ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
備忘録
さっき、不思議な夢を見た。

ソファーでうたた寝中。

忘れちゃうともったいないので、書いておきます。


私はどこかの、大きなホテルみたいなところに泊まっている。
で、今日チェックアウトして自宅に帰ることになっていて。

私はなにか目的があって
ホテルの別の階にある、ホールみたいな、劇場みたいなところから
怪人二重面相よろしく、何かの機械を分解した中に隠されている宝石と、
その分解した機械の破片というか部品というか、
そんなものを盗もうとしている。


それが欲しいわけじゃなく、
それが必要なわけじゃなく、
盗むものは何でもよくて、盗むという行為が目的のようだ。

で、最終的に捕まることがわかっているというか、それを想定しているんだな。
というか、逮捕されることが目的。

それを盗むとき、ホテルの人か誰かがそこに居て
私は「ハハハ、今からこれを頂戴するのだ」みたいなことを高らかに言って
後ろにある階段から一階下に下りて(そこは5階だった)
エレベーターに乗り込んで1階を押した。

1階についたら一目散に自分の部屋に戻って
荷物をまとめてから「私が盗みました」って連絡しようとか考えている。


何のためにそんなことをしているのか
夢の中では明確じゃないんだけど
でも、なにかのためにやってることは確かで。

でも、エレベーターの中で、
「なんでこんなことをしちゃったんだろう」とか、早くも後悔していて

逮捕されれば拘留される、ということを
なぜかそのときになって思い出して
「今日は、家には帰れないんだ」と動揺しはじめて。

夢の中では、私はお母さんじゃなくて
多分、結婚もしていない。

前後して、実家の母とお茶を飲みながら
近所の人のうわさ話かなんかしているシーンも登場して
何とかさんの息子さんの2度目の奥さんは
とてもいい人で、感じがよくて良かったとか、そんな話をしている。

なんとかさんの息子さんの最初の奥さんは
どうも人非人のようだ。

私も「あ~、あのいつも野球をやってた奥さんは悪い人なのね」とか言ってて。

その奥さんはいつも、家の窓から見える裏の空き地で(いつの時代だ?)
エプロン姿ですごい剛速球を投げていたのだ。



そんなシーンをアタマによぎらせながら
「あー、なんてことをしちゃったんだろう。
 いまさらこれを返したところで、一度盗んだ罪はどうにもならないし、
 このまま逃げても捕まることは目に見えているし、
 でも捕まってしまえば家族を悲しませるし」
などなど葛藤。

そして、またまた
「あ~、なんてことをしちゃったのだろう??
 こんなことは最初からわかってたのに、なぜやめようとしなかったのだ?」と
煩悶しているところで目が覚めて。

でもしばらくは夢の続きのような感覚で
「あれ、これはどうなの?現実はどうなの?私は盗んだの?盗んでないの?」
と考えた後、ようやく我に返って
「あ~、あれは夢だったんだ~。私は何も盗んでないし、逮捕もされないんだ~」
と心底ほっとして、ものすごく朗らかな曇りのない気持ちになった。



夢って不思議。

どうしてこんな夢を見たのかな。
こんなに印象に残る夢を見たのは久しぶりだ。

小さい頃から、きっとたくさんの夢を見てきたけど
こんなにハッキリ覚えている夢はたくさんはない。

楽しかった夢より、怖かった夢のほうが断然覚えているのは
なんでだろう?

それにしても、ドキドキした。

これって、何かのメッセージなのかな?
それとも単に疲れているのかしら?
[PR]
by happanappamama | 2009-10-18 00:29 | にっき
<< 眠りに落ちる瞬間 今日も無事に。 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル