ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
夏キャンプ その1
今回のキャンプは7月21日(土)の早朝に出発。
例年は家族一同当日を待ちきれずに夜中に出発して、
夜が明ける頃にはキャンプ場周辺にスタンバイしているって感じで
全員はやる心を抑えきれない状態なんだけど、
今回は至って常識的に行動。

ま、今回はジジ男くんの仕事が忙しくて帰宅が夜中の3時過ぎだったということもあるし、
準備が押せ押せで私もその頃まで荷物を作ったりしていたので
二人とも少しは寝ないと運転が怖いということもあったんだけれど。

お弁当には手が回らず朝ドヤドヤとコンビニで調達。

でも、9時半ころには無事現地周辺に到着。
出発するときは雨は降っていなかったけど、
東京を出たあたりでとうとう降り出し、東北に近づくにつれて雨脚も強くなるみたい。
う~ん、またしても雨。
ま、いいのだ。必ず雨に遭う我が家の装備には、カッパも長靴もちゃんと必需品として入ってる。
設営の時に降ってても、すぐ温泉につかればいいんだもん!

インター近くのスーパーで足りない食材を調達してキャンプ場へ。
雨の中の緑が眩しい。
雨ばっかりっていうのはやっぱりがっかりだけど、キャンプの雨、キライじゃないのです。
雨が煩わしくないよう準備していけば多少の雨は大丈夫。

もちろん、ものすごい大雨が続くとさすがに心配になりますが・・・!
(一昨年のキャンプでは大雨で長年使っていたテントが浸水! 現地で新しいのを買おうかとまじめに考 えました。)

サイトに入って、さあテントを建てよう!という時に
我が家のサイトのすぐ近くの木にクワガタやらカブトムシやらがたくさんいるのを発見して、
一同コーフン!しかもオス!ツノが付いてる!
毎年虫はたくさん居るんだけど、甲虫類の王者はあんまり見つけられないのだ。
居たとしても小クワガタくらい。
f0169643_1531145.jpg

そこでカブトムシのオスを見たのは初めてかも??
ミヤマクワガタもいて、すごく大きい。

それが、労せずサイト近くの立ち木の樹液に群がっているのを見つけられたんだから
子どもたちは大喜び。
その後、日に何度もその立ち木をチェックしに行ってたけど、
朝から晩までいつもチョウチョやらスズメバチやらカブトやらクワガタやらが、
樹液争奪バトルを繰り広げていた。

それにしても、その場所は毎年歩いて通っているはずの場所なんだけど
いままでそんなに樹液が出てるのも、虫が集まっているのも見たことがなかった。
年によって樹液の出って、違うものなのかな?
今年は例年より早い時期のキャンプだから単に時期がズレてたってことなんだろーか?

ひとしきりコーフンした後、いよいよ設営。
幸い設営の時にはほとんど雨は降ったり止んだりの霧雨程度で、
あんまり雨に煩わされることなく、数日お世話になる寝室とリビングスペースが出来上がった。

設営が済んだらちょっと一服して、みんなで温泉へ。
この場内の温泉がすごくいいんだ。
ぬるぬるのお湯で、お肌すべすべ!
子どもたちは毎年、日に何度も温泉に行く。

夏休み初っ端だからかキャンプ場自体が比較的空いてるし、当然お風呂も空いてた。
私たちがいつも泊まるサイトはBサイトという場所で20区画くらいに分かれているんだけど、
その日埋まってる区画は5つくらい。
(しかも日曜には3区画は帰っちゃって最終日まで静か~なキャンプでした)
他のテントサイトもとても空いてた。

夕暮れはヒグラシ、夜はヨタカの声くらいしか聞こえない。
カナカナカナカナ・・・・っていう声が心地いい。
夜中に聞こえるキョキョキョキョっていうヨタカの声も
最初は「なんだろう??」って不気味に聞こえたりした。
でもヨタカってことがわかってからはなんだか親しみを感じるし
聞こえてこないと「どうしたんだろう?」って心配になる。

知るっていうのは大事なことだ。
知ることが自然と仲良くなったり、大事にしたりする事に繋がっていく。
f0169643_1532664.jpg

そうして初日は暮れていき、夜はランタンの灯りの下、恒例の炭火焼肉となりました。

小雨が降っていたので、残念ながらタープの中。
でも、外で食べるごはんはとにかくおいしいんだな。
子どもたちもモリモリ食べて、用意していったお肉も野菜もすべて完食。
たいてい少しは残ってしまうんだけど、今回は全く残らず。
見事な食欲でした。

朝早かったことも、興奮したこともあり、
この日はみんな早々にシュラフに潜りこんでぐっすり眠ったのでした。






コメント(6)
お早う御座います。キャンプ楽しそうですね。昔のことですがうちも4人の子供つれて夏は毎年キャンプでした。大抵夜中に出て朝に目的地入りしてましたねー。今でも子供達よくその話でますよ、いい経験になってくれています。

2007/8/1(水) 午前 7:57 [daxaki]


こどもはキャンプに限らず、野外が好きですね。
そして外での生活は本当にいい経験になっていると思います。
普段ゴミゴミした都会で生活している我が家のような家族にとっては貴重な自然体験です。

2007/8/1(水) 午後 10:24 [ はっぱなっぱ ]



キャンプに行くと、みんな元気になるのね。
なんか嬉しい日記でした。
わくわく感が伝わって、私もわくわく。

2007/8/2(木) 午後 10:52 [ のりまきおいしい ]



子どもとの一瞬一瞬が大切ですね。
巣立っていけば思い出の中でしかありません。

2007/8/3(金) 午前 1:09 [テンション]



のりまきちゃん。
キャンプに行くとみんな元気になる、その通りだ!
つい今しがたhappaが
「あ~、なんか急にあだたらでキャンプしたくなってきた!行きてぇ~!」
って雄たけびをあげてたよ。

2007/8/3(金) 午後 9:32 [ はっぱなっぱ ]



テンションさん。
happaとはもう何回一緒に行けるか、秒読み段階という気がしています。
一緒に行ってくれるうちにたくさん行かなくちゃと思ってしまいます。

2007/8/3(金) 午後 9:34 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-07-31 18:03 | キャンプ | Comments(0)
終わっちゃった~!
f0169643_1527864.jpg

f0169643_15272870.jpg

昨日、東京に戻りました。

昨日も取りあえず2回戦洗濯機を回したけど、
今日も何回回したことやら!

キャンプ中に2回は洗濯してるのに、どういうことだ!?

おまけに撤収のとき向こうは雨で
テントやらタープやら濡れたままで
シュラフも湿っぽいまま積んできたので
今日はいろいろ天日干し。

我が家のベランダにはそんな大物をいろいろ干せるスペースはないので
実家のスペースを借りて乾かしました。

午前中は洗濯に追われて、午後から行ったので
タープは干せなかったけど
テントとシュラフはバッチリ。

タープは明日干させてもらおう。

これで安心して次回のキャンプを迎えられます。

楽しいこといっぱいで、
やっぱり外での生活はいいなぁ~と改めて実感。

今回は例年より短めの日程でちょい、物足りなかったけど
何日居ても物足りなさは残ってしまう。

それにしても、我が家のキャンプには雨が付き物で
今回も6日の内4日は雨にやられました。

終日雨ってことはなかったんだけど。

もしかしたら、キャンプ場の地形が雨になりやすいとか、そういうこともあるのかな?
台風に見舞われたことも何度もあるから、このくらいの雨は全然いいんだけどさっ!

でもやっぱりスカッと晴れると気持ちいいし、
太陽の恵みを感じる。

太陽は偉大だ。
太陽だけじゃなく、外に居るとそんな当たり前なことをキッチリ実感できる。

最初の3日は降ったりやんだりでシュラフを干せず、
湿っぽいシュラフにくるまるとどうしてもお天気が恨めしい。
ちゃんとシュラフを干せると、ふかふかの寝床の寝心地で
やっぱり晴れてるっていいなぁと思わされる。

いろいろ書いておきたいことはあれど、
今日はキャンプの残務整理で暑い中いろいろ動いたので
もう眠くてたまらん。

キャンプの間のいろいろは是非残しておきたいから、明日は頑張って書き留めよう!






コメント(8)


6日間もキャップするんだ~。短めなの~。楽しそうだけど、私だったら疲れてしまいそう。でも雨が多かったのは残念でしたね。今年は梅雨あけが遅いから。
最初の写真で、はっはなっぱままさんと旦那さんのラブラブのショットかなと思ってしまいました。もういっぱしのお子ちゃまですね。

2007/7/27(金) 午後 11:12 [子連れ登山]



ホント。ラブラブ写真にドキッとしてしまいました。
夜、火の明かりなんて、いいねえ。6日もキャンプか~~いいねえ。
明日の日記を楽しみにしてます。

2007/7/27(金) 午後 11:44 [ のりまきおいしい ]



子連れさん。
夏のキャンプは毎年8~9日間を予定して出かけるんです。
テントやらなにやら設営したり撤収したりを考えると、
短期間じゃもったいないんですよ~。
雨も一日おきくらいなら楽しめるのですが、連日だとさすがに
お天気が恋しいですねぇ~。

2007/7/28(土) 午前 10:14 [ はっぱなっぱ ]



のりまきちゃん。
そう!この夜の焚き火だったり、ランタンだったりの灯りがいいんだよね♪
炎は気持ちを落ち着かせます。

それにしてもラブラブ写真に見えるのね~、この写真。

happaとnappaが虫をかぶりつきで眺めているところです。
毎年、虫との別れの瞬間が泣かされるのよ~。

2007/7/28(土) 午前 10:18 [ はっぱなっぱ ]



おかえりなさ~い♪
この2枚の写真だけでもすごく伝わってくるものがあります。
いつも想います、キャンプの似合う家族ベスト1☆

2007/7/28(土) 午後 10:42 [ boubou ]



boubouさん。
それは身に余る光栄、最大の栄誉です♪
でも実は、何年キャンプをやっててもいつもドタバタして、
万年初心者キャンパーの域を脱せないでいるのです~!

2007/7/29(日) 午後 0:08 [ はっぱなっぱ ]



穂高から一日早く降りてきました。
おかげでシュラフもテントもばっちり乾きましたよ。

2007/7/29(日) 午後 10:31 [テンション]



テンションさん。
テント担いで山はすごい!の一言に尽きます。
山岳競技のとこでも思いましたけど、そこまでして登らせちゃうのが
山の魅力なんでしょうね。

我が家はタープ、まだ乾かしてません!
カビないうちに早く干さなきゃ~

2007/7/30(月) 午後 10:07 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-07-27 21:34 | キャンプ | Comments(0)
河合隼雄さん
河合隼雄さんが亡くなった。

今朝新聞を読んでいて、思わず「あっ!」と声を出してしまった。

去年のいつ頃だったか、脳梗塞かなにかで倒れたというニュースを読んでから
回復したという報道も聞かないし、
どうしているだろう、と時々気になっていたんだけれど。

この方の本は、たくさん読んで、いろいろ学んだ。
初めて名前を意識したのは、
多分、岩波の「図書」という雑誌で、宮崎駿ともう一人、だれか女性と3人で
児童文学について鼎談していた記事だ。

その後、神田の神谷書店の薄暗い書棚で「子どもの宇宙」に出会った。

のだと思う。(逆だったかな?)

「子どもの宇宙」はとてもおもしろくて、
素人の目線に降りてきて綴られる文章はとても読みやすかった。

この方の
児童文学についてのお話も、専門の心理学や箱庭療法についてのお話も
ネイティブ・アメリカンについてのお話も、
神話のお話も、
私にはとても興味深いものばかりで、
学者っぽくない語り口がとても好きだった。

お亡くなりになったということは、もう新しいものは読めないということだ。

その風貌や、印象から
どこか遠くの偉い人、と言う感じがしなくて
知り合いの叔父さんが亡くなったような気持ち。

とても残念です。

私にいろいろな示唆を与えてくださって、ありがとうございました。
心から、ご冥福をお祈りします。






コメント(2)


私も河合隼雄さんにはお世話になりました。
出会いは高校生(中学かな??)の時の国語の教科書。
その後アメリカで心理学の授業を3つも取らなくてはいけなかった私は、
辞書に載っていない言葉ばかりと毎日格闘していました。
そんな時、河合さんの分かりやすい本を参考書代わりにしたんです。
私が卒業できたのは河合さんのおかげ。
他の著書も是非チェックしたいと思います。
心よりご冥福をお祈りします。

2007/7/23(月) 午前 11:51 [ うさぎ ]



うさぎ!
教科書に載っていたというのは、どんなものだったんだろう??
覚えていたら教えてくだされ。

ぜひまだ未読の河合隼雄さんモノを読んでみてください。
児童文学について書いてある本はどれもとてもおもしろいよ。
文章がエラソーじゃなくて、とても親しみが持てるよね。
まだまだ長生きして、いろんな示唆を与えて欲しかった人です。

先週末からキャンプに行ってて、久しぶりにブログを開けました。
うさぎのコメントを見つけて、嬉しかった♪

2007/7/27(金) 午前 10:34 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-07-20 15:15 | つれづれ | Comments(0)
『熱き心に』
happaと二人で学荘の打ち合わせ会に行った日。

ジジ男とnappaはお留守番で、
今週末からのキャンプに持ってく大きな荷物を
我が家の荷物をゴマンと置いてもらっているじーじの会社の倉庫から
我が家の車に積んどく作業をしてもらった。

その時にジジ男くんが、倉庫で
むか~し聞いてたカセットテープを見つけたらしく
大量に家に持って帰ってきた。

う~ん、タダでさえ捨てなきゃならない、片付けなきゃならないものでいっぱいの我が家。

持って帰ってくるな~!!と思ったけど、
中に、なつかしいテープがあった。

結婚したばっかりで、ジジ男くんがまだ北海道のYに勤めていた頃、
ジジ男の大学の友だちが地元のラジオ局のDirをやってて、
頼まれてジジ男が出演した「きせひろしのどんと歌謡曲」(??)

なんか職場からパーソナリティのきせひろしさん(?)とおしゃべりして
お弁当を紹介して、一曲リクエストするというもの。

それを録音したテープがあったんだ。

聞いてると当時が思い出されて、すご~く懐かしかった。

ジジ男くんは思いっきりよそ行きの声としゃべり方で、
お弁当の中身もただのスーパーで買ったホタテなのに、
「サロマ湖のホタテ」とかハッタリをかましていたり。

リクエストした曲が、「熱き心に」。

本当は違う曲をリクエストしたかったらしいんだけど、
件の友だちに「トラックの運ちゃんが聞いてる番組だから、そのへんを考えろ」と言われたらしい。

で、小林旭。

でも、この曲、私大好きなんだ。

「スター誕生!」ではいつも辛口コメントの阿久悠先生が作詞。
(思えば、松田トシ先生とか、都倉俊一先生とか、みんなナニモノだったんだろう???)
で、作曲は大瀧詠一。

流行ったのがいつごろだったのか、ちょっと覚えてないけど
AGFのコーヒーのCMで使われてた。

近くに森もある村の中の水辺みたいな風景をバックに
男の人がコーヒーを飲んでるような映像だったと思う。

この「熱き心に」のコブシの効いた声が
その映像とはミスマッチなようで、
でものびやかな感じが、ゆったりとコーヒーを飲んでいる自然の中の風景に
実はマッチしていた。

で、私はよく車の中でこの曲を聞いたのだ。
CMと似たような北海道の田舎の風景の中で。

この曲を聴いてると、そんな当時のことをいろいろ思い出す。

大瀧詠一の演歌系は、「冬のリヴィエラ」もよかった。

このあいだ、あおぞらちゃんのページで
懐かしい曲のことを書いているのを読んだこともあり、
ちょっと懐かしミュージックモード。

そういえば、例のカセットの中に昔の洋楽もたくさんあって、
リック・アストリーとか、もうレンタルにもないようなのが出てきておもしろかった。
「この人、西川きよしの息子みたいだったよね~」と
スーツ着てスイングしつつ歌うとこを真似てみたり。

私はトーキング・ヘッズとエルビス・コステロが大好きだったんだけど、
そういえば最近聴かなくなっちゃったなぁ。
CDどこかなぁ。

キャンプ用に、いろいろ借りてきてジジ男くんにベストを作ってもらおう。






コメント(4)


懐かしい名前がずらりと並びましたね~。
と言いつつ、私の車にはフォークソング中心に昔のものばかり。
中島みゆきのベストなんかかけてると子供たちも好きになりました。
すごい骨董品一家です。

2007/7/19(木) 午前 0:44 [子連れ登山]



トーキング・ヘッズにエルビス・コステロですか!?えー私も大好きです☆
いいですよね~♪大滝さん『さらばシベリア鉄道』とか大好きです。

2007/7/19(木) 午後 9:02 [ boubou ]



子連れさん。
我が家の車もものすご~く古い曲、いっぱい乗っけてます。
最近はhappaがイマドキの音楽を聴くので、新しいのも増えましたが。

小さい頃はクイーンからPPMまで、聴こえてきたままへんな英語で歌っていました!

2007/7/19(木) 午後 11:30 [ happanappamama ]



ぼんちゃん!
なんかすご~く親近感を覚えます!!!
井上靖にしても、トーキング・ヘッズにしても、エルビス・コステロにしても
大好きと言ってくれる人、あんまり回りにいなかったのに♪

happaは「シベリア鉄道」を聴きたいとき、
よく「仮面ライダーの歌、かけて」と言っていました。

彼的には「仮面ライダー」っぽかったのでしょうが、なんとなく
キブンはわかるのです。シベリア、私も好きです。

「雨のウェンズディ」も好き。

2007/7/19(木) 午後 11:36 [ happanappamama ]
[PR]
by happanappamama | 2007-07-19 00:14 | おんがく | Comments(0)
野尻学荘
今日はhappaの学荘の打ち合わせ会だった。

happaはキャンプ本番は楽しみにしてるけど、
打ち合わせ会は「友だちと遊べないし、なんかめんどくさいなぁ~」的反応だった。
しかし、当然二人で参加。

帰って来る時は
「やっぱり今日行ってよかったぁ~!」と言っていた。

リーダーたちに「大きくなった」などと言われちゃって
ちょっとホクホク。

去年は一番コドモだったけど、
今年は中1の子たちがいるから自分はちょっとオニーサンなわけだし。

そんなささやかなヨロコビもあるけれど
きっと、やっぱりみんなの醸し出す雰囲気に感化されたし、
いい感じに酔ったんじゃないかな、と思う。

いろんな事ができる、アコガレの人々に久しぶりに会って
ちゃんと自分のことを見てくれて、
大きくなったって言われたり、からかわれたりして
自分の居場所を確認できたってことだろうか。

去年の打ち合わせ会のときも思ったんだけれど
学荘のリーダーたちはなんだかおもしろい。

様々なタイプの人が集っていて、
健全な青年風からオタクっぽい人までバリエーションがある。

見るからにリーダーっていうさわやかさ全開の人もいれば
おや、この人は先生かな?っていう一見おじさんみたいだけど顔はコドモっていう年齢不詳な人もいるし
思いっきり体育会系の人もいれば
ごく普通の大学生風の人も、
インテリ風でおしゃれな人もいる。

普段みんなが同じクラスにいたら
オトモダチにはならない同志なんじゃないかな、という感じで
ホントにみんなイロイロ。

幅が広~い。

でも、ちゃんと許容され、認め合っている人々という感じが伝わってくる。
なんか愛がある、と言ったら言い過ぎか??

それぞれの人の活躍の場がちゃんとある。

happaのグループのリーダーは
外遊びが好きそうな、とても感じの良いさわやかな青年でした。

そんな種々雑多な
(・・・と言ったら失礼だけど、ホントに一色ではない多色な人々の集まりだったのだ)
人々に感化されて、触発されて、いい経験をして帰ってきておくれ。

そんなヒトビトと夏の15日間を過ごした後のhappaに会うのが、今からとても楽しみです。






コメント(8)


子どもは夏に心も体も育つね。

2007/7/17(火) 午前 10:26 [ あおぞら ]



野尻学荘は男の子だけのキャンプですよね!
うさぎが中高生の頃はユースの野尻キャンプがありました。
野尻は赤城以上に自然たっぷり原始的(?)で、不便だけども
ランプの灯りで語り明かした仲間との絆はより深まります!
リーダーに見つからないように夜中抜け出し、星空見上げながら
語ったりキャンプソング歌った思い出は10年以上経つ今でも色あせません。
happaくんもリーダーに見つからないように夜中抜け出せますように(笑)

2007/7/17(火) 午前 10:41 [ うさぎ ]



happaさんに会いたい会いたい。

2007/7/17(火) 午後 8:54 [ のりまきおいしい ]



あおぞらちゃん。そのとおり!
大事な夏休み、へんな宿題でいっぱいにして欲しくないよね。

2007/7/17(火) 午後 9:20 [ はっぱなっぱ ]



うさぎ。そうです!中高男子のみ。
臭そ~だけど(そして去年帰ってきたときはホントに臭かった!)
happaにとってはすごく意味のあるキャンプだったみたいです。

そうそう、あの暗さとランプの灯りがいいんだよね。
そして、あのメインホールの佇まいでは赤城は負けちゃうよねぇ。
でも、数年前に久しぶりにファミリーキャンプで野尻に行って、
キャビンが綺麗になっていたのに驚きました。
ベッドの配置も変わってた!

考えてみると昔は江東もたくさんキャンプがあったね。
復活してほしいものです!

2007/7/17(火) 午後 9:30 [ はっぱなっぱ ]



のりまきちゃん。
あら、そう??happaに伝えておきます!
素直に喜ぶと思うよ。
これまた、ホクホクですわ。

2007/7/17(火) 午後 9:31 [ はっぱなっぱ ]



この間の父子の旅も、happaくんの野尻も、なんかとってもいい感じ。じーんと嬉しくなりました。

2007/7/18(水) 午後 7:58 [ のりまきおいしい ]



そうお??嬉しいな。
のりまき家も、なんかいい感じのペースだね♪

2007/7/18(水) 午後 11:21 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-07-16 23:57 | キャンプ | Comments(0)
体を伸ば~す
午前中、ジムに行った。

今日はあんまりワシワシいろいろせずに、ゆる~い感じなマイペース。
エアロバイクを漕ぎながらモニターに目をやると
なにやら仏像モノをやっている。

多分BS。

これはヘッドフォンを借りなければ!と
エアロバイクよりもモニターに夢中になってなんとなく漕ぐこと20分。

まだ番組は続いていたけれど、テレビ見に来たわけじゃないし・・・と
後ろ髪引かれつつストレッチ。

一通り、やる気なくマシンをしていたら
「ストレッチエリアにて、ワンポイントストレッチを開催しま~す」というアナウンスが。

そういえば、この間もそんな放送があった。

ストレッチエリアってどこだ??

・・・・と思っていたら、
なんとそこはいつもみんなが運動前後にストレッチをしている
マシンルームのただのコーナー。

年配の女性が一人しか参加していない。

私もマットを持ってトレーナーの女性の前に行き、混ぜてもらった。

私はものすご~く体が硬い。特に股関節。
それは前提としてある。

びっくり。

そこでトレーナーの女性と一緒にしたものが正しいストレッチならば
今まで私がやっていたものはナンだったのだろう???

今日は全般的にやる気のないのゆるい運動だったせいもあるかもしれないけど、
この、最後のストレッチが一番体に効いた気がする。

トレーナーの女性の体の柔らかいこと!!

とても美しい!

それに比べ、私の体の硬さは悲しすぎるほど。
彼女のしなやかさと私の錆付いたカラダの対比が恐ろしかった!

ワンポイントストレッチ。
次も参加しよう。

今日はカラダがのび~る感じを実感。

正しいストレッチは気持ちいい♪






コメント(10)


私もカチカチで、夜ストレッチしながらサメ男に「このままどんどん柔らかくなってどこまでも曲がるようになったら、この気持ちよさもなくなっちゃうのかなぁ」と言ったら。「そんなことには決してならないから心配はしなくていい」と一蹴されました。気持ちいいよね。

2007/7/13(金) 午前 9:42 [ あおぞら ]



無理なく体を動かすと楽しいのでしょうね~
私も体はカチカチです(^^;

2007/7/13(金) 午後 5:31 [むとぅママ]



正しいストレッチは気持ちいいんだ~。
今まで味わったことがないのは…正しくないからなのか~。
正しいストレッチ教えて~。ちなみに私もガチガチです。

2007/7/13(金) 午後 9:11 [子連れ登山]



あおぞらちゃん。
私は、どんどん柔らかくなってどこまでも曲がるようになる、
とはとても考えられないほどの硬さ。
背中を押してもらわなければ、ただじっと座っているようにしか
見えないのよ~!
夢見るなぁ、柔らかいカラダ。

2007/7/13(金) 午後 11:54 [ はっぱなっぱ ]



むとぅままさん。
トレーナーの女性のように、あんなに無理なくカラダが自由になれば
わたしなんて嬉しくて楽しくて、暇さえあればストレッチしているだろうと思います。
柔らかいっていいですねぇ~!

2007/7/13(金) 午後 11:57 [ はっぱなっぱ ]



子連れさん。
気持ちいいだけじゃなくて、かな~り痛かったですっ!
でも、伸びているのが自分でやるストレッチより実感できて
筋トレしたのにほとんど筋肉痛がありません!
で、おわったあとは気持ちよい。
トレーナー女史の曰く、「毎日やれば絶対柔らかくなりますよ!」
とのことなので、これからは励みます。

2007/7/14(土) 午前 0:00 [ はっぱなっぱ ]



私の課題もガチガチ体です。
クライミングにとって致命的なんです。
マジで毎晩 股割を始めました。
イテテテテテテテテテテテテテテテテテ

2007/7/14(土) 午後 6:19 [テンション]



私は小さい頃から体が柔らかいのがちと自慢でした。
でも今はなこさんのブログ読んで久々に前屈とかやってみて
愕然としておりマス、、、、こりやぁぁかなりやばい、、
これを機に私も今日からストレッチはじめます。

2007/7/15(日) 午前 11:36 [ boubou ]



テンションさん。
クライミングは見るからに柔軟なカラダが要求されそうですよね~。
きっとどんなスポーツにも、日常生活にもカラダが柔らかいに越したことはないんでしょうけれど。

2007/7/15(日) 午後 0:10 [ はっぱなっぱ ]



ぼんちゃん。
私の体が柔らかかったのは幼稚園まで。
それ以降は筋金入りの(まさに筋金が入ってるよう!)カチカチ人生です。
カラダが柔らかいって羨ましい!!!
一度その感覚を味わいたい!と願って、最近せっせとストレッチしてますが、
前途多難・・・。

2007/7/15(日) 午後 0:13 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-07-12 23:34 | にっき | Comments(0)
生きていく力
今月は夜、PTAカンケーの会合に出席する機会がたくさんあって、
ちょっと大変。

でも、先週行った青少年を薬物の危険から守るという趣旨の講演会も
行ってみたらなかなか良いお話だったし、
こういう風に「行かねばならない!」状況にならないと
なかなか聞きには行けないから、よかったかも。

今日は夜7時より、「地域交流会」というのに行ってきた。

地域で子どもたちの安全を守っていきましょうという活動をしている「地区対策協議会」という
地域の人と周辺の学校関係者の協力組織が主宰のシンポジウム。

今日のテーマは「食育」で、参加している人たちのご家庭で
食の安全について気をつけていることなどを中心に、
いろんなオハナシを聞いた。

食の安全に関するシンポジウムなので、
食に関して日頃から意識の高い人が集まるのか、
「なるほど」と思うことがたくさんあったんだけど、

ひとつとてもココロに残ったのは
私たちの分団で司会をされていた地区対の方が紹介してくれた本で

タイトルはわかんないんだけど、
世界のいろんな国々で、食べるということに関してどんな教育が行われているかということを
紹介した本の中の、
北欧(多分、スウェーデンだったと思う)で行われているもの。

「3歳の子どもに字を教えるより、自分の食べ物を調理できるようにしましょう」というもの。

北欧ってすごい。

具体的に何が??と言われるとちょっとわかんないんだけど、
日本の何歩も先に行ってるなぁ~と思うことがたくさんある。

北欧のその教育が、国を挙げてのものなのか、
それともある地方とか、ある学校とか、限定された地域の取り組みなのかはわからないけど

今の日本の、
子どもに、早期に知的な教育を与えよう与えようとする風潮を
なにか恐ろしいと感じてしまう私には
「スカッとさわやか!コカコーラ」じゃないけれど
気持ちよく腑に落ちる感じがしたのだ。

将来の為っていうフレーズを良く聞くんだけれど
子どもたちは今を生きるべきだ。

今がいつも将来の準備のために存在しているような、そんな日常はおかしい。

日本の若いお母さんたちの多くが、
自分の子どもたちの「豊かな老後」を見ているようで
なんだか怖い。
自分の子どもだけの「豊かな老後」と言ってもいいかもしれない。

豊かな・・に、人間的な豊かさも含まれていないとは言わないけど
経済的な豊かさに主眼が置かれているような気がしてならない。

経済的に安定した、豊かな生活。そのためにある今。みたいな。

今を生きることと、将来に備えることは矛盾しないと言い切る人もいるけど
そうなのかもしれないけど、
「豊かな老後」に向かう子どもたちの今が豊かであることはむずかしいような気もする。

子育てをしているとバランスがとても難しい。

「勝ち組」「負け組」なんて言葉を聞くと(大嫌いな言葉だけど)
将来に備えなきゃいけないのかな、という気も、もちろんする。
自分の子どもだけなんの準備もさせないというのは、やっぱり怖い。
備えることが悪じゃない、とも思うけど、
うまく言えないけど、大事なのは今を生きることだ。

生きていくまるごとの自分自身が大事なんだ。
生きていく力をどう向上させていくのか。

大事なそこのところだけちゃんと育ってくれれば、あとは勝手に伸びて行っておくれ。
それでいい、と思いたい。






コメント(8)


ものすごーく伝わってくるものがありました。
本当に、今の日本の子どもたちってかわいそう。
生きていく力は、他の国よりも、貧しい国の子どもたちよりも
ないんじゃないでしょうか。
北欧には、日本が学ぶべきものがたくさんあると思います。
日本よりも、学習時間は少ないけど、学力は上なんですよね。
知識だけじゃない、もっと大切なことを教わっているんじゃないでしょうか。
そういうところを、もっと見習えばいいのに、と思います。

2007/7/11(水) 午後 5:25 [ chi*s*ke_k1*7* ]



しみよです。
地方都市で育ちました。野山で勝手に遊びほうけた。
現在の状況で自分の子を見ると
水槽で飼うハムスターみたいな怖さを感じます。

北欧の考え方は根底からして違う。
社会保障や男女の平等性、性教育の部分で日本と雲泥の差があります。社会が大事にしていることが違う。


その代わり税金がものすごく高かったり、
もちろん色々良いばかりでないのですが。
多分顧客満足度をあげるより、家庭の充実を取るからあえて24時間営業の店を増やさないとかね。
単純には比較できない背景はあるけよね。

成績より、生きる力は確かに大事。

でも見習うとはどうしたらよいのだろうね。

2007/7/11(水) 午後 8:42 [ sus**mizu9* ]



ちいちゃん。共感してくれる人がいて、うれしいな♪
ホントに、もっと根本的な力が育つ教育って出来ないものかなぁと思います。
みんながそっちを向くと自分もそっちを向きたくなっちゃう国民性っていうのがあるしね。日本人。
どうも手っ取り早く形になる(表面だけでも)方法を選択しがちなところが
ありますよね。国も、国民も。

2007/7/12(木) 午前 6:54 [ はっぱなっぱ ]



しみよさん。
重量級のコメント、ありがとう♪
そう、単純に比較することは出来ないけど、取り入れられるところはあるはずだよね。
これはどうも、国がそっちを目指していないって言うことなんじゃないのかな。
親たちも、みんながそこを目指すのでなければ、自分ひとりがそっちに向かって歩いていくということは
出来ないんだと思う。
個人的に見習うしかないのかなぁ~?

2007/7/12(木) 午前 6:56 [ はっぱなっぱ ]



何に
どこに
どのように
スポットをあてて
国がなりたっているのか・・・・の違いのように感じます。


お金を儲けるなら
規制緩和で
なんでもアリに
スポットがあたっているようでは
まだまだ数歩も数十歩も遅れそうです。

2007/7/14(土) 午後 6:16 [テンション]



テンションさん。
そうかもしれないですね。
決して歴史の浅い国じゃないのに、どういうことなんでしょう?

2007/7/15(日) 午後 0:08 [ はっぱなっぱ ]



今夜の情熱大陸
観ましたか。
アレックス・カーという外国人によって
徳島県祖谷谷の古民家が守られているのです。
彼は「京都は死んだ」と言い切りました。
情けなくて
情けなくて・・・・・。

2007/7/15(日) 午後 11:44 [テンション]



残念ながら見ていません。
外国人が守らなければならない日本文化って、なんなんでしょうね??

2007/7/16(月) 午後 11:25 [ happanappamama ]
[PR]
by happanappamama | 2007-07-10 23:54 | きょういく | Comments(0)
父子の旅、顛末。
週末の「父子の旅」、
生憎のお天気で満喫・・・とまではいかなかったようだけど
3人はそれなりに海を楽しんで帰宅しました。

写真を見たら、思いっきり寒そうで
しかも他に海水浴客は皆無。
f0169643_11495267.jpg

釣り人は結構いたという話だけど、
海に入ってたのは我が家の3人のみだったそうです。

東京は全然降らなかったけど、
千葉の海はお昼近くまで降ったりやんだりの天気だったらしく、
それでも海に入って遊ぶ3人は天晴れ。
f0169643_11501473.jpg

途中、happaが学校に週末必要な教材を忘れたことが発覚し、
5時までには取りに行かなきゃ!ということがあったりして
早めに帰路につくことになったので
いつものお風呂は今回はパス。

寒空の下、海で遊んで
本当はお風呂に入ってきてもらいたかったけど、
ま、仕方ないでしょう。

私はみんなが不在のあいだ
めずらしく早起きして(・・・といってもそんなに早くもないかな。時間は伏せて起きましょう)
ジムに行き、結構時間をかけてあれこれした後、
ひたすらプールで泳ぎ続けて、気持ちの良いグッタリ感。

前日の夜は、明日はのんびり朝寝坊しようかなぁ~と思っていたんだけど
こういう日こそ、時間を有効に使わなければ!

その後はごろごろしながら本を読んだり、おやつを食べたり、うとうとしたり。

でも、前述のとおり、夕飯は一人でのんびりと・・・という思惑はハズレ
結局4人分の食事を用意するハメになってしまいました。

ま、でもホットプレートで焼きそばだったんだけどさ。

そして、賑やかにみんなのおみやげ話を聞きながら4人で食べたごはんは
やっぱり、おいしかった!






コメント(10)


父子の時間って母子の時間と全然違った意味でいいよね。
母子は母子度が増すけど、父子は限りなく同レベルに歩み寄り、
ちょっとヒト先輩が父。野外の遊びのノウハウなんて伝授して普段のチャンネル争いやスナックを巡る攻防が精算されるのだ。

2007/7/9(月) 午後 11:20 [ あおぞら ]



たまには一人の時間もほしいけど。。。。
やっぱ家族だよね(^^)

2007/7/10(火) 午前 0:06 [テンション]



いいですね~、父子の旅!きっと、特別な時間なんでしょうね。
それにしても、寒そうですよね。
そして、happaくんの後ろ姿が、すっかり大人!

2007/7/10(火) 午前 10:00 [ chi*s*ke_k1*7* ]



そらちゃん。
そうなんだよね、父子の時間と母子の時間は全く違うよね。

「スナックを巡る攻防」・・・なんか最近よくサメ男氏と一緒に出てくる映像だわ。

2007/7/10(火) 午後 11:02 [ happanappamama ]



テンションさん。
一人の時間も、家族の時間も両方大切だけど、
一人で過ごす時間をいいなぁ~と思えるのは、やっぱり家族の存在があるからなんですよね。

2007/7/10(火) 午後 11:03 [ happanappamama ]



ちいちゃん。
母というタガの外れた3人旅は、そりゃあ楽しそうです♪
家族揃って・・・っていうのも、もちろん楽しいですけど
なんでもアリの「父子の旅」は、けっこう子どもの成長に欠かせない
貴重な体験かもね、と思う今日このごろ。

水着やタオルからザラザラ砂が出てきても、パンツをとりかえていなくとも
文句は言うまい。

2007/7/10(火) 午後 11:10 [ happanappamama ]



私自身、父との旅なんてなかったので
すごくうらやましいです。
やっぱり、happanappa家はあこがれの家族です!

2007/7/11(水) 午前 0:21 [ chi*s*ke_k1*7* ]



そんな!あこがれらるような家族じゃありません!

どんな家族もオモテには出せないブラッキーな裏側というのが
あるものなのですよ~、ヒュ~ドロドロ。

2007/7/11(水) 午前 9:10 [ はっぱなっぱ ]



やっぱり家族みんながいいですね^^
海、寒くなかったのかしら?

2007/7/13(金) 午後 5:27 [むとぅママ]



むとぅままさん。
寒かったみたいですよ!
帰って来るなり、「寒かった~!」って言ってました。

2007/7/14(土) 午前 0:02 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-07-09 22:09 | にっき | Comments(0)
とりあえず
今週は慌しく忙しく過ぎて、もう週末!
・・・というよりはやっと週末、という感じだ。

今日のお昼過ぎまでバタバタして、やっと一息。

夜になってみたら、ジジ男以下2名は「父子の旅」で不在。

つまり、明日の夜までは自分のためだけに時間を使えるのだ!

布団も一人でヒロビロ占領できるのだ!

DVD見ながら寝ちゃって、明日の朝は寝坊したっていいのだ!

あしたの朝ごはんだって、お昼だって、夕飯だって、
テキトーに済ましたっていいのだ!

自分の好きなモノだけを作ったっていいのだ!

よ~し!思い切りダラダラするのだ!




・・・・でも、あんまり天気がよくないし
寒くないかなぁ~、波にさらわれたりしないかなぁ~、などと
やっぱり心配してしまうのでした。

もちろん、ダラダラしながらだけど。






コメント(9)


お早う御座います。今日は夜中に土砂降りの雨音で目がさめました。ほんと凄い雨でした。最近降るときはめちゃくちゃに降って、降らない時は延々降らないって変な気候が多いですね


2007/7/7(土) 午前 8:28 [daxaki]

でもどうして一緒に行かないんですか?父子の旅だから行ってはいけないんですか?まぁいいか。
それよりキャンプのレポは?疑問分ばかりでスミマセン。。。

2007/7/7(土) 午後 3:21 [子連れ登山]



え!?どうしてって・・・。どうしてかなぁ?
毎回誘ってはくれるんですけど、海だからかも。
山系キャンプなら間違いなく、私も行きます!

海と自分の時間の二者択一。

後ろの座席を倒してラゲッジスペースに寝るのも
4人ではちょっとキツイものが。
パパは「次はテント積んで行こうか」って言ってたので
それなら行ってもいいかな!

2007/7/7(土) 午後 10:54 [ はっぱなっぱ ]



時間を満喫ですね!
時間がありすぎると何にも出来ない事が多くって、一人になりたいと思いつつもバタバタして自分がいます(^^;

2007/7/7(土) 午後 11:20 [むとぅママ]



何もしなくてもいい時間が持てたら・・・・
なにをしようかな。
週末の空いた時間は山・海・トレーニング・・・・。
朝からノンビリ家にいたことなんてほとんどないなぁ。
たまにあいてもすぐに奥さんの支配下に入ります(-_-;)

2007/7/7(土) 午後 11:28 [テンション]



多忙な一週間、お疲れ様でしたm(_ _)m!
自分時間ダラダラまったりのんびり、貴重and必要ですよね。
きっとアッという間に過ぎてしまったのだと想いますが、満喫されましたでしょうか?

2007/7/8(日) 午後 11:33 [ boubou ]



むとぅままさん。
そうなんですよね~、何しようかな~と楽しみにしつつ、結局何も出来なかったり。
ひたすらぼんやりできればそれもいいのかもしれないけど、
ぼんやりまったりしているわけでもなく、なんとなくくだらないことに時間を使ってしまって、
もったいない~と思うことがいっぱいあります!

2007/7/9(月) 午後 9:25 [ はっぱなっぱ ]



テンションさん。
私も3人のいない土曜の午前中、ジムでゆっくり運動して、
そのあとひたすらプールで泳ぎました。

キブンはすっきり!でした。体は結構クタクタでしたが・・・!

2007/7/9(月) 午後 9:28 [ はっぱなっぱ ]



boubouさん。

本当にあっという間でしたが、運動もしたし本も(例の!)読んだし、
甘いものもこっそり食べたし、そこそこ満喫しました♪
こういう時間、必要ですよね~!!

貴重です。まさに。

2007/7/9(月) 午後 9:32 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-07-07 00:26 | にっき | Comments(0)
父子の旅
3年位前から、ジジ男くんは「父子の旅」と称して子どもたちを連れて海に行く。

今のところ、毎夏3回くらいずつずっと続いている。

旅と言っても、
海に行って、海岸近くの駐車場か道の駅で寝て、遊んで帰ってくるというだけのものだ。

金曜の夜、ジジ男が帰宅してから車で千葉の海に出かけ
車のシートを倒してみんなで寝て、
翌日海で遊んで、温泉施設でサッパリお風呂に入り、
夕ごはんを食べて(毎度飽きずに「とんでん」!)帰宅する。

その時によって
「父と息子の旅」だったり、「父と娘の旅」だったり「父と子どもたちの旅」だったり。

今夜は今年初の「父と子どもたちの旅」

さっきにぎやかに出かけていった。

子どもたちはすごく楽しそう。

適当に大ざっぱなパパと3人だと
小言を言われることもなく、きっと楽しいことばっかりなんだろう。

今日も夕方「早く帰れそうだから海に行こう!」って電話がかかってきて
nappaは大喜び。

でも、明日はサッカーとピノキオが夏休み前最終日。

nappaちゃんは葛藤して、
「あしたはサッカーとピノキオだから、この前もキャンプでお休みしたから、海には行けない・・」
とお返事してた。

サッカーとピノにも行きたいし、海にも行きたいんだな。

サッカーもピノも最終日でなかったら、
もしかしたらすんなり「海!」っていうことになってたかもしれないんだけど
最終日はなにかといろいろイベントがありそうだということを感じて躊躇してるのだ。

happaが帰ってきて、「パパが海に行こうって言ってたよ」って言ったら
彼は大喜びで「何もって行こうかな~」などとウキウキし始めたので
nappaちゃんはちょっと淋しい気持ち。

もしかしてhappaくんも行けなかったら海は延期になって
その時は自分も一緒に行けるかも?と思っていたようだ。

そして
「nappaちゃんはサッカーで行けないんだから、happaくんも行かないで!」とお願いしている。

その後もしばらく彼女なりにいろいろ考えて逡巡していたけど、
結局海の誘惑には勝てず、nappaも行くことに。

めでたく3人で出かけていって、私はのんびりしちゃってる。

ジジ男くんは毎日ものすごく忙しいのに、
子どもたちと海に行くときはすご~く楽しそう。

3人で海に行くとき、もしかしたら一番嬉しそうなのはジジ男くんだ。

夕方nappaに電話で断られたときは
首をうなだれてがっかりしている姿が目に見えるようだった。

そこが彼のいいところだ。

子どもたちと心から楽しんで遊ぶ。
ジジ男が本当に楽しんで遊んでくれるから子どもたちも心底楽しいのだ。

そこは尊敬するところ。

私はどこかでやっぱりお母さんで、
遊びながら、遊びに乗り切っていないことが、子どもたちには判っちゃうんだろう。きっと。

子どもたちはパパを同志のように見ているけど、
私はやっぱりお母さんだ。

happaはよく「長男ぽくないね~」って言われるんだけど、
そうなんです。まさに我が家の長男はジジ男くん。
happaは次男。

小さい頃から長男がママに叱られるのを見て、happaは結構うまく立ち回ってきたのだ。

まさに次男なんだよね~。

パパの名誉の為に言っておくと、平日の昼間はちゃんと普通の社会人です!

でも、子どもたちとこんなにいっぱい遊んでくれるジジ男くんで、
やっぱり私は嬉しいです♪

これから何をしようかな~!!!???






コメント(6)


子供たちだけを連れて行くなんて、お父さんすごいですね。ままさんは自由時間もらえて嬉しかったり淋しかったりかな。
私は子供らだけをどこかに連れていったことはありませんねぇ。そんな計画してもよっぽどのことが無い限りついてくるだろうな。

2007/7/7(土) 午後 3:17 [子連れ登山]



う~ん、すごいというのとはちょっと違うかなぁ、と感じます。
彼の場合、「父子の旅」っていうイメージが閃いちゃった時から、
そのキブンに酔ってるので。

でもまあ、そのキブン、わかるんですけどね。

パパは「父」である自分を確認し、
子どもたちは喜び、
私はのんびりと自由に時間を使うことができ、
いいこと尽くめです!

一度付いてってみようかな、とも思っていますが、いつになるかなぁ。

2007/7/7(土) 午後 10:46 [ はっぱなっぱ ]



子連れさんは すばらしい家族の旅じゃないですか(^O^)
子どもたち二人をつれてよく行ったのはスキーと釣りです。
両方とも私の得意分野で
「パパ すご~い!」ってな具合で父の権威が高まりました。
あのとき奥さんは何をしてたのでしょうか~(^^;)

2007/7/7(土) 午後 11:17 [テンション]



ほんとはね。「どこそこ行こう。」と言われて、いつも「しんどいから嫌。」なんて言ってます。あっシー君だからね。嫁が運転できたら子供たち連れて何処でも言って置いてけぼりでしょう。
テンションさんやままさんの旦那さんのように積極的でないのです。更年期だな(笑;テンションさんのブログをちょっこと見て下さい)。

2007/7/7(土) 午後 11:35 [子連れ登山]



テンションさん、いいですね。スキー&釣り。
我が家は誰も釣りをする人がいないので、釣りをするチャンスがあると子どもたちはとても喜びます。

なっぱは先月のキャンプで仲良くなった男の子の釣竿を借りて釣りをしてから釣りの楽しさを知って、お誕生日のプレゼントに釣竿をリクエストしました。

2007/7/9(月) 午後 9:19 [ はっぱなっぱ ]



子連れさん。更年期と言う言葉にぴくぴく反応してしまう私。

私も最近、気力が充実していないのを感じます。ドキ。

2007/7/9(月) 午後 9:22 [ はっぱなっぱ ]
[PR]
by happanappamama | 2007-07-06 23:58 | にっき | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル