ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
似たもの同士の間に横たわる溝は大事です。
世の中にはいろんな考えの人がいて
ものごとにはいろいろな感じ方がある。

あることの、どちら側から見るかによっても感じ方は違うし
その人の経験や知識によっても違うんだろう。


中学生くらいの頃までは
話の合う人が、必然的に友だちだったように思う。
好きなものが似てる人。

好きな芸能人だったり。
好きな音楽だったり。
服の趣味が似ていたり。

もう少し大人になって、
話が合う、感じ方が似てる…というのも、ものすごく幅があり、
「おんなじ~」と盛り上がっていたものが
実は全然次元の違うものだったりすることもあるってことが
わかるようになったのかも。

私が(あるいは他の誰かが)発している言葉を、
そのものズバリ、同じように理解するってことは
不可能なんだな、ってことに思いが至り
人間はどんなときも、とても孤独な存在なんだと思ったのも、その頃だ。



だから、なのか
その後しばらくは同じ方向を向いていると思われる人、
同じような感性を持っていると思われる人がとても恋しくなった。

そういう人たちと「あーでもない、こーでもない」とあれこれ話したりすることが
とても楽しかったし、大事だった。


でも、ある時
同じような感性を持っている人とばかり繋がろうとしていては
いけないんじゃないだろうか?などと考え始めた。

まったく別の価値観を持った人とも
積極的に繋がっていこう…って
なんか、張り切ってる時期もあった。

自分が持っていないものを持っている人は刺激的だし
これまで考えたこともないようなことを考えたり感じたりしている人との付き合いは
今までの自分を「井の中の蛙」みたいに思わせた。



でもねぇ、
やっぱり今は、似たような方角を向いている人との付き合いが
心地いいし、大事だ。

年をとったからかもしれないし、年のせいじゃないかもしれない。

似たような方角を向いている、
似たような感性を持つ人、
似たようなものに価値を置いている人も
あたりまえだけど、その間には隔たりや溝がある。

隔たりなんていうと、よくないモノみたいだけど
隔たりや溝があることが大事なんだ。


似たような感性の人の集まりも、それぞれものすごく違う。
それぞれの見方、感じ方、考え方には幅があって、
その幅や深さが私を刺激する。

全く別の、全く違う価値観からの刺激じゃなくて
似たような、でも全然違う…と言うと矛盾するけど
そんな価値観からの刺激の方が
はるかに触発されるし、大事。
と、今は思う。


な~んてことを、今日湯船に浸かりながらつらつらと考えていた。

でも、こうして文字にしちゃうと、なんか自分が考えていたことと違うような気がするなぁ。
そういうことって、いっぱいあるんだけど。

湯船に浸かりながら考えていたときは
頭の上にビックリマークが光ったように感じたんだけどなぁ。



似たもの同士の間に横たわる深い溝に関わりあってることのほうが
私には向いているんじゃないかな、と思ったのでした。

あれ、ちょっと違うような…。

いいや、もう眠いから。
[PR]
by happanappamama | 2010-02-09 23:20 | つれづれ
<< 妙高へGO! レースの腹巻き >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル