ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
読み聞かせ
明日、nappaのクラスに読み聞かせに行く。

毎年、春に”読み聞かせに協力してください”というお手紙が来て
手を上げた人が順番に学校に行くの。

読み聞かせ。
多分、みんな家で自分の子どもにはやっていることだから
たくさん手を上げる人がいるかな、って思っていたんだけど

意外や意外。
とても少なかったらしく、保護者会でも役員さんが
「どなたかいらっしゃいませんか?」と声をかけていた。

そのとき、乗り気じゃなかった方の意見に
また、ちょっと驚いたっていうか、へぇーって思った。

「読み聞かせはイヤじゃないんだけど、本を選ぶことができない」というの。
で、それにうんうん、と頷く人がたくさんいたんだな。

そのお母さまは、ときどきおしゃべりするんだけど
とても真面目で真摯な人。

以前、読み聞かせをするとき本の選定に悩みに悩んで、
図書館の司書にも相談したけど、あまり親身になってもらえず
ふさわしい本が選べなかったんだって。

ちょっと私の姿勢を反省。

いつも、「どれにしよっかな~~」くらいの軽いノリで
簡単に本を選んでいたから。

子どもたちにとってどうか?というよりも
自分が「これ読みたい」っていう本を選んでるし。

ま、これ読みたいってものは、子どもたちにも聞かせたいものであることは確かなんだけど。

で、その方のご意見と、それに頷く方々が多かったこともあって
読み聞かせの本は先生が選んでくださることになった。

いささか、ガッカリ。


だって、本を選ぶのって楽しいじゃない??

もちろん「これを、というものがある方は、お好きなものをどうぞ」と言ってくださってはいたが
聞けば、今は「あらしのよるに」シリーズを順番に読んでいるらしく

その途中で
「どうしても、これを!」って主張するのも、ナンじゃない?

それでも、
この間、連絡帳に「次回の読み聞かせに、詩はどうでしょう?」と書いたんだけど
nappaが「先生から」って、あらしのよるにシリーズを持ってきた。

「子どもたちが続きを楽しみにしているので」ということなので
もちろん、それで構わないんだけど、
「詩は10分間の読み聞かせには向かないかもしれません」とお返事があって
ちょっと落胆。


詩。難しくなんかないと思うけどな。

長い詩もあるし、いくつか読んでもいいんだし。


昔、キャンプの朝の集いのときに
詩を読み聞かせたことがある。

山の中にいたし、そういうところで肌でいろいろ感じてほしかったから。

キャンプで詩を読んだのは
後にも先にも、あの時だけだったけど
1年生から6年生まで、みんな真剣に聞いてくれた。


詩を隔てちゃうと
詩が、一種特別なものになっちゃっうような気がして寂しいな。

物語とおなじように、
当たり前のものとして詩を読んでほしいし。

口語詩だけじゃなく、
短歌も俳句も、
すばらしいのがいっぱいあるのになー!
[PR]
by happanappamama | 2009-10-01 22:36 | ほん | Comments(6)
Commented by えりんこ at 2009-10-01 22:52 x
ふ〜ん…そんなつまんないことになっているんだ…

どんな反応するかな? って想像しながら本を選ぶのが楽しいのに
読み聞かせって大好きだったな…
低学年の男子をどう黙らせて、先を聞かせてって顔をさせるか作戦を練ったりして

楽しいのにねぇ…
Commented by のりまき at 2009-10-02 08:47 x
のりまきのところは、保護者が勝手に選びます。
それも、みんなかなりの押しつけ!
でも、選ぶまでの道のりを聞いていると、みんなおもしろいの。
勉強になります。
ああ!!!!お話したいです!
Commented by はっぱなっぱ at 2009-10-02 16:09 x
えりんこちゃん。

そうなの。つなんない展開になっちゃってるんだよ。
読み聞かせって、本を選ぶとこから始まってるよね。
与えられた10分で、どう読むか。
パフォーマンスの時間でもあるし。

与えられた本を、ただ読んで聞かせてくるだけじゃ
なんだか読み聞かせの楽しみの2割くらいしか残ってないみたいな感じ。
Commented by はっぱなっぱ at 2009-10-02 16:12 x
のりちゃん。

そうだよねぇ。
本を選ぶにも、人それぞれの視点があって
それもやっぱり、読み聞かせのウチだよね。

そして、”こんなにおもしろいの!”って押し付けちゃうのが
読み聞かせの醍醐味だよねぇ。
Commented by あやつりぞうくん at 2009-10-10 12:54 x
ちぇりーです。
小学校に上がってしまうと、学校の授業にお母さんを交えるというのはないだろな?なんて思っていたのですが、読み聞かせという素敵な行事もあるんだぁ!と、嬉しく思ったのと同時に、何だかちょっとほっとしたような気持ちがしました。
でも、その趣旨というか、想いも、いろんな都合によっては変わっいってしまうんですね。
本を選ぶところから始まる・・・・・・って表現されているのを見て、それっていろんな大人の感性に触れることが出来る貴重な体験だな~と思いながら読んでいました。
私が我が子に経験させるなら、決まった物語の読み手が変わっていくだけではなく、想いを込めて選んだ作品を聞かせてもらう方を希望したいな!なんて、第三者ながら思ってしまいました。
自分一人では出逢わなかった『詩』があるとしたらぜひ出会いたい。
一人の親、一人の先生だけでは伝えきれないものって沢山あると思うから。。。。

私は只今幼稚園選びの真っただ中なのですが、その中で何となく感じる気持ちと重なったような気がしました。
Commented by はっぱなっぱ at 2009-10-10 23:48 x
まあ、ちぇりー!
コメント、うれしいです。ありがとう~♪
そして、毎週夫氏には大変お世話になっています。よろしく伝えてね。

小学校も低学年のうちはいろいろお手伝いがあるんだよ。
校外学習のときに引率のお手伝いがあったり(グループリーダーみたいな)、
図工とか生活の授業で何か作ったりするときに行けるヒトが行ったり。

読み聞かせは、授業が始まる前の朝の学活の時間にするので
先生に余裕がないと、親任せっていうのは不安なのかな、とも思います。ホントは親と先生が協力して作り上げる、”ならでは”な時間になるといいけどねー。

Hくんとの日々、ブログで読ませてもらってます。
親としての生活は
2歳には2歳の、園児には園児の、小学生には小学生の
楽しみも苦悩も満載だよね。

ブログを読んでて、子どもたちが小さかったときのことをすごく思い出します。そうそう、とか、おんなじー!と思うこといっぱい。
二人が両親で、Hくんはすごーく幸せだね。

いい幼稚園と出会えるよう、お祈りしています。
<< 年をとるということ 『おなあちゃん』 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル