ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
33の質問
このあいだhappaとnappaと3人で夕飯を食べているとき
夢の話になった。

将来の夢、とかじゃなくて、寝てる間に見る夢のことね。

3人で面白かった夢とか怖かった夢とかスリリングな夢とか
自分が覚えている、かつて見た夢について話していて
すごく盛り上がった。

夢の話は一通り尽きてしまったんだけど、
3人ともまだいろいろ話したい感じだったので、ふと思いついた
「自分の人生で一番最初の記憶ってなぁに?」と聞いてみた。

この質問はかなり昔に読んだ
『谷川俊太郎の33の質問』という本の中にあるものだ。

この本、すごく面白くて、若いころ何度も読んだ。

谷川俊太郎が毎回一人ゲストを招いて、彼の考えた33の質問をしていく・・という
渋谷のジアンジアンでやったイベントを本にしたもの。

さっき、もう一度本を見てみたら、なんと74~75年に行われたものだ。

すると、谷川俊太郎はまだ40代。えっ?同世代じゃん!びっくり。

ゲストは作曲家、詩人、画家、女優、イラストレーター・・・と
そのころ活躍していた(そして今も。もう亡くなった方もいるけど。)、それぞれ癖のあるヒトビト。

どんな風に答えるか、っていうことでその人となりが表現されてて
へぇ~っと思ったり、意外だったり。


で、その夕飯のとき、この本の質問をいろいろ思いつくままに子どもたちにしてみた。

たとえば、「金、銀、鉄、アルミニウムのうち最も好きなのはどれですか?」とか
「あなたにとって理想的な朝の様子を話して下さい」とか
「宇宙人から”アダマペ プサルネ ヨリカ”と話しかけられました。なんと答えますか?」とか。

二人の答えはそれぞれにおもしろくて、彼ららしいなぁと思うものだったけど
二人の答えがどうだったか、ということよりも
彼らが質問されることをものすごく面白がっていたのが、なんだか面白かった。

「次は?次は?」って感じ。

そして、お互いの答えを「ふ~ん、なるほど」って興味深そうに一生懸命聴いているのが嬉しかった。

質問って楽しいよね。

投げかけられる質問に自分がどう答えるか・・ということで
自分自身が自分を発掘していくみたいな、そんな感じを味わえる。

今まで知らなかった自分と対面できたり。

二人もなんとなくそんな感じだった。
自分ってこんな風に考えてたのか~って再発見してるような。

そして自分の答えに興味を持って待ち受けててくれるギャラリーがいて。
そんなところもきっと楽しいんだな。

また、いろいろ質問を考えて二人にしてみよう。

自分を知るいい機会にもなるもんね!
[PR]
by happanappamama | 2007-11-21 21:10 | にっき
<< そして『かもめ食堂』 秋の夜長と秋の日なた >>


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル