ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
寝たくなかった夜
日曜の夜、happaとnappaと3人で
『サザエさん』の後に始まった番組をなんとなく見ていた。

ソファに寝転がっていたnappaは間もなく眠ってしまったようだけど
happaと私は、これまたなんとなく、最後まで見てしまった。

テーマは「死ぬときに後悔すること25」


終末期医療に携わる医師が最近そういうテーマで本を書いたようで
その著者であるお医者さんが、
自分が現場で見聞きしてきた「後悔すること」を話しながら
番組が進んでいく。


後悔すること…というのも
やっぱり人の数だけバリエーションがあるのだろうけど
そんな中でも、この25個については
多くの人が感じたことなんだろう。

大きく分けると、
「あんなこと、しなければよかった」というのと
「こうすればよかった」というの。

そんな中でも、ものすごく多くの人が言うのが
「自分の体を大事にしてこなかったこと」への後悔なんだって。

私もその辺り、うん、うんと頷く。

日々の生活に追われて後回しになったりして、
自分の健康管理に万全を期しているとは言い難い。

25個のそれぞれが、
この年になると理解できるなぁと思えることだったように思うけど
happaは「なんか、ピンと来ないものが多かった」んだって。


15歳の人には、
人生を終えるときの後悔の念は想像することが難しいんだろう。


でも、その後いつになく
人生の哲学みたいなものについて
あれやこれやと気になる様子だった。

生きていくことについて
いつか死ぬことについて

二人でたくさん話して
気づいたら1時過ぎていた。

話しても話しても、尽きないテーマなんだよね。
でも、スッパリと回答の出るテーマじゃないから
お互いにそこを探求するもの同士、対等に話せるのがいいところだ。

ママはこんな方向で行きたい。
僕はこんな感じでやってみる。

そんな風に、お互いが日々の生活を通して旅しているのだ。

私ももっと話していたかったし、
happaも話していたそうだったけど
翌日は学校だし
「もう、寝よう」と言って寝床に行った。


こんなハナシを焚き火を囲んでしたいな。
夜が白々と明けるまで、
小鳥のさえずりが聞こえてくるまで
暖かいものを啜りつつ、心ゆくまで話したい。


しかし、現実は
苦手な数学のテスト迫る日曜の夜だったりするわけで。

翌日はフツーに学校なわけで。




翌朝、
happaが起こしに来てびっくりして飛び起きた。

「今何時?」
「7時23分。学校に遅刻するかもって電話した」

「え~~~~~!!」



お弁当…。
遅くとも7時半には出発しなくちゃ間に合わん。

「ごめん、どんなに急いでもお弁当作るのに20分はかかる!」

いつもなら、ジジ男が早起きしてるのに…。
むー子が散歩に行きたくて騒ぐのに…。

こんなときに限って、家の中がシンと静まり返っているなんて。



尽きぬ話の翌日は、happaクン、初めてコンビニ弁当となってしまいました。
[PR]
by happanappamama | 2009-11-17 22:19 | にっき
<< お初メニュー週間 『ねこじたゴリラ堂』にGO! >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル