ひびのあれこれ
by happanappamama
<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
「ラプソディー・イン・ブルー」つながり
「のだめカンタービレ」面白いって聞いていて、
見たいなと思いつつも、
どうせなら最初から見たいから、DVDが出現するまで待ってるところ。

・・・でもちょ~っと待ちきれず、
このあいだの回の最後の5分くらいを見た。

話はもちろん見えなかったけど、
エンドタイトルが「ラプソディー・イン・ブルー」だったのが

合格!!

ほかにも使ってる曲が良かった。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」とか。
*1/8あおぞらシャーマンが落としてくれたDVDで再見したら
 「亡き王女~」じゃなかった!「ヴォカリーズ」だった!ラフマニノフの。
 両方とも好きな曲なのだ。

ラプソディー・イン・ブルーといえば『アメリカ交響楽』

『アメリカ交響楽』を見たのはずいぶん昔だけど、すごく面白かった!
DVDになってるのかな?

ジョージ・ガーシュインの伝記もので、
最後にラプソディー・イン・ブルーを演奏するとこが
ものすごく良かったし、印象に残ってる。

ジョージ・ガーシュインの死後、
追悼コンサートかなんかの場面がラストなんだけど、
オスカー・レヴァントがオーケストラでピアノを弾いてて、
オスカー・レヴァントの指のアップからカメラがどんどん引いていって、
オーケストラが見え、ホールが見え(野外のステージだったのかな?)、
町が見え、町の灯りやネオンなんかがちらちら見え、
どんどん引いて最後には星の渦みたいなのになっちゃう。

カメラが空に吸い込まれるようにどんどん引いちゃう。
どんな風に撮ってたんだろ?

オスカー・レヴァントも好きな俳優さんで、
初めて見たのは多分「巴里のアメリカ人」。

ジーン・ケリーの親友役だった。

次が「アメリカ交響楽」かな?それとも「バンド・ワゴン」かも。

どっちにしてもオスカー・レヴァントはこの3作でした見たこと無い。
でも好き。

3作共に共通してるのが、主役の親友役ってこと。
すごい顔した人だけど、いい味出してる。

その中でも「アメリカ交響楽」は実在する人物の伝記だから、
オスカー・レヴァントは自役自演。

ほんとにジョージ・ガーシュインと仲良しだったらしい。
ピアノ弾きだしね。

ティム・ロビンスも好きな俳優さん。
『ショーシャンクの空に』はめちゃめちゃ良かった。

この間あおぞら家で『ザ・有頂天ホテル』を見たときにもちょっと話題になったんだけど、
三谷幸喜は小林聡美と夫婦っていうところがポイント高いよねって話になって、
そういう意味ではティム・ロビンスも
スーザン・サランドンと結婚してるところが評価できるのだ。

決して美しいというカテゴリーには属さない人だけど、魅力的。
『テルマ&ルイーズ』はかっこよかったな。

美女と結婚しまくりのトム・クルーズなんかとはちょっと格が違うのよ!

私の周りの女性たちは素敵な人が多い。
決して美人揃いではない。

でも、彼女たちと結婚してるというだけでその夫を評価できちゃう。
彼女たちを伴侶に選んだ人なら大丈夫って感じで。
彼女たちを愛する目を信頼できるのだ。

表面の美なんてなにさ。
・・・と言いつつシミとりには行く私。
[PR]
by happanappamama | 2006-11-27 23:36 | TV、CM | Comments(0)
ワイズ杯サッカー
今日はワイズカップでした。

朝8時40分の集合から夕方4時まで。
ほぼ全日立ちっぱなし。

ギックリ腰のカラダにはちょっと無理があり、
書きたいことはいっぱいあるのに、ちょっともう限界。
f0169643_043996.jpg

今日の感想を一言申し上げれば、
BBは本当にしっかりしてる!ということ。

happaよ。めざせBB。
[PR]
by happanappamama | 2006-11-26 10:39 | にっき | Comments(1)
イテテ…
昨夜のこと。
玄関の散らかった靴を揃えようとしゃがんだ拍子に 腰に激痛。
もしかしてギックリ腰!?
しばらく「イテテテ・・・」とその場から動けず。

幸いにして軽いもののようで、その後歩くことにはあまり支障を感じないけど、
中腰、前かがみ、背中をそらす、床のものを拾う、起き上がる・・・などなどの
動作がツライ。

最初に無理すると後をひくらしい、とネットで読んで
今日はプールをお休み。
代わりにあおぞら家でシャーマンランチをご馳走になりました!
朝あおぞらちゃんと電話で話してたら、出勤前のジジ男が
「ギックリ腰でもランチには行けるんだね。」だって!
そうなのだ。どうだ!

シャーマンスープはと~ってもおいしかった!
こんど作り方を教えて欲しいです。
ケータイで撮って、画像をアップしたかった、と食べ終わってから気づいた。
こんどは抜かりなく行こう。

腰の痛みは昨夜に比べると、今はその3割程度。
這うほどひどくならずに済んで幸いでした。

夕方、銀座に髪を切りに行ったんだけど、今日はひさしぶりに
nappa連れでお邪魔したら、nappaが
「ママはきのうギックリ腰になったんだよ!!」と大声で宣伝し、
平日の中途半端な時間で比較的空いていた店内で注目を浴びてしまいました。う~ん。
おしゃれな若者がてきぱき働く銀座の店。う~ん。
ギックリ腰をテーマに、しばし3人くらいで盛り上がってしまった。

あしたはnappaの学芸会。
彼女はhappaが一年生の時と同じ、アメンボ役。
自分のセリフはひとつしかないものの、
劇のほとんどのセリフを覚えて、家では劇団ひとり状態。
気合充分です!

明日、楽しみにしてるよ!nappaちゃん♪
[PR]
by happanappamama | 2006-11-25 00:03 | にっき | Comments(0)
あと一日
happaの試験は明日で終了♪よかった、よかった。

昨夜、happaが今日の試験科目だった歴史を勉強してるとき、
白河天皇とか後白河天皇とか名前が似てるのはなぜ?みたいな話になって

「後鳥羽上皇とかも出てくるけど、前に鳥羽天皇という人がいて、
後から天皇になる人だから後鳥羽なんじゃないかな、多分。」とかなんとか
適当に説明していたら、それを聞いていたジジ男が

「それって新加勢大周って感じだね」

そう来たか!きみの目のつけどころにブラボーと言いたい。
ワタシ的にはかなりヒットでした。

明日試験が終わって、お昼ご飯を用意したら私の心労も終わります。
・・・まあ、明日は2教科だし、大変なのは今日までだったので
もう肩の力は抜けちゃったんだけど。

明日は晴れてゆっくり友だちと遊べるhappaくん。
(試験中も毎日誘いの電話だけはかかってきた。
 「何考えてるの!!??」と私に却下されてたけど。)
誘ってくれる友達は、みんな余裕なのか捨てているのか、そのへんは不明。

私も久しぶりに開放感を味わう予定です。
[PR]
by happanappamama | 2006-11-21 22:04 | にっき | Comments(0)
疲労してはいられない
明日からhappaの後期中間。
なぜか私が疲れてます。

今日は朝から塾の自修会に行くはずが、
進み具合が心配で自宅で勉強させることに。

正解でした。

恒例になりつつかるけど、
今度も試験前日に心臓に悪い事態が続々・・・。

今日は一緒に明日の英語をやった後、
happaが理科をやってる横で
私が歴史の教科書をさらい読みしてあさっての社会に備えました。

なぜ私が教科書を!

おまけにまとめのメモもしちゃったりして、私が100点取れそう。

それにしてもhappaくん、準備の詰めが甘い!!!!!

私にコテンパンにたたかれてしょげ返っているhappaも哀れだけど、
あさっての夜までこの心労が続くかと思うと、
週末気分はありませぬ。
[PR]
by happanappamama | 2006-11-19 18:43 | にっき | Comments(0)
『THE・有頂天ホテル』
今日、”シャーマンと愉快な仲間たち”もとい、"シャーマンと変な人たち”(勝手に命名)で
お昼ごはんを食べつつ「有頂天ホテル」を見ました。

公開されているとき、「見たいな~」と思っていたのに見なかった映画だから
楽しみにしてたけど、面白かった!

個々にはあまり関係の無い人たちが、
ある限られた空間のそれぞれの場所で繰り広げる
それぞれのエピソードを追っていくという形式は
必ずしも「グランドホテル」が始まりではなくて、
その以前にもそういう形はあったらしいけれど、

同じ舞台設定という意味では「グランドホテル」も見たくなってきた。
コメディーじゃないけど。

いま巷で安売りしている往年の名作DVDでも
「グランドホテル」は見かけたことないし、
レンタルではなさそうだし、どこかで見たいなぁ。

「有頂天ホテル」の中でも
グレタ・ガルボとかジョーン・クロフォードとか
バリモア(ジョン・バリモア?ライオネル?)という名前が出てきた。

ホテルのスイートがそう名づけられて、ドアに名前が書かれていたのだ。

いろんなところに小ワザが利いてて、遊びがあって、
作ってる人たちは楽しいだろうな~
というのが伝わってきて、楽しい映画でした。

ヒッチコックみたいにどこかに三谷幸喜が出てたりして。

午前中はそんなこんなで楽しく過ぎて
鼻歌歌いながら帰ったけど、
午後はなんだかいろいろ大変で、
う~ん、午前中の気分は何処へ行ってしまったの?という感じ。

学校に二回も忘れ物を取りに行く羽目になったり、
その他もろもろ大変でした。

今日は、夜、ちょっと前に録画しておいた硫黄島関連のドキュメンタリーを見て
戦争とか憲法とかついて考えたり、
最近続いているいじめによる自殺のことを考えたり、
頭を使ってちょっとクタクタ。

いじめ自殺については、
同じ年頃の子どもを持つ身としてはちゃんと考えなければと思う。

自ら命を絶つことを選択してしまったそれぞれの子どもたちのことも、
その親御さんたちのことも、考えると締め付けられる思いがする。

いろんな考えがワ~~~~っと押し寄せてきて処理しきれないけど、
ちゃんと考えて、できることをしよう!と思ったのでした。
[PR]
by happanappamama | 2006-11-16 23:19 | えいが | Comments(0)
寒い!
今日の午後は寒かった!
nappaが帰宅して宿題が終わった頃、Mちゃんより電話があり
木場公園で一緒に遊ぶことに。

昨日もピアノのあと遊んじゃって
夕飯がいいかげん遅くなってしまったこともあり
「今日は5時には帰るよ。5時ね。」
などとnappaに念押ししたにも関わらず
母たちもおしゃべりに夢中になり、寒風の中6時半まで。

そのあとの雨のことを考えると、
不良娘と不良母はリミットぎりぎりまで遊んで
家路についたのでした。

happaくんは来週より後期中間で連日9時過ぎまで塾で自修会。
昨日も今日も、happaが不在なのでちょっと気が緩み過ぎたかも。

それにしても
Mママとは結構頻繁に会ってしゃべる機会があるんだけど、
話題って尽きないね~!

happaの中間では、
ぜんぜんアセリのないhappaに母が気をもむ毎日。

私が試験を控えてるような重~い気持ちに。
う~ん、胃が痛い。

昨夜、お友だちのブログを覗いていたら、
子どものころの日曜朝の過ごし方が話題に上っていて、
私も自分の子どもの頃の日曜の朝がパッと目に浮かんだ。

いっぱいいろんな光景を思い浮かべて幸せなキモチになった。

ここにも書いておきたいけど、ものすご~く眠い。
続きは後日。
[PR]
by happanappamama | 2006-11-15 23:27 | にっき | Comments(0)
オレンジは好きかい?
おととい昔のCMのことをここに書いてから、
なんかいろんなCMのことを思い出してとても懐かしい気持ちになった。

資生堂のCMのことはその時あんまりちゃんと思い出さなかったんだけど
中央道のコメントを見てからいろいろ考えたら、
思い出深い、記憶に残るCMがいっぱい思い出されて嬉しくなった♪

彼女の言うように、CMを語るときサントリーと資生堂ははずせないね。

子どものころ、すご~く好きだったのが、
♪ラララ は~るの心が伝わるなら~ば~ 早く帰ってきておく~れ
 春が聞いてたよ オレンジはぁ好きかい?♪♪
というヤツ。

後にリリィが歌っていたと聞いてびっくりした覚えがあるけど
オレンジ系の口紅が前面に出たキャンペーンだった。

のどかな感じが好きで、
学校の帰り道なんかによくそのフレーズを唄ってた。

CMには外国人のそばかすがありそうな元気風女の子が出てて、
オレンジっぽいメイクでオーバーオールみたいのを着てた記憶が・・・・。

違うかな。

あと、小林麻美が出てた「マイ ピュア レディ」とか、
どんな画像かは忘れちゃったけど
南沙織が歌ってた「♪I've benn mellow」っていうのもよかったな。

春の予感っていうコピーだったと思う。

「揺れるまなざし」は妖艶な雰囲気だったし、
「夢一夜」は和の感じが良かった。
「時間よ止まれ」もなかなか夏の気だるい感じが好きでした。
「微笑みの法則」も、柳ジョージの声が好きだったから印象に残ってる。
Smile on me~っていうやつ。

思い出そうと努力すると、
止め処もなくいろんなCMを思い出して
楽しくなっちゃう。

ヤクルトの昔のCMで
「♪最初のパンダは白かった
    ~笹の葉山のパンダ君、毎日ヤクルト 飲んでるかい?グビッ!♪」
っていうのを昨日思い出して、ジジ男に聞いたら彼も覚えてた。

フルコーラス唄ったら、「よ、よく覚えてるね」ってちょっと引いてたけど。

今のCMはほとんど見てないような気がするけど、
よく見てたらきっと後々思い出に残るものがあるかもね。

私が覚えてる昔のCMも、そのころ自分はこんなことしてたっていう
自分の歴史も一緒に懐かしく思い出す、という部分もあるのだろうから
自分の子育ての歴史をCMと共に思い出すっていう日も来るかもね。

自分の平凡な歴史にさえ、いっろんなことが詰まってるんだから、
生きているってスゴイ。

・・・とCMの話の後にしては高尚な締めでした。

でもほんとにそうなのだ!実感。
[PR]
by happanappamama | 2006-11-10 23:53 | TV、CM | Comments(0)
雁風呂
このあいだnappaがMちゃんと遊んだときに、
Mママといろいろ話をしてて、
何の話をしてたか忘れちゃったけど、
サントリーのCMで昔やってた「雁風呂」を思い出した。

小さいころ見たCMの中ではとてもインパクトのあるもので
でも記憶の奥底に長~い間沈んでいたんだけれど、
ハタチくらいのころ再見して記憶が蘇って以来、
あのCM良かったなぁって、ときどき思い出す。

山梨の白州にあるサントリーのディステラリーに、
昔、CMのビデオライブラリーがあったんだけれど
(今もあるのかなぁ?あったら嬉しい!)
「ウィスキー特級」「ウィスキー2級」「ビール」とかカテゴリー分けしてあって
それがまたすご~く面白かったんだよね。

「雁風呂」は山口瞳(もう亡くなったと思うけど、黒澤明っぽい風貌の作家)が
くら~い背景のところ(記憶では夜の海っぽいけど、違うかも)で
ウィスキーを飲んでいて(多分、オールドか角)、
津軽に伝わる「雁風呂」の風習のナレーションのあと
「あわれな話だなぁ、日本人て不思議だなぁ」とつぶやくというもの。

「雁風呂」の風習は、
言い伝えによると、
雁は海を渡るとき、波間に浮かべて羽を休めるために
各自小枝をくわえて飛んでくるんだそう。

北から渡ってきた雁が津軽の浜にそれを落として、
また更に南へ飛んでいくんだけれど、
また北へ帰る季節が来ると津軽の浜で
その小枝を拾って飛んでいく。

雁が去ったあと、
津軽に再び戻る前に力尽きた雁の分の小枝が
浜に落ちている。

死んだ雁を供養する意味をこめて、その小枝でお風呂を焚くというもの。

調べたら、
実際は雁は小枝を加えて海を渡るということはないそうなんだけど、
そういう風習はちゃんとあるらしい。

浜に落ちた小枝を見て、北に帰ることのできない雁を思う津軽の人の風習は
ほんとうに「あわれな話だなぁ、にっぽん人って不思議だなぁ」っていう
つぶやきに共感できる。

サントリーの昔のCMってすご~くいいのがたくさんあったんだよね~!

私のすごく好きなのは多分80年代の中ごろの「ローヤル」あたり。
マーラーの「大地の歌」をバックに、墨絵(日本のじゃない。多分、朝鮮半島風。)の
仙人みたいな人が雲にのってピュ~っと移動するアニメーションのもの。

もう一度見たい!!!

「ウィスキーに重なる音楽 サントリーローヤル」っていう
コピーだったと思う。

その少し前に「ランボー」(こう書くとなんかスタスタの映画みたいだね。詩人のランボオです)
とか「ガウディ」とか「ファーブル」とかがテーマのウィスキーのCMがあったけど、
マーラーのが一番よかったな。

「ランボー」は砂漠で大道芸みたいのをやってる一座風の、
火を吹く男とか、天使の姿をした小さな女の人とかが出てた。

「顔がある」っていうオールドのCMもよかったな。
夜汽車で旅行している人のやつも。

オールドのあの有名な哀愁漂う音楽もいい。

小林亜星が作曲したと始めて聞いたときにはびっくりした。

「魔法使いサリー」も、「パッとサイデリア」も「オールド」もやるんだから
守備範囲の広い作曲家と言えるでしょう。

寺内貫太郎じゃないのねっ!才能あるのねっ!

最近はあんまりテレビを見ないせいもあって、
印象にのこるCMって思い浮かばないけど
CMって時代を映してるなぁって思う。

特にサントリーはセンスが光ってました。
[PR]
by happanappamama | 2006-11-08 22:05 | TV、CM | Comments(0)
成長
日曜の七五三で、nappaが美粧に入るのを待っているとき
nappaの前にいろいろやってもらっていた子を見ながら、
「かわいいねぇ~」「きれいだねぇ~」を連発していたら、
nappaが
「あんまりジロジロ見て、かわいいとか言っちゃダメ!
ママだって人に覗かれていろいろ言われたらイヤでしょう?」

とのたまった!最初は
「だって、かわいいんだもん。誉めてるんだからいいじゃない。」
などと大人気ない返答をしたものの、彼女の言い分はもっともだと納得して
「ハイ。気をつけます。」

nappaに叱られてしまった。彼女の成長を感じた事件(?)でした。

nappaは本当に周りの様々をよく見てる。
教えなくてもセモラ(台所用の練り状せっけん)を使って
洗いものをして、拭いて、片付けてくれたり、雑巾がけをしてくれたり。
私がしていることを見て、ちょっと先回りしてやってくれる。

今日が何月何日で、明日はテストがあるとかちゃんとわかってる。

そこは、あんまり自分の周りの状況を把握していないhappaと違うところ。

ま、happaは細かいところにはほとんど目がいかないけれど、
私が押さえて欲しいと感じているものごとの本筋は、
ちゃんと捕らえてる(ように見える!)ので
これも個性というものでしょう。

全然関係ないけど、今朝ジジ男と話していたら
突然彼が「ゴロンボ刑事、ゴロンボ刑事!」とか言い出した。

そう、知る人ぞ知る「カックラキン大放送!」のショートコント。

そこでひとしきり「ラビット関根がカマキリ拳法とかやるんだよね~」
「車だん吉はいつも最後に殺されちゃうんだよね~」などと盛り上がったあと
「野口五郎のときはゴロンボ刑事だったけど、郷ヒロミの時はなんていう名前だった?」
ということが話題になり、判明せぬまま彼は仕事に出掛けてしまったんだけど、
なんていう名前だったんだろう?気になる~!

朝からくだらない話題で盛り上がる我が家でした。
[PR]
by happanappamama | 2006-11-07 11:20 | にっき | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル