ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
いつか感想をまとめよう
なんか慌しく過ごしながら、実はなんにもせずに一日が過ぎていってしまった!
もう日付が変わってるのに、あしたの準備はできておらず。むむ・・・。

今日はなんにも読めなかった。
『憲法九条を世界遺産に』は昨日読了。
『ゲド戦記』は思ったよりも進まず、まだ1冊目の最初のほう。
なんとなく、今は大河ものの気分じゃないかんじなので、
秋が深まってから読んだほうがよさそう。
夜中にお茶を飲みながら(ケーキもあると尚うれしい)読みたい。

このあいだから司馬遼太郎とドナルド・キーンの対談を読んでいて、
これはとてもおもしろい!!
日本人てなんだろう?と時々考えてしまう私には
興味深い話がたくさん。

去年の春先に久しぶりに読んだ『古寺巡礼』からのつながりで、
去年のちょうど今頃は仏教美術に懲りまくっていて、
なかなかな集中力を発揮していました。
しばらくブームは下火になっていたものの、また近頃少しずつが甦って来た。

『古寺巡礼』とは対極にあるものだけど、『見仏記』がすご~くおもしろい!!
みうらじゅんのイラストにいとうせいこうが文章をかいてるんだけど、
ふたりのまさしく「見仏」記録。

ウルトラマンの中に仏像の美を見たり、当時の人々の仏像に対する思いの中に、
来日スターにときめく現代人の心を見たり。でも、茶化してるんじゃなくて
それはまじめな考察なのです。

良いねぇ。

happaが今歴史でちょうど飛鳥文化のあたりをやってるみたい。
飛鳥の仏。大陸の風情があって、とても好きです。

高校生のとき、
現国の教科書にそのあたりのことをいろいろ書いてある文章が出てきたんだけど、
だれが書いたものかな?岡倉天心?
すごく残っているのは薬師寺の東塔の天辺に彫ってある飛天についての文章で、
フェノロサが「凍れる音楽」って言ったんだとか。
「凍れる音楽」。
その飛天の写真と共に鮮烈に心に残っています。

まさに’カリン’と(むむ、表現力のなさが悲しい)音なき音がしそうだったよ。
[PR]
by happanappamama | 2006-09-08 01:38 | ほん
<< ただいま いよいよ >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル