだろうか?
自分勝手な理由で子どもを叱ってることがあったかも?


お母さんも子どもと一緒に成長していくんだと思うけど
おばあちゃんがナンにも言わなかったのが
ちょっと気になるなぁ。



…と、ここまで書いて
その後どうなったかな?とhappaにその後の顛末を確認しに行ったら
「今度何かしたらひとこと言ってやろうと思ってそばにいたら
 おばあちゃんがすごくやさしくて、
 お母さんにはナンにも言わなかったけど、泣いてる子どもにたくさん声をかけて
 子どもはだんだん泣き止んで、後は楽しそうにしてた」とのことでした。


そうか、おばあちゃん。
激高してるお母さんに何か言うのは
もしかしたら逆効果と思ったのかな。

よかった!
[PR]
by happanappamama | 2009-05-17 22:41 | にっき | Comments(2)
Commented by えりんこ at 2009-05-18 13:07 x
おばあちゃんは知恵者だから…
嫁じゃなくて自分の娘さんならなおのこと、間の手の入れ方は心得ているのかも。
下手すると火に油を注ぐこともあるしね

お母さんも、怒りながら悶絶してたりするんだよ
そうやって親子になるんだよね…
うちも年子に近かったから、チビのころは切れまくってますた(汗)

Commented by はっぱなっぱ at 2009-05-18 21:32 x
そうなんだよね。
おばあちゃんはいろいろわかっているんだよねぇ。

おばあちゃんの存在って、お母さんにとっても孫にとっても
すごく大きいんだよね。いろんな意味で。

お母さん、思いっきり感情的になっちゃった後で
自己嫌悪に陥っちゃったりするんだよね。

私も近くにおばあちゃんがいてくれて、どんなに助かったことか!
感情的に叱ってるときも、フォローしてくれるしね。
<< お弁当のおかずだけど… 親睦会 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル