ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
野菊の如き君なりき
今日の新聞の週末版に「野菊の墓」のあれこれが掲載されていた。
伊藤左千夫のこととか、舞台となった矢切の渡しのこととか、あらすじとか。

小中学生が(特に女の子かなぁ?)そろそろ文庫本を読み出すときに
「野菊の墓」とか「風立ちぬ」とか、薄幸な女性を主人公にした
手ごろな厚さの本は、なんとなくみんな手に取ってたような気がする。
今はどうかわからないけど、新潮文庫の100冊にもコンスタントに入ってたような。

その昔、松田聖子が映画に主演したこともあったりして、あらすじは
結構有名だし、私も大体は知っていたけど(読んだことはナイ!)
新聞に紹介されているあらすじを読んで、涙が出た。

一緒に紹介されていた82歳になる女性の体験にも心を動かされた。
女学生の時に淡い恋心を抱いていた遠縁の年上の文学青年を
戦地に送り出すために駅で見送って、
それから数年手紙をやり取りしていたんだとか。
お互いに「好き」とか「結婚しよう」とか話したことはなかったけれど
そのときの思いや風景を短歌にしたためて送りあっていたんだそう。
時には押し花が手紙に入っていたことも。
その後その彼は戦死して、今のご主人と結婚してからも
その茶色く変色した押し花は捨てることが出来なくて、
やっと炎に投げ入れることが出来たのは80歳のお誕生日の時だったんだって。
その方が、だから時代背景も境遇も似ていた「野菊の墓」に惹かれたのかもしれません
という記事になっていた。

もうひとつ、このあいだのりまきちゃんが教えてくれた与勇気さん。
人形を見てみて、ああ、この人形を作っている方なのか、とすぐわかる
有名な人形作家。
同じ週末版にこの方の特集もされていた。
この方の作品の中に小津安二郎の「東京物語」の主人公の老夫婦の人形があるそうで、
尾道から上京した老夫婦が子どもたちに冷遇されて
二人で訪れた熱海の海岸で「もう帰ろうか」ってつぶやくシーンの再現なんだって。
「東京物語」も紹介用にダイジェストされたようなものしか見たことがないけれど、
その老夫婦の思いに胸が熱くなった。
夏の熱海の海岸で、浴衣を着て、風に吹かれている二人の人形は
浴衣のすそが風に翻っていたりして、リアルな上にもその心情を感じさせるものだそうで、
ちゃんとその映画も見てみたいな、と思わせた。

普通に生きてる普通の人に、いろいろな思いが、当たり前だけどあるんだなぁ、
ということを今日強く思いました。
自分の家族とか、親しい友だちとか、そういう人の思いにも、
敏感なようで、実はそうでもなかったり。
全然知らないよその人の気もちに思いを致すなんてこと、普段は全くできないけれど、
どんな人にもそれぞれの思いがあるんだ、ということを、今日とても考えました。
映画とか、ブンガクとか、客観的に冷静に見られる「カタチ」になっていると
それは理解しやすいけれど、普通に生活している隣の人にも
そういう思いはあるのだ、ということに
もっと敏感にならなければいけないんだな、と思ったよ。
敏感になって、何をどうするというモンダイではなくて、
いろんな人にいろんな思いがある、ということを意識していたいな、と思いました。

今日はhappaの文化祭とnappaの学校公開が重なり、あちこち移動してとても疲れました。
夕方は塾の面談にも行ったりして。
でもhappaのトランペットは素敵だったし、nappaは私たちが近くで見ていることが
とてもうれしそうだったし、よかったよかった。
塾の先生にも我が家の教育についてきちんと伝えられて、よかった、よかった。
夕飯が済んで、ちょっとリラックスして、キレイな音楽を聴いてたら
すっかり眠ってしまい、起きたのは23時半。
すでにみんなお風呂も終わって(当たり前だ!)子どもたちは寝てました。
私はおもむろに起き上がり、洗濯物を畳み(エライ!)
お風呂に入って、こうしてブログを書いてます。
これから何かお腹に入れないと、ちょっと寝られないかも!?
[PR]
by happanappamama | 2006-10-29 02:25 | つれづれ | Comments(0)
ここ最近のこと
最近暗くなると共に眠くなってしまい、nappaに本を読みながら
自分も眠ってしまう毎日。
昨日、おとといの夜は年末年始の帰省に伴うスキー宿の確保に
奔走し(・・・といってもネット上で)目をしょぼしょぼさせながら起きていたけど、
もっとゆっくり自分のために時間を使って起きていたいもの。

「泊まってみたいな」と思っていたホテルは軒並み大手のスキーツアーが
押さえてるみたいで「年末年始の設定はありません」という無情なコトバが。
なんか、釈然としない。とりあえず宿は押さえたので一安心だけど。

しかし!年末年始のホテルは高すぎる!!!(怒)!!!
どうにかリーズナブルな温泉宿を見つけたけれど、
書き入れ時とは言え、シーズンオフにはその半分以下で泊まれるところが
いきなりの高騰。しかも売り手市場のこの時期は向こうも強気の構え。

スキー場が込んでる上に、宿が高いとは!許せん!

とはいえ、北海道のスキー場は広いし気分がいい。
すいてるときは本当に素晴らしい!!
(が、寒い!一昨年キロロでは、朝飲みかけで車に入れっぱなしにしておいた
ペットボトルの水が、午後戻ったらカチンカチンに凍ってたし、
露天風呂に行けば頭に載せたタオルはパリンと一瞬で凍った!)
それに、込んでると言っても上越あたりの込み具合に比べればかわいいレベルなのかも。
でも、本当は年末年始じゃなくてもっと違う時期に行きたいトコロ。
しかし、札幌に帰省もして、別口で北海道にスキーに行くには経済的打撃が大きいからねぇ~。

今日はnappaがスイミングで、結構疲れているみたいだった彼女は
絵本一冊読み終わる前に眠ってしまいました。
彼女は学芸会の練習に力が入ってます!自分のセリフは一つだけど、
ほかの人のセリフまで熱心に練習してる。

今週の土曜日はnappaが学校公開。happaは文化祭で、二人とも学校。
そして二人とも月曜が振り替え休日。
よし、3人でどっか行こう!と思いきや、happaはすでに友だちと遊ぶ約束が
出来ていたのでした。日曜に続き、振られっぱなしの母です。

私はこれから本を読みつつ寝ます。ワクワク。
[PR]
by happanappamama | 2006-10-26 22:38 | にっき | Comments(0)
BOOKS
本を選ぶときは直感の赴くままに手に取るんだけど、
結構アタリの本を選ぶのが上手い、と思う。
ま、あくまでも自分の超ドメスティックな世界で、の話だから
人に勧めてどうかというのはワカラナイ。
このあいだあおぞらちゃんに「本貸して!」って言われて
「どんなのがいいの?」とメールしたら
「nappaママが私に必要と思う本がいい」とお返事が。
本の選択は楽しい仕事だけど、人に勧めるのはちょっと責任感じちゃう。

今も読みかけの本がたくさん。
でも気分で読み分けて、並行読み。
なんの不自由もストレスもなく、いろんな本に手を出している。

読んでる本のタイトルを並べてみようかな、と思ったけど
実際に並べてみたら、ちょっと分裂症みたい。
サスペンス小説あり、対談あり、詩集あり、
精神世界モノあり、なんでもあり。

出会っていない「読んでよかった!」と思える本たちが
いっぱいあるんだろうな。と思うと、たくさん読みたい!
と思うけど、一年間に出版される本の数を考えると、
ちょっとやそっと読んだくらいでは追いつくはずもなく。
人生も半ばを迎えた今日は、自分と似た世界を持ってる友だちから
評判を聞いて読むのがいちばん効率的かも。
でも無駄読みも侮れないんだよね。大事。

高校生くらいのとき、学校帰りによく本屋に寄ったけど、
目指す本がなかなか見つからなくて、やっと見つけたという時に
よく見つかった本のポジションから(つまり本棚から)本を探している
自分の姿が見える気がした。この本(やっと見つけたその本)は
どんな気もちで私を眺めていたのかな、とか考えたり。
本屋に行くとトイレに行きたくなるというのも、高校生のころ始まったような。
本屋に泊まりたい!と思うようになったのはもう少し後かな。

秋の夜長、寝る前に読むのはちょっと考えちゃうような本か、
感覚的な本。
すぐ、眠くなります。
[PR]
by happanappamama | 2006-10-21 21:29 | ほん | Comments(0)
POOL
今日からジジ男が札幌に行っています。
朝羽田まで車で送って、そのままジジ男を落としてとんぼがえり。
プールには余裕で間に合ったのでよかった、よかった。
最近1週おきにしか出席していないから余計なのかもしれないけど、
泳いだ後は全身くまなく使い切りました!という満足感がある。

私はクロールの両側呼吸がとても苦手。
いつも右向きで呼吸してるので、左側は単に「呼吸してる風」になってる。
でも、初めてやったときと比較すると、大分左でも息継ぎができるように
なってきたかも。形はブザマでも。
プラス今日は上半身はクロールで足はバッタとか、
仰向けで平の蹴りをしながら上半身はバックとか、
平の掻きで足はバッタとか、いままでやったことのないことをいろいろしたので
とても疲れましたぁ~。けど、血管の隅々にまで酸素が行き渡りました。
週末のチャージは完了、って感じかな。

しかし、体中の力を消耗して(文字通り消耗!)お昼ご飯を食べて、
眠くなってちょっと昼寝したんだけど、気もちのいいこと!
まさに泥のように眠ったよ。

明日はnappaのサッカーの間、ジムに行ってこようかな。
カラダを動かすのは気持ちいいね。
[PR]
by happanappamama | 2006-10-21 01:04 | にっき | Comments(0)
大事なヒトビト。
怒涛のような一週間だった。

でも、自分にとって優先順位の高いものにしか時間を割かなかったから
案外しっかり中身のある一週間だったんじゃないかと思う。

私にとって大事なのはやっぱり家族だ。

私を愛し、育んでくれた家族も。
私が愛し、育んでいくべき家族も。

来週も今週とほぼ同じ状況になりそうだけど、
来週いっぱいはこのままのペースで行けそう。

楽勝。



私に出来ることは、私が誰かのチカラになれるようしっかりとあることだ。

ファイト!いっぱ~~~つ!






コメント(2)


そういう気持ちもちゃんと引き継がれてゆくよ!

2007/10/21(日) 午後 9:28 [ あおぞら ]



そうだね。そのつもりでココロせねば!

2007/10/21(日) 午後 10:25 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2006-10-20 22:19 | にっき | Comments(0)
自分探しと自己実現
信頼するお友だちのサイトで「オーラソーマ」というのを目にして、
「自分とは何か?」がブームの私としてはなになに?それって!
という脳からの指令に従ってネット検索して見つけたサイトで
オーラソーマのミニリーディングというのを体験してみた。
もちろん、簡単なものだから、彼女の受けたセッションとは
比ぶべくもないけれど、ちょっとおもしろかった。

私の課題は
「失敗を恐れるばかりにチャンスを逃してしまうことがある」んだそう。
う~ん、どうだろう?私はあんまり失敗を恐れてる自覚はないんだけど、そういう
ところもあるのかしら?
現在の私は
「本来のあなたの力に気づき、自分らしい生き方を見つめ直すとき」なんだって。
そして「本当にやりたいこと、実現したいことのために具体的な一歩を
スタートさせましょう。」とのおコトバ。

「自分らしい生き方」とは何か?ということは、ここんとこ本当に
考える機会の多いコトなので、「そうかぁ。見つめなおそう。」と
素直に思いました。

最近自己啓発本とか詩集とか、私のアンテナに引っかかる本を
手当たり次第読んでいて、コトバにしたいこと、具体的な言葉にはならないけど
琴線に触れる様々のこと、いろんな思いが頭の中にたっくさん渦巻いていて
パンクしそう。
今日もnappaのプールの間、コーヒーを飲みながら本を読んでいて
いろんな思いが押し寄せてきて、涙と鼻水が止まらず、
周りの人の目がとても気になりました。

自分らしい生き方を見つめ直すとき。うん、そうか。
私はどのように世の中と関わっていけばいいのか、
どのように生きていくのが幸せなのか、
じっくり考えていこう。
[PR]
by happanappamama | 2006-10-20 00:08 | つれづれ | Comments(0)
塾から呼び出し~
f0169643_1442731.jpg

happaの塾から呼び出しが来た~!

happaの塾には連絡帳みたいなペーパーがあるんだけれど、
塾に行くとき、必ず一言コメントを書いて持たせなければならなくて、
毎回特に変化がないもので、なんて書こうかな~なんて
考え込んだりしている。
でも、あまりにそっけないコメントだと
「家庭の勉学に対する姿勢」も厳しく問われたりするので
ちょっと、「高校受験について心配しています」みたいなことを
書いたら、待ってましたとばかり
「happaくんの復習に対する姿勢についてゆっくり話し合いたい」
「ご家庭の勉学に対する姿勢についても改善の余地があるのでは?」
「ついてはいついつ出頭されよ」・・・などというニュアンスの
お返事をもらってきちゃったのだ。

happaの塾の塾長先生は
「中学生は勉強だけしていればよい!」
「部活もできればしないほうがいい」
というお考えのようで、私とは全く考え方が違う。
中学生には実体験が絶対必要に決まってる!と思う。
・・・しかしながら、決して成績の心配ナシ!とはいえないhappaくん。
そこを指摘されると・・・。

夏休みも夏期講習をお休みして2週間キャンプに出す、と言ったら、
「そんなことで大丈夫ですか?」
「今ほかにやらなきゃいけないことがあるのでは?」
という電話が!

私は 今だから行く必要がある!  
と思ったのだし、
夏期講習より大事なこと、と思って2週間もキャンプに出したんだけど、
どうにもうまく伝わらない、というか
口では負けちゃう。論破されちゃうんだよね~。
向こうは人生経験、母あしらい経験豊富な熟年男性。手ごわい。

私だって勉強はしなくていいと思っていないし、
happaには学ぶ意義、というものもきちんと理解してほしいと思っている。
でも彼の出掛けた2週間で
信頼できる年上の人たち-スタッフもリーダーも-と真近に接して
そこで「こういう大人になりたい」という憧れを持ったりすることで
結果的に「学ぶ意義」にも気づかせてくれるんじゃないかと
思うし、そのほうがずっと大事だと思う。
事実、そこで過ごして帰ってきたhappaは2週間前の彼とはどこか違ってた。
ただ闇雲に「勉強しなさい!」では、学ぶ意義なんてわかるもんか!
と思うんだけど・・・、負けるのよ~。

・・・で、来週面談に来られよ、というおカミのお達しが~

難しいね~、中学生。
高校は絶対受験しなきゃならないし、今のままの成績ではまずいとは思う。
モチベーションが上がるよう、工夫をしてないわけじゃないけどなぁ~。
先生に言わせれば、それじゃ ぬるいということ
なんだろうなぁ。
[PR]
by happanappamama | 2006-10-15 17:36 | にっき | Comments(0)
いろいろ
f0169643_1431477.jpg

f0169643_14325891.jpg

この間の秩父キャンプ、栗がたくさん落ちてた。
小粒な栗ばっかりだったけど、見てたらムショウに食べたくなって、
帰りにコンビニで甘栗を買いました。
おいしかったけど、栗って皮を剥かないほうがキレイだよね。
つやつやしてる小粒な栗たちをnappaは一生懸命集めていたけど、
それは、綺麗な小石を集めたりするのと似てる。
集めた小栗たち、すごくキレイだったもん。

今日、久しぶりの友だちから突然電話があって、
そんなにゆっくり会話できたわけじゃないけど楽しかった!!
彼女とはくだらないギャグから高尚なブンガクまで
幅広く会話ができるし、いつも私を触発してくれる。
別になにか特別なことを話したわけじゃなくても
彼女と会話したあとは、あたらしい方向に目が向いたり
いままで見過ごしてきたことを再確認できたりして、
ときどきコンタクトを取ることが、私には必要!と感じる。

いろんなことやってるみたいだけど、
いつも時間に追われてる感じをさせなくって、
さらりと余裕で毎日を送ってるみたいに見える。
私は毎日をドタバタと送っているから、いいなぁって思っちゃう。

ちょっと今日の電話で元気をもらった感じ。
彼女も元気で、よかった、よかった。
[PR]
by happanappamama | 2006-10-14 00:06 | キャンプ | Comments(0)
風の音を聴け!!

f0169643_14251243.jpg
f0169643_142523100.jpg
土曜から一泊で秩父にキャンプに行った。
土曜、日曜はいい天気だったけど、前日までの台風の影響でか
終日ものすごい風。

でも。

風の音ってすごい。

私はずっと聴いていたい気分だった。
木が揺れる音や葉っぱがざわめく音。
どうっと山が揺れる音。
ほかの人工音が何も聞こえない森の中、
風の音は
どんな音楽よりも力強くて美しい。

音とか匂いって
記憶と深く結びつきやすいものなんだと思うけど、
小さいころ、田舎のおばあちゃんちで聴いた
風の音が記憶の底から蘇ってきた。

happaにもnappaにも
「風の音、聴いてごらん!すごいねぇ!」って
盛んに声を掛けたけど、
彼らの記憶にも残るといいな。
家族で出掛けたキャンプの思い出と一緒に。
こんな素敵な風の音。

さすがに10月の秩父は朝晩の気温が低くて、
空気もキリッと冴えていて、
色づき始めた葉っぱがとてもきれい。

happaとnappaはクラフトでバードコールを作って
さかんにキュルキュルと音を出してたけど、
鳥たちの声はすれども姿は見えず。
もう少し葉っぱが落ちたらよく見えるかも。
秋は春に次いで鳥が鳴く季節だそうで、
小鳥のさえずりが心地よかった。

今日は、といえば 打って変わってボーリング。
私は何年ぶりのボーリングだろう?
nappaは初ボーリング。
子どもたちはものすごく盛り上がってた。
たまに家族でボーリングもいいな、って思った。
久々の私は、4ゲームもやって
最高スコアが100でした。とほほ。
[PR]
by happanappamama | 2006-10-09 23:49 | キャンプ | Comments(0)
暴風雨!
すごい風雨だったなぁ!今日。

不謹慎だけど、子どものころから台風が来るとなんとなくウキウキしていた私。
ものすごく小さいころは、台風って聞くと
おばあちゃんが押入れの中のたんすの引き出しから、
懐中電灯とかろうそくとかを
引っ張り出している光景を憶えてる。
「停電になるかもしれないから。」って。

ほんとうに停電になったことは、たぶんなかったけれど
「停電になるかも!!」っていうのが
なんかいつもと違うイベントみたいで
楽しかったんだな。

昼間から雨戸を閉めちゃったりして。
家の中も暗くなっちゃったりして。
なぜか家族が一部屋に集合しちゃったりして。
NHKの台風情報をみんなで見たりして。
遠くで何か大きなものが風で飛ばされてる音が聞こえたりして。
うまくすると学校が早く終わっちゃったりして。

台風が行っちゃったあと、
ニュースで各地のいろんな被害の様子を見たりすると
「なんか悪いことしちゃった」って
自分がウキウキしたことをちょっと後悔したりもするんだけど、
表向き深刻な顔をして、やっぱり次にもウキウキしちゃう自分がいる。

明日から一泊で秩父にキャンプに出掛けます。
キャンプと言ってもコテージ泊なので気軽な軽装備。
本当は二泊の予定だったのに、手違いで一泊に。
まあ、仕方がないから一泊を楽しんできます。

昨日のジムに続き、今日はプールだったので
なんかカラダの調子が良い。
筋肉痛はまだ続いているけど心地よい痛み。

毎日じゃないけど、今まで続かなかった日記が
曲がりなりにも一月以上続いて
これはかなりウレシイかも。
[PR]
by happanappamama | 2006-10-06 23:37 | つれづれ | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル