ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:キャンプ( 38 )
今日からキャンプ
f0169643_9382638.jpg

夜明け前に出発して、6時過ぎにはキャンプ場周辺に到着。
睡魔に勝てず公園の駐車場で仮眠して、今その公園で遊んでます。

気持ちのいい公園!新緑の季節はすがすがしいね♪

まだこんな時間でうれしいな!






コメント(2)


お早う御座います。春ですね、草花がいたる所で咲き乱れているって感じです。カメラ片手に歩き回るのに最高の季節ですね。今日も奈良はめちゃいい天気です。 昨日飛鳥寺ってところへレンゲ撮りに行ってきました。めちゃ綺麗に咲いてましたよ。

2007/4/29(日) 午前 11:20



先月奈良へ行ったときに、飛鳥寺へも行きました。飛鳥大仏を見ながら飛鳥寺の由来や入鹿の首塚の解説を聞いたのですが、息子のhappaはそれがとても面白かったと言っていました。あのあたりはのどかでいいですね♪春は格別という気がします。

2007/4/30(月) 午後 9:24 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-04-28 08:30 | キャンプ | Comments(0)
今シーズン初キャンプは奥多摩
f0169643_14272199.jpg

子どもの頃、よく奥多摩にドライブに行った。
とても小さい頃はよく奥多摩湖に遊びに行ったけど
そのころは奥多摩湖というよりは「小河内ダム」と呼んでいた。
ダムを見下ろす高い道路から身を乗り出して湖を見た。

時々、父が私を抱いてダム湖に放り投げる真似をしたりして
きゃあきゃあ笑った思い出の地。
なんとなく「奥多摩」という時、
どこからともなく家族で出かけたあたたかい感覚が蘇ってくる。

その時のカラダが宙に浮く感覚と、目の前に迫ってくるように見えたダムを
今でもちゃんと覚えている。

子どものときの思い出って、
そんな風になんでもない一瞬だったはずの出来事を、
大きなイベントよりずっと鮮明に覚えているから不思議だ。

小学生の頃は、父たちがY'Sの仲間と
奥多摩の数馬という場所にキャンプ場を開設するために土地を借りて、
よく週末にそのキャンプ場をつくるワークに出かけて、
家族でそれにくっついて行った。

ドラム缶でお風呂に入ったり、近くを流れる川で遊んだり、
蛇みたいに大きくて太いミミズを見つけたり、
アコーディオンの上手な人がいて、みんなで歌をうたったり。

帰りの車の中で「奥多摩も東京都なんだよ」って聞いて
「え~っ!ほんとう?」って驚いて
東京にあんな森があるのをとてもうれしく思った。
「熊も出るんだよ」って聞いて、「わぁ~っ」と思った。

東京はゴミゴミした都会だけだとばかり思っていた私は
子どもゴコロに「東京、すごいじゃん!」って感じた。

その時、ラジオからカーペンターズの曲が流れていたりして、そんなことまで覚えてる。
奥多摩に詰まっているのは本当に楽しい思い出ばかり。

今シーズンの初キャンプは、思い入れのいっぱいの奥多摩。

山の天気は今回も不安定で、天気だと思ったら一転空が曇ったり、
夜は思わぬ土砂降りになったりと、天候に左右された2日間だったけど
とても楽しかった。

キャンプに出かけると、身も心もほどけるように開放されるのはなんでだろう?

子どもたちも、ジジ男くんも、みんなユルユルとして
ぼんやりしているだけだけの時間さえも楽しい。
(もっとも、ジジ男くんは多分、何かの花粉に反応して、みるみる目が赤くなり
 鼻もグスグスしたりしてちょっとかわいそうだったけど)

今回はナイトウォークのプログラムに申し込んだので
夕飯の炭火焼肉も早めに済まし、
一同(特にnappaと私)楽しみにスタンバイしていたんだけど
思わぬ土砂降りで残念ながら中止に。

でも、今回はトレイルも歩いたし、
朝の散歩でもゆっくりいろんなところへ足を伸ばして、一泊を満喫しました。
f0169643_14284029.jpg

f0169643_14285813.jpg

今日は午前中、happaと二人でインタープリターのY.Sさんのお話を聞きつつ
周辺を散策するガイドウォークに参加して、
参加者が私たち二人だけだったので、
いろいろ質問をしたりしながら、プライベートツアーのように楽しみました。
河原の石をひっくり返して裏を見て、
そこに棲息している生き物のことやなんかもお話してくださったんだけど、
happaはそれがとても楽しかったらしく、ガイドウォークが終わってからも
「また河原に行って、石をひっくりかえしてみてもいい??」と
さかんに河原に行きたがった。

午後はnappaと二人で「ちびっこアート」というプログラムに参加して
「自然の絵の具」を使って絵に色づけしたんだけど
これが楽しかった!
葉っぱとか、花びらとか、土とか、そんな自然のもので付けられた色は
24色水彩絵の具のようにパキッと鋭い色じゃなくて、
淡くて、儚くて、あたたかい色。

これは普段家のまわりでも出来ることだし、
こんど是非またやってみたい。

指導してくださった、かわいい”Yちゃん”は
「”今日の絵の具”って呼んでます」とおっしゃっていた。
植物は成長して、明日出す色はまた今日とは違うからなんだそう。
土だって、水分で違うもんね。

この、奥多摩のビジターセンターにきて思うのは
働いている職員の方がとても気持ちの良い人たちで、
ちゃんと自然のことを知っている、ということ。
多くの人に自然と共にある喜びを知ってほしいと願っているということ。
自然の中に与えられた仕事を楽しんでいる、ということ。

Yちゃんといい、Y.Sさんといい、
あんなふうに、ちゃんと自然のことを知っているってかっこいい。
かっこいいなんて言い方をすると、まあ、言い方としてちょっとどうかなぁとも思うけど、
間違いなくカッコイイ!と思うのだ。

動物の足あとを見つけたり、
鳥の鳴き声を聞き分けたり、
植物の名前や、その見分け方をちゃんと知っていたり、
じめじめした石の裏側に住む虫たちのことも公平に扱える人はかっこいい。

自然の中に転がっているもので楽しみを見つけられる生活は素敵だ。

キャビンはカメムシがたくさんいて、
一晩で、何匹窓から出したかわからないほど。
そこはhappaが大活躍。
「くせぇ!」と言いつつ、頼めば出動せずにはいられないhappaくん。
カメムシが「おやっ?」っと思っている間にすばやくコトを運ぶと臭い液を出さない!
という持論を展開しつつ、何度もトライ。
f0169643_1429323.jpg


ここは何度か来ているけれど、泊まるのは初めて。

また、是非泊まりたい!
そしてその時は絶対、ナイトウォークでリベンジするのだ!



コメント(2)


読んでて私まで気持ちよくなったよ。いいキャンプだったね。

2007/4/9(月) 午前 0:08 [ あおぞら ]



うん、うん、気持ちの良いキャンプだったよ~!私にとっては木のパワーが何よりなのかも。木は素敵。

2007/4/9(月) 午前 9:34 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-04-08 22:47 | キャンプ | Comments(0)
むかしの『ひがし』

f0169643_10484449.jpg
江東Yのニュースレターは「ひがし」です。

いつからあるのか定かではないけど、
タイトルの文字は、今は亡きワイズのメンバーの筆になるもの。
とても穏やかなやさしい方でした。
今もその題字が使われているのは、とてもうれしいこと。

このあいだ事務所のRちゃんに呼び止められて
「書類を整理していたら、出てきた」と言って
古い「ひがし」をくれた。
見ると、私がリーダー時代、キャンプの後に感想など書いたものが
写真入りで巻頭言として載ってるものだった。

とてつもなくなつかしい。
7月終わりの小学生キャンプの後に書いたもの。
この夏はこのキャンプで戸隠に行き、
3-6年テントキャンプで赤城に行き、
中高ワークキャンプで白州に行き、
1-6年サッカー合宿で千葉に行き、
家族キャンプで山中に行った
休みのほとんどをキャンプで過ごした夏でした。

このほかに、私は行かなかったけど1-6白浜海浜キャンプという海のキャンプもあったり、
もちろん幼児のキャンプもあったり、
今思うと昔はたくさんキャンプがあったんだな、と思う。
小学生キャンプだけで3本!中高もちゃんと存在していた。

春も「自然観察キャンプ」っていうのが何年か続いて
スキーはちょっと、という幼稚園児に人気だった。

ウミウシとか、アメフラシとか
ヒトデとか、磯には生き物がたくさん。
春の海はまだ寒かったけど、子どもたちは面目躍如の磯遊び。
ものすごく楽しそうだった。

「ひがし」に書いた戸隠小学生キャンプは
なんと山男もびっくり(そうでもない?でも2000メートル級の山です)の
戸隠山登山がビッグイベントでした。

上り始めて5分ぐらいで
小1男子のグループから「まだぁ?」「あと何分?」という
やる気のない声が。
でも、なんとかほぼ全員頂上を踏んで
戻ってきたときにはもう子どもたちの顔が朝とはまるで違う。

私はその時プロリーで、
途中で怪我しちゃった子と一緒に頂上を踏まずに下山したんだけど
降りてきたみんなを見て、本当にうらやましかった!
だって、みんな本当に誇らしさでいっぱい。

最後の一人がもう一人の男子のプロリーと一緒に降りてきたのは午後5時。
「体力的にもしかしたら無理かも」と事前に考えていたダウン症の男の子。
朝5時に出発してるから、12時間。
ホントによく頑張ったね、ってナミダが出てきた。みんな。
その子に「おかえりっ!」って言ってる一年男子は
朝「あと何分~?」ってやる気のない声を出してたヤツとはまるで別人のよう。

これだから、キャンプはやめられない!って思ったよ。

私の書いた文章は
ちょっと今読むと稚拙で恥ずかしい。
けど、その時のキモチをありありと思い起こさせてくれました。

やっぱり書いとくもんだねぇ。





コメント(2)


初めてコメントします^^; 私が生まれて初めて参加したキャンプは「春の自然観察キャンプ」でした。懐かしぃ~! 当時のことをすごく鮮明に覚えているなんて、素敵なリーダーだなぁって思いました。 私もリーダーになってから、「ひがし」にクリスマスの思い出について 書いたのですが、それをたままた見ていた私の幼稚園時代のDirだったノ○さんが、江東Yを通して連絡をくれたんです。 「ともちゃんがリーダーになってるなんて驚いたし嬉しい!」って。 ずっとYに関わっていてよかったなぁって思える出来事でした。


2007/3/23(金) 午前 10:29 [ うさぎ ]



うさぎ!コメントくれてありがとう♪そうか~、自然観察CAに行ってたんだね。私は2年続けて行ったんだけど、きっとうさぎのお兄ちゃんくらいの代なのかな。Dirは○ンドスでした。ノ○ちゃんはこの間のバザーに来て、私もすごく久しぶりに会いました!全然変わりなくあのままだったよ~。


2007/3/23(金) 午後 2:27 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-03-10 00:32 | キャンプ | Comments(0)
週末以降
週末は年内最後のキャンプでした。

出発する時は生憎の雨だったけど、
到着したらほとんど降ってなかったので
早速外遊び。

霧が立ち込めて、幽玄な雰囲気を醸し出す森の中で、
バドミントンで盛り上がりました。
f0169643_0331625.jpg

翌日はいいお天気だったので、
ビーチボールサッカーと野球とバドミントンで盛り上がり、
私は昨日からまた腰が・・・!
f0169643_0335195.jpg

まだ木に残っている紅葉もたくさんあったけど、
そこら中に落ち葉がいっぱいで、

湿ってなければ埋まりたいほど。
f0169643_037886.jpg

さすがに秩父は寒かったけど、外遊びはやっぱり楽しい。

いつ行っても思うけど、ほとんど人工的な音がしないから
本当に精神がリラ~ックス。

目に映るのも、林だったり、落ち葉だったり。
こんなところで移ろい行く季節を感じながら暮らしたいなぁ~って、心から思う。

将来は自然いっぱいのところに居を構えたいな。

落ち葉焚きして焼きいもをおやつにしよう。
本もたくさん読める。

う~ん、考えているだけで心が健康になる気がする。

昨日から超久しぶりの「あしながおじさん」読んでます。
おもしろいねぇ。

多分始めて読んだのは中学生のとき。

小学生のときは絵本専門で、
高学年になっても低学年向けの絵本をたくさん読んでた。

時には「こんな厚い本も読むのよ」というポーズを示すために
仲良しの友だちと、「大草原の小さな家」とか「シルバーレイクの岸辺で」とかのローラものを
図書室で借りてはいたけど、
実はほとんど読んでいなくて学校の机に入れっぱなし。

翌週の返却日には忘れずに返せる、という立派な子どもだったのだ。

で、「あしながおじさん」はそんな私が長編に移行していく初期に
「お~、こんな長いの読んだ~」と自分に感心した本なのです。

すごく面白くて、何度となく再読してるけど、
何度読んでも飽きない本。

女の子が主人公だし、女の子が読むことが多い本だけど、
happaに「面白いよ」って勧めたら彼も読んでるみたい。

「おもしろいね」って言ってた。
happaのいいところは
「これは女っぽい」とか「これは男のもの」とかほとんどこだわらないところ。

さすがに中学生になって、
友だちの前ではいろいろ合わせてる部分もあるみたいだけど、
彼の芯の部分では、ものごとになんとなくある性差を意識していない。

私はこれを読んで、
「勉強するってワルくないな」「学ぶって楽しいな」と思った記憶がある。

勉強することに専念できる時間って、
実はものすごく貴重だよね。

でもこういうことって、失ってからわかるんだよねぇ。
[PR]
by happanappamama | 2006-12-12 10:56 | キャンプ | Comments(0)
いろいろ
f0169643_1431477.jpg

f0169643_14325891.jpg

この間の秩父キャンプ、栗がたくさん落ちてた。
小粒な栗ばっかりだったけど、見てたらムショウに食べたくなって、
帰りにコンビニで甘栗を買いました。
おいしかったけど、栗って皮を剥かないほうがキレイだよね。
つやつやしてる小粒な栗たちをnappaは一生懸命集めていたけど、
それは、綺麗な小石を集めたりするのと似てる。
集めた小栗たち、すごくキレイだったもん。

今日、久しぶりの友だちから突然電話があって、
そんなにゆっくり会話できたわけじゃないけど楽しかった!!
彼女とはくだらないギャグから高尚なブンガクまで
幅広く会話ができるし、いつも私を触発してくれる。
別になにか特別なことを話したわけじゃなくても
彼女と会話したあとは、あたらしい方向に目が向いたり
いままで見過ごしてきたことを再確認できたりして、
ときどきコンタクトを取ることが、私には必要!と感じる。

いろんなことやってるみたいだけど、
いつも時間に追われてる感じをさせなくって、
さらりと余裕で毎日を送ってるみたいに見える。
私は毎日をドタバタと送っているから、いいなぁって思っちゃう。

ちょっと今日の電話で元気をもらった感じ。
彼女も元気で、よかった、よかった。
[PR]
by happanappamama | 2006-10-14 00:06 | キャンプ | Comments(0)
風の音を聴け!!

f0169643_14251243.jpg
f0169643_142523100.jpg
土曜から一泊で秩父にキャンプに行った。
土曜、日曜はいい天気だったけど、前日までの台風の影響でか
終日ものすごい風。

でも。

風の音ってすごい。

私はずっと聴いていたい気分だった。
木が揺れる音や葉っぱがざわめく音。
どうっと山が揺れる音。
ほかの人工音が何も聞こえない森の中、
風の音は
どんな音楽よりも力強くて美しい。

音とか匂いって
記憶と深く結びつきやすいものなんだと思うけど、
小さいころ、田舎のおばあちゃんちで聴いた
風の音が記憶の底から蘇ってきた。

happaにもnappaにも
「風の音、聴いてごらん!すごいねぇ!」って
盛んに声を掛けたけど、
彼らの記憶にも残るといいな。
家族で出掛けたキャンプの思い出と一緒に。
こんな素敵な風の音。

さすがに10月の秩父は朝晩の気温が低くて、
空気もキリッと冴えていて、
色づき始めた葉っぱがとてもきれい。

happaとnappaはクラフトでバードコールを作って
さかんにキュルキュルと音を出してたけど、
鳥たちの声はすれども姿は見えず。
もう少し葉っぱが落ちたらよく見えるかも。
秋は春に次いで鳥が鳴く季節だそうで、
小鳥のさえずりが心地よかった。

今日は、といえば 打って変わってボーリング。
私は何年ぶりのボーリングだろう?
nappaは初ボーリング。
子どもたちはものすごく盛り上がってた。
たまに家族でボーリングもいいな、って思った。
久々の私は、4ゲームもやって
最高スコアが100でした。とほほ。
[PR]
by happanappamama | 2006-10-09 23:49 | キャンプ | Comments(0)
ファミキャン
前後は雨なのに、ぽっかりあの2日間だけものすごくいいお天気だったんだよね。

今回ははじめてカッターを漕がせてもらったし、前回未経験のアーチェリーもできたし、
みんなそれぞれに楽しんでいたようだし、よかった、よかった。

みんなでカッターやったときの景色がものすごくきれいだった!
星は、月で空が明るかったせいか、いまひとつだったけど、
夜の野尻湖のなんともいえない色はとても美しかった!
湖面に映る山の影も。

写真はブログ用に撮った「酋長」の背中。となりはhappa。
f0169643_10262667.jpg

わざわざ半裸になっていただいて、感謝です♪
酋長夫人はボート系の漕ぎすぎで豆ができたらしい。
この夫婦、只者ではない・・・・!

来年もみんなで行けるといいね!

happaは明日から期末試験。昨日英語をちょっと見てあげた感じでは
期待しないほうがいいらしい・・・・・。
[PR]
by happanappamama | 2006-09-13 11:45 | キャンプ | Comments(0)
ただいま
f0169643_10204345.jpg
f0169643_1021116.jpg
帰りにごはんを食べて、happaの希望でbook-offに寄って、8時半ごろ無事帰着。
洗濯物の山でうんざりしかけたけど、とりあえず洗濯機を回しました。

12時過ぎに妙高で解散して帰途に着いたわけですが、
あおぞらファミリーがぶっちぎりのトップで到着と思いきや、
二日酔いのはずの酋長一家もほぼ同着。
その恐るべき底力を見せ付けました!

3着は世界を駆けるランナーファミリー、

4着はリモコンファミリー、たぶんそのあとに我が家が続いて、
マイペースなのり巻きファミリーが最後をしめてくれたはず。

楽しい3日間でした♪

世の中にはいろんな人がいるんだなぁ、というのが今回改めて感じたこと。
私の周りは変な人が多くて楽しい!
[PR]
by happanappamama | 2006-09-10 23:24 | キャンプ | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル