ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
わが家のデトックス
今日は大掃除をしようと決めていた。

季節はずれの大掃除…というよりも
いらないもの大処分大会だ。

もう、とにかくいらないものがたまりにたまって
私的には人間の住む場所でなくなっている我が家。

…って、ゴミが散乱しているわけでも、掃除をしていないわけでもないけど
とにかく要らないものが部屋のコーナーや机の下や
あそこやここやにゴマンとあって
どうにもそれが精神的にストレスになっていたのだ。







私の母はすご~くキレイ好き。

小さいときからいつも、 暇さえあれば掃除をしている母を見てきた。
今も実家に行くと、いつもスカッと清々しい空気が流れている。

私はといえば、お片づけが苦手。
子どもの頃から、あったところに片付ける…という基本的なことを
後回しにする傾向があった。

だから母が私の部屋に来るたびに
「もう少し、なんとかしなさい!」とか言われちゃったりしていた。

私が学校に行ってる間に
起きたまんまのベッドにはちゃんとカバーがかかっていたし、
テキトーに読み散らかした本やら雑誌やらは
ちゃんと本棚に並べてあった。

「おかあさんがいつもやってくれてたから、君はそういうのが苦手なんじゃないの?」
と、ジジ男は言うけど
多分、しばらくは辛抱していたんだと思うなー。母も。

でも、もう黙っちゃいられなくなって片付け始めたんじゃないだろうか。


そんな母の元で育ったのに私はお方付けが苦手。
でも、そんな母の元で育ったから、散らかった家はすご~くストレスなのだ。

やっぱり人間、きれいなところにスッキリ住むのが気持ちいいんだよね。

このままとっちらかった部屋で生活していたら
子どもたちはとっちらかった家にストレスを感じなくなってしまうのでは???
という危機感も、もちろんある。


で、今日は試験が終わって遊びモードのhappaが
「友だちと野球やる~」とか言ってるのを
「今日はみんなで掃除って、この間から言ってるでしょ!!」と一喝して
みんなで不用品処分をしたのだ。

出るわ出るわ。いらないものの数々。

ゴミ袋、いくつ分捨てたんだろう??

それでもまだ全然序の口、という感じで
午後から始めた掃除だったからなおさら、
もちろん夕方までには終わらず
今後数回はこのような大会を開催せねばならない状況。


とにかくモノに魂を感じてしまう私には
モノを捨てるのは大変なことなのだ。

でも、私も年を重ねて大分学習し、
nappaのテストやらなにやら、ジャカジャカ捨てた。

あと何回、これをやれば
私のストレスがなくなるくらいにスッキリするのか見当もつかないんだけど

とにかく、賽は投げられた!

淀んだ空気をスカッとさせるのだ!
[PR]
by happanappamama | 2008-06-22 22:12 | にっき
<< アロマなお薬 私、瞑想します。 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル