ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
『きけ わだつみのこえ』再読
8月15日。

日本にとっては、戦争が終わった日。


お盆のさなか…
先祖の霊が戻ってくるという、日本人にとって特別な期間ということもあるし
もうゼロ戦は飛んでこないという安堵感の中に聞く蝉の声は
終戦を実感させるものじゃなかったろうか。


夏になると、読もうかなと思わされる本に
『きけ わだつみのこえ』がある。

戦没学生の遺稿集。
学生といっても、年齢には幅があって
もう結婚されていた方も、子どもがいた方もいる。

読んでみようと思いつつ日が過ぎて
やっと読んだのはつい2年くらい前だ。

遺書のようなものかと思っていたけど、実はそうではなくて、
家族に宛てた、日々のあれこれをつづった手紙だったり日記だったり。

もちろん、
戦争に駆り出されることに対する疑問や不条理を吐露するものもあるけれど
淡々と毎日を書き綴ったものもある。



その中の宮崎龍夫さん。

happaが毎年参加している野尻学荘のOBだそうだ。

学荘は今年で第75回。
戦争をまたいで行われている、中高生男子だけを対象としたキャンプ(今は小5から)で
宮崎さんも当然その年齢の頃に参加されている。


知ったのは東京Yが発行しているニュースレターでだったように思う。
その後、happaが参加するようになってからネットで検索して
YMCAのHPの「資料室の窓から」で改めて読んだ。


happaが毎年、とても楽しみにしているキャンプ。
中高生という、親の声が届きにくい一種独特な難しい年代にあって、
素直に触発され,感化されて帰ってくる男子オンリーの15日間。


そこにボーイズとして参加していた先輩が戦争で亡くなっているということが
遠い戦争を身近なものにしている。



同じキャンプで
同じように、同世代の少年たちや年上のリーダーたちとふれ合い、
感化され、影響されたであろうその人が
戦争で亡くなっているという事実。


happaはまだこの遺稿集を読んでいないけれど
いつか読まなくちゃいけないと思う。




世界のほかの国々では
必ずしも今日が終戦とはされていないようだし
朝鮮半島では、終戦ではなく、日本の統治から開放されたおめでたい日のようだ。

あの戦争については
国によってさまざまな評価があり
人によって、さまざまな見方がある。

戦地で戦争を見ていた人たちにも、その人たちの見方がある。



私たちに出来るのは、あの戦争の何が間違っていて、大切なのは何なのか
ちゃんと学ぶこと。


終戦の日の今日、自分に出来ることは何か改めて考えて
世界の平和は家族の平和から…

なーんて冗談みたいなことを考えたんだけど
やっぱりソコがとても大事なことだと思います。
[PR]
by happanappamama | 2010-08-15 21:35 | つれづれ | Comments(0)
<< とりあえず、ここ数日 あの夏 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル