ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
せざるを得ない
自分の言葉の使い方とか、文章力とか、
そういうものは棚に上げて、思うんだけど。

「~せざるを得ない」という言い回しをするとき
夕方のニュースを伝えている安藤優子さんが、
よく「~せざる・オエマセン」と、へんなところで切るのがとても気になる。

そういう切り方をすると、「~せざる 負えない」みたいな感じに聞こえちゃうんだよ。

夕方のニュースは、いつも同じチャンネルを見てるわけじゃないし
ゆっくり座ってるわけでもないから
そんなに一言一句、真剣に聞いてるというわけでもないんだけど

その「~せざる・オエナイ」は、
何か他のことをしていても不思議と耳に入ってきちゃう。


いつも気になっていたのはフジテレビのその方なんだけど
先週末の夜、ニュースみたいなワイドショーみたいな番組を見ていたら
美人の誉れ高い滝川クリステルさんも、「~せざる・おえません!」って言ってた。

そこのとこだけ論って、いろいろ言うのもナンだけど
(…って言うか、他の言い回しが間違っていても判らないかもしれないし)
勝手な自分基準では、ちょっとガッカリしてしまう。


かなり前、オノ・ヨーコさんが対談番組に出演していたとき
他の言葉遣いはとてもきちんとしているのに
会話の合間合間に「やっぱし」って言うのがとても気になった。

あんまりたくさん使うので、途中で「何回言うか、数えてみよう」と思ったほど。

英語でも、
会話の合間に「you know」を多用する人の言葉は
ちょっと内容が薄く聞こえちゃう気がするんだけど
ちょうど、そんな風に「やっぱし」って言ってて
それがために、かなり蓮っ葉な印象を受けてしまった。


言葉って、とても気になる。

日本語の歌詞のついた曲を聴いているときも
「ここ、もう少し推敲できなかったものかな」なんて
(僭越ながら、余計なお世話ながら)考えてしまうこともしばしば。


だからって、
私が正しく美しい言葉を使っているかっていうとそれはまた別の話で、
自分では気づかずに頓珍漢な日本語を使っていたりするんだけど。


まあ、完璧に言葉を使いこなすってことは出来ないだろうし
それもまたつまらないかもしれないけど
なるべく言葉には気を使いたいなって思う。

少なくとも、醜い言葉や汚い言葉は使わないように。


言葉は音楽のように美しく響くこともあれば、刃にもなる。


言葉には、言霊が宿るって言うしね。
よい魂が乗ってくれることを願って。
[PR]
by happanappamama | 2010-10-01 22:30 | つれづれ | Comments(2)
Commented by ば~ばら at 2010-10-03 20:38 x
うちの職場で、アイ ドント ノウ、ユウ ノウ? といって電話を切った人がいて、ちょっとした小話になりました。
Commented by はっぱなっぱ at 2010-10-04 19:52 x
職場にいるときは、いろんなこと、英語で考えないと間に合わないんじゃない?ば~ばらちゃんの職場。

日本の中のアメリカという環境、一度体験してみたい。
透明人間になって。
<< 初心者登山 予知? >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル