ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
あけましておめでとう!
f0169643_14451328.jpg

とうとう年が明けてしまった。

去年の暮れはいろんなことで身辺が慌しく騒がしく
やらなきゃいけない様々をペンディングにしたまま大晦日を迎えてしまって
「じっくり考えよう」なんて思っていた年賀状を30分くらいでワシワシ作り
ガシガシ印刷していたら年をまたいでいた・・・という感じだった。

とりあえず印刷のあがった年賀状を前にう~んと唸り、
眠い目をこすりつつ宛名とコメントを書いたり
お雑煮の準備をしたりしていたら、早3時過ぎ。
もう今年はお雑煮で精一杯だ!

とりあえずお正月らしさはお雑煮一人に背負っていただきましょう。

nappaと初日の出を見に行く約束をしていたのでとりあえず寝なきゃ、と
またワシワシ布団にもぐった。

「明日は早起きなのか~~」とちょっとゲンナリしたけど
連日私がじーじの入院している病院へ通っているので
私と一緒に病院に長時間居させてしまったり、happaと二人でお留守番させたり、
彼女には冬休みを満喫させてあげられない数日だったので
なんとしても初日の出を見たいという希望は叶えてあげたかった。

日の出の時刻を調べたら6時50分。ふーん、意外と遅いのね。

でも5時には起きて支度しよう・・・と思っていたけど
さすがに2時間という時間では寝入ったら最後起きられないのだ。

目覚ましをかけたのにいつの間にか勝手に止めていて
ハッと気づいたら6時ちょっと前!

それでもその時間に気づいてよかった!!

nappaを起こして一緒に支度。

前日happaに「一応起こしてみて~」といわれていたので
「初日の出見に行く??」と声をかけたけど
「やっぱ、やめとく~~」と寝ぼけた声。

さすがに若いnappaちゃんは朝から張り切っている。
うれしそうだ。よかった、よかった。

ジジ男の「行ってらっしゃ~い」という寝ぼけた声に見送られ
二人でダルマのように着込んで、まだ薄暗い道をドライブして若洲へ向かった。

若洲は意外と込んでいた。
結構、初日の出を見に来るという人はいるものなんだな。

海岸への道で遠くに富士山がはっきりくっきりと見えて、なかなか感動。

一富士、二鷹、三なすび、と言うし、
初夢じゃないけど元日の初っ端に見る景色としては縁起が良いではないか!

東側を望む海岸に到着して、じりじりとして日の出を待った。

最初、だだぼんやりとして明るかっただけの空のふちがどんどん輝きを増して、
輝きの幅がゆっくりと広がっていく。

nappaと「焚き火の熾きみたいだねー」「きれいだねー」と頷き合う。

けど、なかなかお日さまは姿を見せない。
みんなが同じ方向を向いて、なかなか出てこないお日さまを待った。

やっと太陽の頭の端っこが地表から出てきたとたん、
光量が一気に増して海いっぱいに広がった。

すると、あれよあれよという間にどんどん太陽は昇る。

待ってる時間に比して、太陽がぐんぐん昇っていく速度は速かった!

二人で「綺麗だね~」「二人で初日の出見ちゃったね~」などと喜びを分かち合いつつ
日の出ショーの余韻を楽しんで帰途についた。

家に帰ったらもうすぐ8時というところで
「もう一眠り・・」という時間じゃなくなっていた。むむむ。

happaも起きてきて、ジジ男もなぜか早起きしていて
布団に未練を感じつつもお雑煮の支度。

みんなで「おめでとう!」と言い合いつつ、お雑煮を食べた。

しかし、お雑煮を食べたら急速に眠くなり、一時間だけ爆睡。

お昼過ぎにじーじの病院へ新年のご挨拶をしに向かう。

子どもたちは病室に長居できないことになっているし、
元旦くらいは子どもたちとも愉快な時間をすごさなきゃ、ってことで
午後は久しぶりにみんなで夢の島に行って
野球とアルティメットフリスビー<ボール編>で盛り上がった。

夕方まで気持ちよく遊んだあと外で食事をして、ジジ男とhappaとnappaを家まで送り
私は病院へ。

父と二人、静かな元日の夜を過ごした。

お正月は家に帰ってきて欲しかったけど、まあ仕方がない。
もう少しの辛抱だもんね。

今年は富士山の雪景色と念願の初日の出で明けたし、きっといい一年になるに違いない!

元日の夜を父と二人で過ごす、というのも
よく考えたら生まれて初めてのことだ。

今年のお正月はいままでのお正月とはちょっと毛色のちがったものだったけど
それはそれで思い出に残るお正月になったのでした。

よし。






コメント(2)


海から昇る日の出は素晴らしいですね。
私の人生のなかで何度か初日の出に挑戦したことがありますが、曇りとかで全く見られたためしがないんです(笑)。まぁ山から日の出は何度もみてるからいいかぁっとごまかしの元旦です。

2008/1/15(火) 午後 11:20




子連れさん。

私もちゃんと初日の出を見たのは初めてかもしれないです。
いままで”見よう”と試みたことはあっても、キッチリ挫折してました。

山の頂からの日の出。是非見てみたいものです!

2008/1/16(水) 午後 10:24 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2008-01-05 01:11 | にっき | Comments(0)
<< お留守番 『暮らしの手帖』風日々の始末 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル