ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
我が家のツーバーナーくん。
キャンプの季節が近づいてきた。

わけもなく、ワクワクそわそわしてしまう。

とりあえず、みんなでキャンプに行くことを
家族全員が楽しみに出来るっていうのは幸せだなぁと思う。

今年は8月の終盤になりそうだ。



我が家で愛用中の10年選手のツーバーナー。
去年のキャンプで使おうとしたら、ポンプカップがイカレてしまい
ポンピング圧がかからず。

調理には欠かせないものなんだけど
そのときは止む無く全部直火で調理となった。

直火で調理ということは
朝からちゃんと火が起きてるわけで
それはそれでとても良い。

火があると、それを眺めているだけで楽しいし
なぜかみんな火を囲みたがる。

自然と輪が出来て、ゆっくりお茶やおしゃべりを楽しめるんだ。

つい手近なものをナンでも焼いてみちゃったり。
火って楽しい。


しかし、ツーバーナーの便利さはやっぱり手放せない。
ただいまヤフオクでウォッチ中。

でもキャンプシーズン前で価格はどんどん上がる。
冬の間に見ておけばよかったなぁーって
いまさら思っても遅いんだけど。

我が家のツーバーナーは
ホワイトガソリンと、非常時はハイオクガソリンも使えるdual fuelタイプ。

でも、問題なく使えたのは最初の2年くらいで
後はジェネレーターの先から燃料が漏れたりするようになって
思わぬ大きな炎が上がったりするようになっちゃった。

多分、ぎゅう詰めの大荷物の下で
本体が変形しちゃったりしたのが原因だと思うんだけど。

ちゃんと作動すれば、炎は青く、家でガスを使うのとほぼおんなじ。
つまり鍋に煤がつかないんだけど
炎が出るようになっちゃってからは、鍋ややかんに真っ黒い煤がいっぱいつくようになり…。

まあ、それはそれで
外でキャンプしてる実感があっていやじゃなかったんだけど。


ある年の夏は
happaとジジ男が「むしむし探検隊」と称して夜の森へ出かけている最中、
お茶を飲もうとお湯を沸かしているバーナーから
スゴイ炎が上がって、
あれよ、あれよという間にタープの天井まで火が届いてしまい
2年目の、まだ新しいタープに大穴を明けてしまったこともあった。

留守番組の私と、まだ小さかったnappaは大慌て。
果敢にも、まだまだお豆だったnappaが
小さなカップの水をかけて応戦しようとしたら
張り綱に脚を引っ掛けて転んだり。

バーナーの蓋を閉めちゃえば良かったんだ!って気づいたのは
騒ぎがひと段落してから。

普段から「慌てんぼう」と言われて反論していたけど
そういうとき、心の中で「やはり、慌てんぼうは真実だった」と思う。

けっこう高価なタープだったので、私はシュンとしちゃったけど
ジジ男とhappaがそれを見て大笑いしてくれたので
すご~く気が楽になったのを覚えている。

証拠写真↓
f0169643_22243529.jpg



それでも、ジェネレーターを取り替えたり、修理したり、いろいろしながら
使い続けていたんだけど
今度はとうとう買い換えようかなぁ、と。


でも、古いバーナー、捨てられないんだよね。きっと。
だってずーっと一緒だったんだから。我が家のキャンプと。

こうして使わないものが増えていくんだなぁ。
[PR]
by happanappamama | 2010-06-12 22:35 | キャンプ
<< 『はやぶさ』とライカ犬 『2クール』 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル