ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
学級崩壊?というほどではないけれど
nappaのクラスがちょっと心配。

学校公開なんかで授業の様子を見ていると
突然立ち上がって歩き出す子がいたり
勝手に保健室にいってしまう子がいたりする。

毎度の光景らしく
先生は驚く様子もない。

学校公開の数日しか見ていないから
その前後にどういう指導があったのか、その辺はわからないけど
その数日を見る限り
先生の側には諦めと、子どもの側にはどこか先生を軽んじている雰囲気が感じられる。

ふらふらと立ち上がる子は今のところ少数だけれど
その数人に引っ張られるカタチで
クラス全体の雰囲気が、どうも良くない方へ流れているみたい。

立ち上がらないまでも
後ろを向いておしゃべりしている子を先生が注意しても
ハッとしてすぐに前を向く…という感じじゃなく
ひとしきり話題が途切れるまでおしゃべりして
おもむろに前を向くという具合。

”先生に注意されたから前をむくんじゃないよ”ということを
知らしめようとしているみたいに。

クラス運営が、明らかにうまく行っていない。


そんなこんながあり、
展覧会で登校日だった先週の土曜日、保護者会があった。

先生は最近のクラスの雰囲気をどんな風に感じているのか、
そんな話題があるんじゃないかなと思ったけど
結局最後までその辺の話はなかった。


最近、学年全体の落ち着きがなくなっているということと
女子のグループが固定しつつあって、
中に女子特有のピリピリしたムードのあるグループがあって心配しているということ。

そんなこんなに注意を向けていきたいと思っていますということ。

このクラスに限定した
具体的な内容は全くなかった。



今日、nappaたちが出場した、スポーツセンター主催のドッジボール大会で
同じクラスのママたちとちょっと話したら
みんな「保護者会で、先生何も言わなかったね」というようなことを言ってて
やっぱり気になっているんだなということがわかった。

それ以外にも問題は様々あり、個人的に先生に相談していたりということもあるようだ。

授業が立ち行かなくなるということだけでなく
いじめの問題も少なからずあるみたいなので尚更心配。

決して小さなグループとか、個人対個人の問題ではなくて
全体でシェアすることが大事だと思うんだけどな。

少なくとも私個人は、先生一人の責任とか、問題とは思っていない。
多分、他の保護者たちも先生を糾弾しようと思っているわけではないと思う。

ただ、何も発言がないというのはどういうことなのか。

こんな雰囲気を憂慮してます、お時間のある方は是非学校に足を運んで
クラスの様子を見てくださいと言ってくだされば
保護者にも力になれることはたくさんあるはずだし
家庭で子どもも含めてそんなこんなを話すことが、やっぱり大事だ。

学校で起こっているから学校の問題…ということじゃないと思うし
家庭でのストレスとか問題が症状として学校で現れるということも
あるんじゃないかと思う。

足元は家庭なワケだから、
学校で起こる様々を、対症療法的に手当てしているだけでは
根本的な問題は解決しないんじゃないだろうか。


先生はなぜ発信してくれないのかな。
指導力不足を指摘されることが怖いのだろうか?
それとも、それほど大きな問題とは思っていない?

次の保護者会では発題してみようかな。
「先生、どうなってるんですか!」ってことじゃなく、
クラス全体の家庭が、自分たちの問題として話し合うことがやっぱり大事だし、
先生が困っているならば、協力できることはたくさんあるはずだ。

子育てしながら一生懸命やっている先生の姿を見ているだけに
頑張って欲しいなと思う。

あと数ヶ月で5年生だし
この問題を放置していたら5,6年生が大変なことになっちゃうんじゃないかという
危惧もある。

4年生の終わり頃には
なんとか良い兆しが見えて欲しいなぁ。
[PR]
by happanappamama | 2009-12-13 22:46 | きょういく | Comments(5)
Commented by えりんこ at 2009-12-14 13:11 x
うちも次男が小5のころそんなことがあったな…

そのときはPTAの学年委員(学級委員?)が茶話会を開いてくれて、先生もお呼びして情報交換をしたな。
一応、前もって委員さんが、最近の学級の様子を心配している保護者がいて、先生に様子を聞かせていただきたいので是非出席して下さいとお願いして来ていただいた経緯もアリの茶話会でしたね。
その後、保護者会などでも経過を見て行こうという流れになったかな

学級の運営は全面的に担任にお任せするが、やはり子どもも保護者も気持ち良く学校生活を送りたい、送らせたいしね。

不安は取り除いて、安心した学校生活を保障するのも担任の仕事だしね。

やわらかく不安解消できるといいね。
Commented by ごり。 at 2009-12-14 17:24 x
無責任な立場で勝手なことを言わせて頂きますと。

教師、親。互いに子どもを教育していく立場として、今現在こういう問題があり、互いに注意しましょう、とか、考えましょうとか、そういう雰囲気ではないのでしょうか。

でしたらやはり、その辺は互いに話し合える雰囲気、言い合える場にした方が良いと思います。

言い方は悪いですが、私は教師の「教える技術」ってのものをあまり信用していないところがあります。

人格、人柄をどうこう言っているのではなく、例えば、チャリンコのパンクを直せないチャリンコ屋はどんなに人柄がよくても、微妙ですし。

かと言って、素晴らしい教育技術を持った先生に替えてくれ、っていうことは、完全に非現実的でしょうから、やはり一番は、親と教師が共に子どもを教育していくという雰囲気づくりや、場づくりが大事だと考えています。

私が親になったらそうしていこうとも思っています。

Commented by ごり 長いのでその2 at 2009-12-14 17:25 x
私の10歳以上年下の友人達が、大学を出てすぐ教師になっていくのを見て、より強くそう思います。

技術も経験もないまま、無茶振りと言って良いような状況で、教師をやっている人もたくさんいるでしょうから。

それってプロとしてはどうなんだ?と思いますが、学校、教師の選択肢が少ない現状としては、お母さんもおっしゃっているように、先生に協力し応援する、って意味合いを大きく込めて、雰囲気作りをするのがいいことなのかなあ、って思います。

いつもながら勝手な意見ですいません。
Commented by はっぱなっぱ at 2009-12-15 12:14 x
>前もって委員さんが、最近の学級の様子を心配している保護者がいて、先生に様子を聞かせていただきたいので是非出席して下さいとお願いして

参考になる。イキナリ保護者会でっていうよりは、そういう前フリがあったほうがいいかもね。

もちろんクラス運営は先生にお任せするということは前提で
でも、全体で見守っていきましょうという姿勢が必要だよね。

保護者間にも、きっと温度差があるから
ホント、やわらかく今の漠然とした不安が解消されるといいな。
Commented by はっぱなっぱ at 2009-12-15 12:23 x
>今現在こういう問題があり、互いに注意しましょう、とか、考えましょうとか、そういう雰囲気ではないのでしょうか。

多分、個々ではそう考えている人が多いんじゃないかなと思うけど、
年に数回の保護者会でしか会えない人も多いし、下手をすれば全く会えないという保護者もいるからね。
お互いに、どういう風に考えているのかな…っていう
これを解決したいとおもっているかどうかってことも、最近までよくわからなかったしね。

親同士のコミュニケーションが、まずは問題だね。

全く学校のことに無関心という人もいれば、
多分熱くなりすぎちゃう人もいるし
冷静に、どんなところが問題なのか、
先生も含めてシェアすることが大事なのかな。
<< 鍋焼きな夜 善いことに出会うこと >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル