ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
イマドキの子ども服
このあいだイトーちゃんに買い物に行ったとき、
最近、着るモノに興味を持ち始めたnappaが
「洋服を買ってほしい」というので
子ども服売り場を二人で見た。

う~~ん。

今の子ども服って、どうしていわゆるフツーの服がないのだろ?
スーパーの子ども服売り場だからなのかな?

まわりのお友だちがそんな感じの服を着ているのか
それとも街で見かける人たちの姿を参考にしているのか
そこのところは不明だけれど
nappaが「これ、どう?」という服は
どうにもこうにも、絶対買いたくない服ばかりだった。

happaもnappaも
着るものに関しては私の趣味を押し付けてきた。

happaは男の子だし、
あまり文句も言わずに何の変哲もない服を受け入れてくれたけど
nappaは女子。

私の趣味では満足できないんだな。きっと。

それでもやっぱり、あんまり私の基準とかけ離れた服は着せたくない!
でも、彼女の意思も尊重してあげたい。

…という気持ちの板ばさみ。

で、たまには彼女の趣味で選んであげよう、と思ったんだけど。

たまたまなのか、この間のイトーちゃんの売り場に並んでいるものは
「狂気の沙汰か?」というような服が多々あり、
nappaが白い太ベルト付き三段フリルのスカートを持ってきたときには
卒倒しそうになった。

結局、Tシャツを一枚買っただけ。
かわいそうなnappaちゃん。



いままでソックスも
ラインのみとか、ワンポイントとかあっさり系のものばかりだったんだけど
この間、 「これくらいなら、たまにはいいか!ソックスだし」という程度の
カラフルなものを買ってあげたら

「こういうのが欲しかったんだ~!」とすごく喜んで
踊りだしそうな勢いだったのを見て

「あまり抑圧してはいけないかも」と
ちょっと思ったりもした。

思春期になったとき
子どもの頃の欲求不満を晴らそうと
爆発的にスゴイ服を着るようになっちゃっても困るしね。


でも、子どもって
小さい頃母親が好んで着せてくれた服の系統を
なんとなく自分のベースにして成長するみたいなとこがあるんじゃないかと思う。

私の母も
私が子どもの頃着せてくれたのは
紺とか、茶とか、ベージュとか、たまに赤とか、
ごくごくシンプルなもの。

子ども心に「なんだかいつもかわいくないなぁ」とチョイ不満だったけど
今、自分が子どもの頃の写真を見ると
やっぱり子どもに似合うのはシンプルな服なんじゃないかと思える。

子どもは、子ども自体がかわいいんだから
服はそれを邪魔しないものがいいんだよね。


…でも、それは子どもの時にはわからないものなんだよねー。

これからは、許せる程度にnappaの希望も
聞いてあげたいな、とは思うけど。

そういう服も着せてみないと
「こういうのはすぐ飽きちゃうんだな」ということもわからないかもしれないね。

でも勉強のつもりで買って
飽きずにずっと着られたらやだなぁ。

葛藤。
[PR]
by happanappamama | 2008-06-10 21:42 | つれづれ
<< 今日読んだ本 『最高の人生の見つけ方』 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル