ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
再び、別れが…
f0169643_17445641.jpg

先週の金曜日、nappaのクラスで突然の電話連絡網。
「春休みになんだろう?」と思ったら
nappaたちの担任のS先生が、なんと八丈島に転勤!
「都合の付く方はお見送りに・・・」という連絡だった。

が~ん!
nappaの小学校ではいちばん信頼していた先生。
happaも3、4年生で担任していただいた、何事にも一生懸命なとてもかわいい先生。

たまたまhappaが近くに居て、電話の内容に察しがついたらしく
「もしかして、S先生が行っちゃうの?」と
彼もショックを受けているようだった。

nappaはスキーキャンプから帰宅する日だったので、
彼女が帰ってから「実は・・・」と話したけど
やっぱり相当ショックを受けて、涙ぐんでいた。
「どうして?」「2年生になったらもういないの?」って。
彼女の中では、S先生のクラスで2年生になってる自分の姿が出来上がっていたから。

幼稚園の先生たちといい、今回のS先生といい、
happaもnappaもお世話になって、しかも大好きな先生たちとの別れが重なるのは
とても辛い。

彼らにとっては、卒業したあとも、幼稚園も小学校もちゃんとそこにあって、
でも、そこがいつまでも前と同じわけじゃない、という現実を受け止めて
乗り越えていくのは大事なことだと思うけど、
やっぱり淋しい。

happaが小学校に入学したとき、
幼稚園とのギャップにとても驚いた。

幼稚園とは違うところ、というのはもちろん理解していたし
求めるもの、目指すところが違う以上
対応に違いがあるのは当然だと思う。

でも、やっぱり比べちゃう。
ひとりひとりに目を向けていただいた幼稚園と、
学級という集団が単位になりがちな小学校、っていう感じをどうしても受けてしまった。

決まったカリキュラムをこなさなければいけないワケだし、
教科学習が中途半端に終わってしまったら、もちろん、モンダイだし。
目を光らせている保護者がいる、というのは同じ保護者の一人としてでさえひしひしと感じる。
幼稚園と同じように、一人ひとりに添ってください!というのが
小学校では難しいというのはちゃんと理解できる。

先生たちにその意志がないわけじゃない。
やらなきゃならないことがテンコ盛りの日常の中で
削らなくてはならないものが、きっとあるのだろう。
でも、最初は「仕方なく」削られていたものが、
「削るのが当たり前」になってしまいがちなシステムが、公教育にはありがちなんじゃないかと
ちょっと思ったりもする。

就学前の説明会で
「授業中にトイレに行きたくなることがないように、朝トイレでウンチを済ませられるよう、
 今から訓練してください」
「給食は20分しかないので、短時間で食べられるようご家庭でも指導を」
と言われて、仕方ない、とは思いつつなにか釈然としないものがあった。
学級運営に支障のないよう、みんなの邪魔をしないよう、気をつけてくださいと言われているようで。

でも、S先生は
そんな制約の中で、精一杯一人ひとりに添ってくれた、と思う。
一生懸命で、いつもニコニコしていて、
本当に明るい太陽みたい。

happaもnappaも大好きだった。
happaは家でよくS先生の怒ったときのマネをしたりして、
「普段はやさしいけど、怒るとすっげ~怖いんだよ!」と言ったりした。

彼女は杓子定規じゃなく、臨機応変に、ちゃんと例外というものを認めてくれてた。

個人面談でも、
3、4年生の頃はとてもぼんやりくんだったhappaのいいところをいっぱい見つけて、
「こんなところがいいところなんです!」って一生懸命褒めてくれた。

今回の転勤は
新婚の!ご主人が既に1年前から八丈島の中学校に赴任されていたという事情もあり
仕方のないことだし、先生にとってもよいチャンスになることと信じている。
決して悲しい別れじゃない。

でも、淋し~!!

で、今朝はお見送り。羽田に9時半。

ここでも体質により、お約束のナミダが・・・。

たくさんの人たちが集まって、みんなで別れを惜しんだ。
nappaは先日のショックはどこへやら、なんだかお友だちとはしゃぎまわっていたけれど
いろいろ言って聞かせたから、彼女テキにはもう前を向いていたのかな。
帰りの車の中ではさすがにシンとしていたけれど。

天候不良で飛ぶかどうかわからない、というアナウンスがあったけど
無事飛んだのでしょうか?

八丈島はいいところ。

きっと、S先生は島の人々に歓迎され、受け入れられるはず。
s先生には島が似合う、という気もしてきた。

海があり、山があり、きっとあたたかい人たちが居る。
そして何より、とてもやさしそうな、愛するご主人と共に生活できる島。

幼稚園でも、小学校でも、happaとnappaは先生に恵まれたんだなぁ。

これも私の行いが良いからか??・・・と、どこまでも自分本位な私。



コメント(2)

そうです!あなたの行いがよいからです! 小学校が幼稚園とは違うなあと思ったのは 最初の「気をつけ~~」から。 「並びなさい!」に私だけ「??」 「なさい」なんだよね~なんでも。 勉強より大切なものがあるのでは…と今でも思っています。

2007/4/2(月) 午後 3:59 [ のりまきおいしい ]



いえ、決して行い良くはありません。あおぞらちゃんにも言ったんだけど、今回の奈良行きでわたくしは自分の煩悩と向き合って参りました。きゃ~!・・・小学校、そうなんだよね。学校公開なんかに行っても、先生によってはかなりゲンナリすることがある。そんな言い方しなくても、とか、そんなに執拗に小言を言うほどのことか!とか。今回転勤された先生は、気持ちよく授業を見られる方だったの。ほんとに太陽が行ってしまったようで。小学校の方角が、ちょっとだけ暗くなったように感じちゃう。

2007/4/2(月) 午後 10:22 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-04-01 23:06 | にっき
<< シャキッとしない年度初め 思い出の会 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル