ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
誉めて伸ばす
料理とお裁縫が鬼門。

どうも小さい頃から苦手なんだなぁ。

周りの女子に比べたら
特別に強い関心があったというわけでもなかったので
きっと上達しなかったのだな。

nappaはお料理にもお裁縫にも関心があるみたい。
夕飯の手伝いをしたがるし、
幼稚園のときも、彼女の一番のお気に入りだった”おさるのじょーじ”に
あまり布で半ズボンを作ったりしていた。

私を飛び越えて隔世遺伝かな。

マイ母はどちらも大好きな人。
多分、母の世代の人たちはみんなこういうことが得意なのかも。
きっと出来て当たり前の時代だったんだよね。

お友だちのお母さんで「料理裁縫が苦手~」という人
あんまり聞いたことなかったもん。

だから、
「お母さんは御料理とお裁縫ができなければ一人前とは言えない」という不文律が、
なんとなく私の中にある。

そこをクリアしなくちゃ胸を張ってお母さんとは言えない、みたいな。

それって時代錯誤??
でも、カンカクだから仕方がない。

このあいだ、体育祭の前夜、happaに「ゼッケン付けて」と言われて
切れぎみになりながらもやっと縫い上げたブツを見て
「あ~、こんなになっちゃった~」とガックリしていたけど

体育祭から帰ったhappaが
「あなた、結構なんでもできるんだね」と言う。

「どういう意味?」と聞くと
自分のゼッケンが一番きれいに付いていたというではないか!

友だちのゼッケンの縫い目があまりに酷かったので
「自分で縫ったの?」と聞いたら、みんな「親~」って言ってたけど
ウチの縫い目が一番きれいだったと言うのだよ~~~♪

出来上がりははっきり言って、そうキレイじゃない。
それはちゃんと自覚がある。

が、しかし、but、however!

お裁縫苦手なお母さんはそんじょそこらにいっぱいいるのだ!ということが
けっこうリアルに実感できたのが収穫だった!

だって、幼稚園のママたちは、みんな得意だったのだ。
私はそこがコンプレックスだったりしていた。
(だからといって、上手になろうと努力はしないんだけど…)

でも、世の中のお裁縫苦手なお母さんは私だけじゃなかったのだ!

happaに誉められたことも、
縫い目でhappaが恥ずかしがらずに済んだのもうれしかったけど
これから努力しても追いつかないと思っていたお裁縫が
私って結構お裁縫レースの真ん中アタリに付けてるかも?と思っただけで
ウキウキしてしまう週末だったのでした。

単純だねぇ。

親だって、コドモに誉められて伸びるのだよ。
[PR]
by happanappamama | 2009-05-19 16:36 | つれづれ
<< タイムマシンがあったら。 お弁当のおかずだけど… >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル