ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ピアノ、リニューアル
nappaがピアノを始めて4年目。
いままでいただき物の電子ピアノで練習してきた。

でも、
やっぱり電子ピアノとアコースティックピアノではタッチが全く違うし
たまにちゃんとしたピアノを弾くと
指の感触に感動する。

せっかく週に1度先生と一緒に練習しても
家に帰ってから弾くピアノが電子ピアノでは
練習がうまく生きないんじゃないかな…と思うようになり。


そろそろピアノを買おうかなぁと考え始めた。

最初は実家に置いてある
私が子どもの頃に買ってもらったピアノを譲り受けようと思っていた。

でも
1970年に買ったピアノだからもう40年モノだし
25年以上調律していないし
そのままじゃ使い物にならないだろうから修理(しかもオーバーホール?)も必要だろうし
2階に置いてあるピアノをクレーンで運んでもらうのも運送費が馬鹿にならないだろうし
などなど考えると
やっぱり買ったほうがいいのかな、と思うようになり。


でも、いざ買おうといろいろ動き始めると
中古のピアノは買わないほうがいいよ、とアドバイスしてくれる人もいれば
国産で作ってた時代のピアノをリペアして調整してある中古は今の新品よりいい、という人もいて。

でも中古のいいのを買うくらいの価格で新品が買えたりするし…などなど
しばらく迷っていたんだけど。


ネットでいろいろ調べていたら
すごい気力と情熱でピアノを修理してくれる職人集団が千葉にいることがわかり
そのHPを見ていたら、これが面白い!

暇さえあれば眺めてしまうけど、ずっと見ていても全く飽きない。
ココです


修理やクリーニングの依頼のあったピアノは
その作業工程すべてネットで公開しているの。

ピアノは、どこをどう修理するのか、する必要があるのか素人には見えにくいけれど
HPには今まで修理したいろんなピアノのいろんな事例が載っているし
見ているだけで勉強になる。

自分のピアノも修理に出せば、いちいち見に行かなくてもその工程を確認できる。

分解して、鍵盤とか部品をみんなバラして研磨クリーニングしてくれて
必要な修理を施してくれる。

ここまでやって、採算取れるの?というくらい。

しかも、みんなとても楽しそうで
ピアノの修理という仕事に対してものすごく愛情があるのが伝わってくるのだ。

ピアノを持っていなくても
古いピアノを買って修理してもらいたくなっちゃう。


で、見積もりは無料で来てくれるというので
お願いしてきていただいた。

我が家のピアノは当時、ピアノの先生の勧めで購入した
Fukuyama&sonsというメーカーのピアノ。

見ていただいたところ、湿気の影響をほとんど受けていないので
保存状態はものすごく良いとのこと。

しかも、使われている木がとてもいいもので
今のピアノなら接着剤が使われるような箇所も
組み木をして合わせるような作り方をしているとのお話。

このピアノなら、もしもnappaが自分の子どもに使わせたいと思っても
そのときオーバーホールすれば、長く使えるという。

その場で見積もりをしてくれたけど
古くても状態がいいので今はオーバーホールの必要はなく
クリーニングと修理で対応可能とのことで
価格も納得のいくものだったので、お願いすることにした。

新品のときよりいいものにしますよ!と言ってくださって
とてもうれしい。

私が使っていたピアノをnappaが使うというのも、感慨深い。


近々実家から工房に運ばれ
一月くらいかけてクリーニング修理をしてもらった後
我が家にやってくる。

修理をしていただいている間、一度見学に行きたいな。

修理を見るのも
修理されたピアノが我が家にやってくるのも
すご~く楽しみだ!!
[PR]
by happanappamama | 2010-03-20 22:19 | にっき
<< あ~~ お久しぶりに >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル