ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
無題
『アンネの日記』を始めて読んだのは
中学生の頃だった。


何年か前、翻訳が新しくなったり、完訳版が出版されたりして
話題になったけど
「また、読んでみよう」とは思えなくて。


初めて読んだときも、やっと読んだ。

同世代の女の子が書いている、夢も希望もある日記。

けれど、その女の子は
自由に出歩くことの許されない、
声を潜めて生活しなければならない隠れ家に住んでいて
何年かの後、理不尽な理由で殺されてしまったのだ。


突然、『アンネの日記』を思い出したのは
アンネ・フランクの生前の映像がYou tubeで公開されたというニュースを見たから。


アンネの写っている唯一の映像で
フランク家の隣に住んでいた女性の結婚式の様子を
窓から覗き見ているものだそうだ。

ココで見られます


私の持っていた『アンネの日記』は、
記憶によれば新潮文庫で
(…でも、調べたら新潮文庫からアンネの日記が出た形跡はないんだけど)
表紙にアンネの顔写真が大きく印刷されていて、
写真の白地のバックには、多分アンネの直筆の横文字、
上部にブルーのラインが引かれていたものだった。

何度か読んだかもしれないけど、多分、中学生時代のみ。

その後は本棚の見えるところにはあったものの
なぜか手が伸びなかったの。

ときどき、本棚の整理とかしているときに
不意に、本当に思いがけず、『アンネの日記』が現れると
表紙のアンネに「こんなことでいいの?」って言われているような
勝手気ままに、好き放題やっている自分を責められているような気がして
すごく怖かった。

本棚の整理をするときは、注意深く、表紙が目に触れないように工夫してしまったり。


私の読んだ『アンネの日記』は、
アンネ自身が自分の日記を元に、推敲したり編集したりしたもので
もともとの日記は、もう少し少女の日記らしいものだったらしい。

内容があちこち飛んだり、文章自体にまとまりがなかったり、
つまり、誰かに読ませることを意識しない、まさに”日記”だったようだけど。

隠れ家生活で、多分時間だけはたくさんあったアンネが
将来本にしよう、という意図のもとに
自分の日記を修正したものが
お父さんによって出版されたんだって。


アムステルダムの、アンネたちの隠れ家を
昔訪ねたことがある。

子どもだった、幸せだった頃のアンネたち家族の写真が
たくさん展示されていた。

You tubeの映像を見て、
久しぶりにアンネのことを思い出して、
あたりまえのようだけど、中学生の頃とは違った思いがたくさん。


怖くて、手に取ることができなかった『アンネの日記』だけど
もう一度読み返してみようかな、という気にさせられた。

私は自分の生活を大切にしているだろうか?

生きたかったのに、生きることができなかった人たちのことを思い、
大事に生きていくことの大切さを思いました。
[PR]
by happanappamama | 2009-10-20 23:16 | つれづれ
<< こうして止め処なく思いは広がっ... 眠りに落ちる瞬間 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル