ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
こうして止め処なく思いは広がっていく。
ごりさん。のブログを読んで、いろいろと考えてしまう今夜。

宗教とか、信仰とか、その辺りの話題についての
彼自身の考えが述べられていて。



だんだん、この年になってきたからなのか
同世代の友だちの中でも、そういうことを日々考えてしまうという声を良く聞く。

私もそう。

若いときから興味のなかった話題じゃないんだけど
…というより、積極的に考えてきたんじゃないかなと思うけど
年々、簡単に言えば、死ぬことについて考えることが多くなってきた。

私は、死は”無”とは思っていないので
どうしても、その先を考える。

そして、その先に繋がる、今の自分の人生を考えてしまうんだなぁ。


どうも、理路整然とは考えられず
あっちこっちに考えが飛ぶ。

一瞬のうちに、いろんなことがアタマに浮かんで
パソコンで別窓を開いているみたいに、それぞれのところでそれぞれの展開があるので
自分の考えてることなのに、自分では追いつかなかったりして
我に返ると混乱している。


みんな、現世こそがリアルな本当の世界と思っているけれど
本当にそうなのか?

もしかしたら、現世こそがあの世で
私たちがあの世と思っている場所が、本当の場所かもしれないじゃない?


などなど、混乱は続く。

こういうこと考えるの、好きなんだけど
サラリ、パキリと、しかも、こう、感情とか熱い思いとかを交えずに
解説してくれる本とか、ないものかしら?

でも、ひとつの見解が全てじゃないんだもんなぁ。

そして、一度現世を離れてみないことには
ホントのところはどうなのか、わからないもんなぁ。


前世の記憶があるという人はたくさんいるみたいだけど
そういう人も、前世で亡くなって、今世に生まれるまでの間の記憶については
あんまり語っていないみたいだし。


こういう話題、
どうしても色眼鏡で見たり、へんな茶化し方をしたりされがちだけど
エンターテイメントじゃなく
科学的に、真面目に考えてくれるドキュメンタリーとか、本とか
出てこないものかなぁ。

こういうこと、非科学的って思われがちだけど
100年後には科学ですっかり解明されてるかもしれないしね。

あの世と交信できる装置とか当たり前になってるかもしれないし。


ついつい思いは広がってしまう、秋の夜長。
[PR]
by happanappamama | 2009-10-21 23:55 | つれづれ
<< 大人のためのイギリス児童文学 無題 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル