ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
blood type
昨夜happaが「ぼくも自分の血液型が知りたい」と唐突に言った。

私は子どもたちの血液型を知らない。
出産した時に教えてくれる病院もあるらしいけど、
私が出産した病院の小児科の先生は
「乳児のうちは良くわからない。何型と出ても、あとで変わることもある」と仰って
「うちの病院では知らせてません」とのことだった。

私は子どもたちの血液型を知りたくない。

日本人は血液型別性格分析が大好きで、何型はこういうタイプ!と枠にはめたがる。
そして、「A型は几帳面」「B型は大雑把」「O型は大らか」「AB型は変わってる」という
ものすごくアバウトな括りに当てはめようとする。

私はA型。
でも几帳面なところも、大雑把なところも、大らかなところも、変わってるところも
もれなくある、と思う。
几帳面なところだけが突出して目立つということもない(ていうか、几帳面な面はなくなったかも?)。
そして、それは血液型とは何ら関係のないことだ。

中高生の頃はあんまりその手の話題に抵抗を感じなかったけど、
そんな根拠のない不確かな情報に影響されて
「私はA型だから几帳面なはず」などと、自らを縛っていたところがあったかもしれない。

だんだん大人になるにつれ、”何型だから・・”と思われたり、
人を規定したりすることをうるさく感じるようになった。

思うに、happaの学校でも「お前は何型?」とか、そんな話題が出てきてるのかもしれない。
「知らない」なんて言うと驚かれたりするのかな。

私は彼らが自分の手にあるうちは、血液型を調べるつもりはない。
「何型はこう」なんていうことに惑わされて、そんな情報に振り回されて欲しくない。
大人になって、どうしても知りたいと思ったら、何かの検査の折にでも聞いてくれたらいい。

大人になって、時々そんな話題で盛り上がるのは悪くないと思うけど、
子どものうちに、自分を枠にはめてしまうようなことにはなってほしくない。

「大事故に巻き込まれて輸血ということになったら困るよ!」なんて言ってくれた人もいたけど
そんな緊急手術の際に自己申告の血液を検査もせずに輸血するなんてことがあるとは思えないし、
血液型を知らない不都合は見当たらない。

昔職場にいた外国人の先生たちで、自分の血液型を知ってる人はほとんどいなかったし、
「どうして日本人はみんな人の血液型を知りたがるの?」と聞かれたこともある。
「献血して、はじめてわかった!」って喜んでる人もいた。

こうして改めて考えていると、血液型を知るほうが不都合が多いように思えてくる。

骨髄移植や輸血で血液型は変わってしまうこともあるらしい、と何かで読んだこともアル。
そして「あ、今AからOに変わってるとこです!」なんていう過渡期の状態もあるらしい。

まあ、本当に血液型で性格が規定されていると思っている人はいないと思うけど、
子どものうちは影響されやすいからね。
そして、それはなんとなく無意識の中に刷り込まれていく恐れがある、と思える。

特にうちのhappaくんは、素直におもいっきり影響されちゃって、
「なるほど」とか関心しちゃうタイプだから。

なるべくワクははずしておいてあげないと!






コメント(8)


読みながら、確かに・・、うんうん、と頷いてしまいました。 確かに、人は血液型を知りたがりますよね。 そして、聞いて、やっぱり~、とか言うんですよね。 日本人くらいなんですね、血液型を気にするのって。 外人からしたら、血液型で盛り上がる日本人は奇妙に映っているのかもしれませんね。

2007/4/10(火) 午後 5:35 [ chi*s*ke_k1*7* ]



他の全ての血液型の血をO型に変えられる酵素が発見されてたって、ちょっと前ネットのニュースで見たよ。 仲良しはB型ばっかりだったねー(丙午生まれも多数)でもみんな性格違うよね。そしてあなたはA型っぽくないね。外洋性マンボウ型。

2007/4/10(火) 午後 9:32 [ あおぞら ]



chiisukeさん。そうそう!やっぱり~、とか言う言葉で十把一絡げにされちゃうんですよね。ある一点だけ切り取って、全部を語られちゃうみたいなとこがいやなのかなぁ。たまに盛り上がるのはいいんだけどね♪

2007/4/10(火) 午後 9:51 [ はっぱなっぱ ]



あおぞらちゃん、それはすごい酵素だね。南米のアンデス地方に住んでるインディオたちは全員O型って聞いたことがある。仲良しは確かにB型が多かったね。そして全員違うよね。外洋性マンボウ型。いいねぇ。コブシ型っていうのも、どう?

2007/4/10(火) 午後 9:56 [ はっぱなっぱ ]



立てば芍薬、座れば牡丹…じゃなくて、 泳げばマンボウ、座ればコブシ、歩く姿は…白木蓮!!

2007/4/10(火) 午後 11:15 [ あおぞら ]



う~ん、白木蓮はちょっと・・・。でも、そういえば、コブシの親戚だね。白木蓮。縁があったということかしら?

2007/4/11(水) 午後 1:01 [ はっぱなっぱ ]



縁あったんだよ。私は「虹」に中学から縁があって、年少のとき驚きました。

2007/4/11(水) 午後 10:02 [ あおぞら ]



そのころから呼ばれてたんだね。

2007/4/11(水) 午後 10:51 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-04-10 14:26 | つれづれ | Comments(0)
<< ぴかぴかの園児たち 自然を畏怖する感性 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル