ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
庭の千草
童謡とか唱歌ってどういう括りなのだろう?

なんか定義があるのかな?

唱歌は「文部省」が絡んでいたような気がするけど、
童謡というのは子ども向けに生み出されたもの、ってことなのだろうか?
広義には愛唱歌って言うのかな。


昭和の中ごろまでにつくられたり歌われていたたくさんの歌は
とても日本語がきれい。

外国の歌でも、『アニーローリー』とか『ローレライ』とか、『故郷の空』とか
原詞は知らないけれど、日本語に訳された(それとも厳密には訳じゃないのかも)歌詞は
とても美しい。

そんな外国の愛唱歌の中では『庭の千草』がダントツに好き。

「庭の千草も 虫の音も
 枯れて寂しくなりにけり

 ああ 白菊 ああ 白菊
 ひとり遅れて 咲きにけり」

原題は『The Last Rose of Summer』だそうで、
『夏の名残りのバラ』というタイトルをよく見かける。

このメロディーも、この詞から見えてくるかそけき風景も
なんだかタカラモノのように美しくて
いつの頃からか大事にしている歌。

子どもが生まれてから、happaにもnappaにも子守唄として毎回必ず歌っていたのは
『眠れよい子よ』とこの『庭の千草』

二人ともとても寝付きが良かったので
絵本を読んでる途中で寝ちゃうこともしばしばだったんだけど
それでも二人を寝かしつけてふとんからそ~っと出て行くときに
ちょっと目を覚ましたりすると「『眠れよい子よ』うたって」とせがまれて
必ずこの2曲は歌ったのです。

多分彼らにとってこの2曲はセットで、
たまに『眠れよい子よ』だけ歌って「もう寝ちゃったかな」とそっと離れようとすると
「庭の千草も~は?」と言われた。

数年前に友だちに赤ちゃんが生まれて
「子守唄がわりに歌ってるんだ」と教えてあげたら
彼女はくわしく歌詞を知りたがって
「我が家も子守唄に歌っています」と連絡をくれた。

私はちょっと「子どもたちと私の大事な歌なのに」みたいな気持ちになったのを思い出す。

我ながら狭量だなぁと思ったけれど、
その時はちょっと大事に育てた思い出をさらわれちゃったような気がしたのだ。

まあ、彼女と赤ちゃんにも子守唄として聴いた美しい歌の思い出が出来れば、
やっぱりそれはシアワセなことなのだな、と今は思う。



2曲では眠らないときは、
他にも『父さんの子守唄』とか『あなたが夜明けを告げる子どもたち』も歌ったし、
『叱られて』とか『この道』とか『朧月夜』とか『里の秋』なんかもよく歌ったな。

あとはタイトルはよく知らないんだけど、
「さえずるひばりの声に 再び春はめぐる~」っていう歌。
なんていうのかなぁ、タイトル。

むかしケンタッキーかなんかのCMに使われてたような。外国の曲。
多分メロディーはみんな知ってる有名な曲だ。

この歌は泣かされる。

歌うたびに子どもたちが寝てる横でさめざめ泣いてた。
そして泣いてる自分に「お母さん」を感じて救われてたような気がする。
と、同時に、自分が愛されていた子ども時代の暖かな気持ちも一緒に感じることが出来るんだろう。



美しい日本語が使われている曲はみんな、
なんだかとても心に沁みる。

きちんと着物を着るような。
すっとした堅い木のお箸が添えられた白いごはんとお漬物と、お味噌汁のような。
きちんと揃えられた玄関の靴のような。
掃き清められた庭のような。

そんな感じ。






コメント(6)


私は♪揺りかごのうたをカナリアが歌うよ♪が子守唄だった。
あと、♪みかんの花が咲いている♪が大好き。明治後期、大正に作られた歌の歌詞は素朴で、かつ言葉が綺麗だよね。

2007/10/11(木) 午前 11:11 [ あおぞら ]



いいね!揺りかごの歌。
♪歌を忘れたカナリアは~♪も好きだな。途中でリズムが変わるところとか、いいです。

ほんとに言葉が綺麗だよね。
その時代の風景が見えてきちゃう。

2007/10/11(木) 午後 9:31 [ はっぱなっぱ ]



あなたが夜明けを告げる子どもたち』
なつかしいなぁ・・・
よく歌いました。
久しぶりに歌ってみようかな。

2007/10/17(水) 午後 5:24 [テンション]



えっ!?『あなたが夜明けを告げる子どもたち』ご存知なんですか!?
そうですかぁ~!限られた場所でしか歌われていない曲かと思っていたので、なんだかすごくうれしいです♪

2007/10/17(水) 午後 9:52 [ はっぱなっぱ ]



み~あげてごらん~ あの~山を~
山に~ 続~く 深~い空を~・・・でしょ?
知ってますよ。
笠木透は結構歌いましたね。

限られた場所?
なんでっか それ(^o^)

2007/10/18(木) 午前 0:31 [テンション]



私もず~っと昔に笠木透さんの詩集をいただいて読みました。
曲がついてるとさらにいいですよね。

以前、子どもたちをキャンプに連れて行ったりする活動をしてたのですが、私はそこで笠木透さんと出会い、たくさん歌ったのもその時代です。その活動の周辺意外でこの歌を聞いたことがなかったので、こうやって偶然知り合ったテンションさんが知っているというのが驚きでした!でも、そういえば笠木さんも関西の方だったような・・・!

2007/10/18(木) 午後 9:25 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-10-10 23:11 | おんがく
<< 『かもめ食堂』ふたたび。 『かもめ食堂』 >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル