ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
柱時計が、13回 時を打つ
昨日、イギリスの児童文学のことを書いたら
児童書がすごく読みたい。

で、しまいっぱなしで開けていないダンボールから
児童書を出してきた。

明日はお弁当がない。
つまり、いつものように早起きしなくてもいいから
ゆっくり、のんびり、布団の中で読み耽りたい。

小学生のときは、
あんまり本を読まなかったくせに、岩波少年文庫の装丁がすごく好きだった。

本を読みつけない小学生に、文庫本はちょっと敷居が高かったけど
岩波少年文庫は、子どもには魅力的なお話たちが
子どもっぽくない顔して揃っていたのだ。

新書サイズで、他の子どもの本みたいに大きくないのがかっこよかったんだな。

表紙の色が、赤と青と黄色と緑に分かれていて
それぞれのカラーに黒いインクで絵が描かれている表紙。

黄色が低学年向け…とか、
色で難易度が分かれていたんじゃなかったかな。

『クマのプーさん』は黄色?(ちがうような気もしてきたなぁ。)
『森は生きている』は緑。
『エミールと探偵たち』は青。
『あしながおじさん』は赤だった。


読まなくても、持っているだけでちょっと文学少女キブンで
読まないのに買ったりしたなぁ。

結局、後になって読んだから、無駄にはなっていないけど。

カバーやなんかがついていないシンプルな造りで
つやのないブツブツした感触の紙が尚良かった。


その頃は
”昔の本”チックな岩波文庫にも憧れた。

素っ気無い薄茶色の表紙に、オニオンスキンみたいな薄紙でカバーがついていて。
背表紙に付いている星の数で価格がわかる。

星がひとつだといくら、二つだといくら、って。

懐かしいな。



今日、出してきたのは
昨日も書いた『トムは真夜中の庭で』と『エーミールと探偵たち』

どっちから読もうかなぁ。

『トム~』は静かな感動に包まれちゃう物語。鳥肌が立つんだよ。
『エミール~』は街中の痛快な冒険活劇。

両方読みたい!


こんど暇を見て、まだ読んだことない児童文学を探しに行こう。
[PR]
by happanappamama | 2009-10-23 22:35 | ほん
<< そろそろ寒くなってきたので… 大人のためのイギリス児童文学 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル