ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
読書の夏
引越しの前後から、ほとんど本を読んでない。

箱に詰めちゃって読めなくなっちゃったのと
今は、箱を開けちゃうとどこかに片付けなくちゃならないっていうので
ちょっと躊躇しちゃって
固く箱詰めされたまま。


本以外のものは、なんだかんだ読んでいるんだけど
ここらでガツンと腰を落ち着けて読みたいなー、と思っていたところに
boubouさんのブログを読んで余計に読書を渇望。


今まであんまり読まなかったジャンルを読んでみたいな、っていう気持ちと
世界の名作みたいなのも読みたいな、っていう気持ちと。


夏といえば、新潮文庫の100冊。

なんとなく、麦茶をカランとしながら縁側で読書という風景が浮かぶ。

新潮文庫の100冊の冊子をはじめて学校でもらったのは
中学生の頃だったような気がする。

毎年少しずつラインナップが入れ替わってるし
最近の100冊には古典的な名作みたいなものはあんまり入っていないのかもしれないな。

100冊の紹介で
読んだ気になったような本もいっぱいあるし
これがきっかけで読んでみたらさっぱりわからなかったのもある。

高1のとき読んだ『異邦人』なんて
かっこつけて読んだけど、結局何を言っているのか、どんなテーマなのか
よくわからなかった。

『変身』も。

グレゴール・ザムザという主人公の名前だけが
異様に印象に残っているんだな。

そういえば『異邦人』の主人公も、
なぜかムルソーという名前だけちゃんと覚えてる。


高1の私には
相当に背伸びの読書だったのでしょう。



考えるに
初期のころ、新潮文庫の100冊に載っていた
すでに古典になっているような名作って
いつまで読まれるんだろう?

100年後もやっぱり読まれているのかなぁ。

いやいや、読まれなくなってるのもいっぱいあるんだろうな。
[PR]
by happanappamama | 2009-07-30 23:17 | ほん
<< NEW COMER 久しぶりです。 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル