ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
福島の事件で
子どもが親を殺害するという事件が多い。
ここ数年の間に何度そういう事件があったんだろう?

そうでなくても殺人事件は増えているような気がする。
私が子どもの頃は、「殺人」はものすごいニュースだったように思うけど
このごろは日常茶飯な感じが否めない。

前にこんな事件が起きたとき
テレビでコメントしていた人の伝によれば
殺人事件自体の数は別に増えてるわけじゃないらしい。

むしろ、戦前のほうがそういう殺傷沙汰がたくさんあったんだそう。

でも、明らかにそういう事件を起こす人の年令は下がっているということも言っていた。
そして、そういう行為に至る理由も
なんだかよくわからないものになってきているようだ。

新聞でもテレビでも"心の闇"っていう言葉をよく使うけど
"心の闇"っていうのも、
その実体はあるのかないのか、どういうものなのか、
さっぱりわからない。
事件を起こした少年の心に闇があるものとして、
理解できない心の闇が存在するということに、むりやり全部を押し込めているような、
そんな印象がある。
自分たちには理解できない心の闇の存在で、理解不能な行為を納得させているような。

心の闇なんて、きっと誰でも持っているだろうと思う。
それが心の闇と言えるかどうかは、
人それぞれの気持ちの持ち方とか向け方とかによって違うかもしれないけど、
他人には理解できないだろう部分とか、知られたくない部分とか
自分自身にすら理解できない何ものかは、
意識するかどうかは別にして、
だれでも持っているものなんじゃないかな。

アメリカでは喫煙場面を含む映画はR指定になるらしいというニュースを見た。

日本も同じように規制すればいいと、簡単に考えられることじゃないかもしれないけど
日本は子どもの視線に対して無自覚で無防備すぎるという気がする。

子どもをマーケットとしてしか見ていない怖さがある。

ゲームにしても、映画にしても、テレビにしても
子どもの目には触れて欲しくない映像や言葉がありすぎる。

あれもこれもが氾濫する世の中で、
"心の闇"なんていうとても個人的なものだけに目を向けていたって
こういう事件は後を絶たないのじゃないかしら。

こんな事件があるたびに
「どうしてあの子が?」というような周りの人の感想を聞く。
いつも「ごく普通の子ども」が事件を起こしている。

ごく普通の子どもの中にさえそんな狂気が芽生えてしまうのだとすれば
その子どもの家庭環境とか、そんな小さな世界のことだけじゃなく
やっぱり社会が病んでいるんだということを
もっと真剣に自覚しなくちゃいけないんじゃないだろうか?
そしてそれに対して行動しなければならないんじゃないだろうか・

朝ごはんは必ず食べましょう、とか
週に何度かは家族揃って食事をしましょうとか
早寝早起きを習慣づけようなどという類の
提言を考えている間があったら、
もっと違うリーダーシップを発揮してほしい。

ウチの子は大丈夫。と私は思っているし、
きっと多くの人がそう考えている。
今度のような事件を起こしてしまう子はどこか他の子どもとは違っていたのだ、と感じるだろうし
私も今までなんとなくそういうふうに考えてきた。

でも、そうじゃないのかも。
本当にごく普通の子どもの精神が知らないうちに病んでしまうような、
そんな社会に生きているんだということは
ちゃんと自覚しなくちゃいけないんだなと思う。

今朝の新聞でも誰かが言ってたけれど
いろんな事が簡単便利に出来る世の中にあって、
今の子どもたちの中に無意識のうちに
”なんでもできる”ような感覚が芽生えても不思議じゃないと思う。

人間の能力の限界はちゃんとわきまえなきゃいけないし、
今の私たちの生活は私たちの能力だけで成り立っているものじゃないということを
もっと考えなきゃいけないな、と思う。

ナビのことを考えたときにも書いたけど
人間の持っている、ささやかだけれど、確固とした能力をきちんと使うことの大事さと
子どもたちにもそれが実感できる生活をさせたいな、と
今度の事件でとても思います。

どうしたらそれを実感できるのだろう?ということは
今後ゆっくり考えなきゃ。





コメント(2)


はじめまして、この事件について書いておられる方を検索して、ここに参りました。本当に私達をとりまく環境は情けないです。でもその渦にまきこまれずに頑張りたいものですね。

2007/5/16(水) 午後 8:44



はじめまして!そうですね。とりあえず私に出来るのは自分の子どもたちに目を配るということくらいですが、ちゃんとて見ていてあげられるのか、見きれるのか、不安でもあります。どこを見てなくちゃいけないのか、きちんと考える必要がありますね。

2007/5/17(木) 午後 7:57 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-05-16 16:05 | じけん | Comments(0)
<< 最初のヤマ 尊敬するヒト >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル