ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
nappaの夏
この夏、
nappaが初めて江東(近年は東陽町と一緒だけど)以外のキャンプに参加した。

厳密に言えば、ファミリーでは別のセンターを経験しているけれど
一人で行くのは初めてだ。

去年、happaの学荘での様子を自分の目で見て
どうしても夏のキャンプで「野尻に行きたい!」という思いを強くして帰ってきて
ずっと「夏になったら」といい続けてきた。


彼女はキャンプに参加するとき
誰か知っている人がいるか、いないか、気にしたことがナイ。

知っている友だちがだれもいなくても、そんなことには全く頓着せず
ドシドシ参加する。

私は、自分が子どもの頃
「○○ちゃんは行くかなぁ」「○○ちゃんが行かないなら、やめようかなぁ」
などと考えていたクチなので
彼女のそういうところは尊敬している。

あの年齢の私には出来なかったことだ。

そして、そんなことでチャンスを潰さないで済むのはありがたいこと。


ただ、今までは江東のキャンプだったので
そんなこんなを気にせず参加しても、メンバーにしてもリーダーにしても
顔見知りがいることの方が当たり前だった。


ところが今回、山手のキャンプ。
打ち合わせ会も、出発も解散も、もちろん馬場。

参加者の多くがわざわざ電車や車で参集する。

nappaが知っている人は、Dirを含めて皆無。

余計なお世話だけど、私的にはちょっと心配だった。
山手は江東とは客層(っていうとヘンだけど)も違うし、大所帯だ。
キャンプ自体を覆っている空気も違うだろう。

一応申し込む前に、「きっと誰も知り合いはいないけど、それでも平気?」って聞いてみた。
もちろん、「平気に決まってるでしょう?」との返事。


いらんことを心配するのが申し訳なくなるくらいにキッパリと。



キャンプ中、いまごろ何をしているかな?楽しくやってるかな?って
しなくてもいい心配をしつつ過ごし、
とうとう帰ってきたnappaちゃん。


いままでの経験とは、また別の経験をしてきたようだった。



いつもなら、もういいよと思うくらいキャンプソングを歌い
キャンプでの出来事を話してくれるのに
今回は「楽しかった」とは言うものの、ほとんど自分からキャンプのことを話さない。


ポツリ、ポツリと話してくれたことからは断片しか判らないし、
簡単に総括は出来ないけど、
今回初めて、コミュニケーションの難しさを感じて帰ってきたようだ。

メンバーとも、グループのリーダーとも。

キャンプも佳境に入った5日目(全7日間)、
彼女自身耐えることが難しくなり、泣いてしまったと聞いたときには
親としては「かわいそうに」と抱きしめてあげずにはいられない。


決して楽しくなかったわけじゃないけど、微妙に歯車がズレたまま流れた時間。
世の中にはいろんな人がいて、必ずしもみんなが自分に好意的ではないんだという事実。


断片的に聞くキャンプ中のエピソードからは
楽しかったいろいろも伝わってくると同時に、
キャンプを企画運営することの難しさ、若いリーダーの肩にかかる責任の大きさ、
多感な時期の、複数の子どもを見守り導いていくことの難しさと大事さを
考えさせられた。

キャンプの運営がどう、リーダーの力量がどう、と言うつもりは全くない。

リーダー会は、リーダー会として
この夏のキャンプをいろいろな角度から総括して次に繋げてくれればと思う。



我が家が向き合っていくのは
nappaが何をどう感じて、それをどう生かしていくかを見守るということだ。



この夏、彼女がキャンプでさまざまな人に会い、いろんなことを考えたそのことで
やっぱり行かせてよかったと思う。

朝から晩まで一緒にいて、いろんなぶつかり合いがあるのがキャンプの醍醐味だ。

彼女にとってはとても大きな勉強だった。



しばらくして
「来年のキャンプはどうする?」って聞いたら
「夏は絶対、野尻に行く」と答えた。

中止になっちゃったけど、9月の連休に企画されてた野尻のキャンプにも申し込んでいたし、
今週末の思い出会も楽しみにしている。



鈍感なのか、サッと水に流せるタチなのか、
はたまたソレはソレと切り替えられる人なのか…

いろいろあった夏の7日間は、きっとどういう風にか消化できているんだろう。

楽しかったこともちょっと後ろを向きたくなるような経験も、
全部含めてキャンプだし、
だからこそ価値があるとも思う。


そして、
いろいろあった中でも
楽しかったことは楽しかったと額面どおりに評価しているらしいことを
喜ばしく思う。



よい経験をした夏だったね、nappaちゃん。

思い出会、よい会になるといいな。
[PR]
by happanappamama | 2010-09-22 12:15 | キャンプ | Comments(8)
Commented by ココ at 2010-09-24 01:18 x
nappaちゃんの気持ちが外に向かって開いてる感じが羨ましくもあり、とってもよいところだよね。

それを見守るママの姿も素敵よ。

Commented by はっぱなっぱ at 2010-09-24 09:10 x
ココちゃん。

ほんの小さかった頃に比べると、彼女の気持ちは大分内側にも向かうようになった…って思うよ。

そこが、彼女にとっては成長なんだって思えるけれども。

外に向かう気持ちは、忘れずに持っていてもらいたいけどね。
Commented by ば~ばら at 2010-09-25 21:08 x
はっぱちゃんもなっぱちゃんも充実した夏になったみたいだね。

今年は私は長期じゃないけど、長野の新潟の秘境でキャンプしてきました。

狭い林道を1時間以上もいく辺ぴなところだったので、家族の他には誰もいず、貸切状態といういう嬉しいものでした。あたりには泉質の違う温泉がたくさん湧いていて、まさにパラダイス。

そして、私、来年、アメリカの『サマーキャンプ』に参加してきます。 厳密には『サマー』ではないけど。

昔、映画や本の中ででてくるアメリカのサマーキャンプ、憧れたことなかった?
Commented by はっぱなっぱ at 2010-09-25 22:27 x
ば~ばらちゃん、久しぶり!元気だった?

しばらく音沙汰がなかったから、どうしてるかなって思ってたんだ。

mixiの日記にもコメントしたけど、いいねぇ~、その計画!

昔、ピーナツシリーズでも、ふたりのロッテでも、テイタム・オニールが出てたなんとかいう映画でも、異国のサマーキャンプに憧れたもんさ。

その秘境のキャンプも興味あるなぁ。
ぜひ、日記にアップしておくれ!
Commented by ココ at 2010-09-28 14:59 x

それぞれにそれぞれの成長があるんだね。

私はねぇ、4・5年の頃 
それまで誰にでも話しかけられたのに出来なくなった事に凄く戸惑って
母に話した事がある。すごーく良く覚えてるんだよね~。
Commented by happanappamama at 2010-09-30 10:46
ココちゃん。

そういうこと覚えてるって、素敵だね。
そういうことこそ、忘れないでずっと覚えていなくちゃね。

ちょっと涙が出そうよ。
Commented by ココ at 2010-09-30 23:54 x
えっ、ホント?

♪泣きな~さ~ぁいー♪ なんて、エヘ。

なぁんか照れくさい。
Commented by はっぱなっぱ at 2010-10-01 13:35 x
みんなそういう一つ一つを積み重ねて大人になったんだよねぇ。
<< happaの夏を振り返って思ったこと とりあえず、ここ数日 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル