ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
いい人?
「明日までに出さなきゃいけない数学の宿題がある~」そうで
学校から帰ってくるなりhappaは
「今日は徹夜だな」と言っていた。

塾から帰って、ご飯を食べてから
部屋にこもって宿題をしている。


さっき突然部屋から出てきて
「ママっていい人だね」と言って、また帰っていった。

とっさに「ありがとう」と答えたけど
ちょっとポカンとしてしまった。

なぜ、突然そんなことを言い出したんだろう??


でも、なんだかうれしいな♪

へへへ。
[PR]
by happanappamama | 2008-09-29 23:10 | にっき | Comments(4)
岩盤ですっきり
今日はそらちゃん行きつけのstone spaに連れてってもらった。

朝、「今日行くけど、どう?」ってメールをもらって
歯医者の予約が入ってたけど変更してもらってお供。

今日、私に必要なのは歯医者じゃなく岩盤だ。
行って大正解。

岩盤浴、久しぶりだけど気持ちよかった~~。

うつぶせになって寝ていると、どんどん滴り落ちる汗。
手の甲からも、腕からも、玉のようになって汗が吹き出る。

膝下なんてどんなに暑くても汗をかく実感がないけど
そんなところからも満遍なく汗は出てくる。

サラサラとした不快じゃない汗だ。

こういう風に身体に良さげな活動(?)をしていると
普段より身体のことを良く考える。

それを持続させなきゃいけないんだけど
一瞬でも「ちゃんと体のタメによいものを食べよう」とか「ちゃんと運動しよう」とか
「要らないものを外に出そう」とか考えるのは必要なこと。

やっぱり身体に気持ちのいいことをするのはいいことだ。

岩盤の後、いっしょにおにぎり屋さんでご飯を食べながら
「人とはズレてるけど、基本ミーハー」で一致した私たちは
こうして目の前に繰り広げられる世界からマイブームを作って、
そこに向かって邁進しているから
「よい」と思うことを見ること、することが大事。


そこからいろいろ拓けていくのだ。
そして、それが自分の人生に彩りを添えていくことになる。



最近、いろいろ考えすぎの感があって、
毎日寝ても醒めてもいろんなことを考えてばっかりいた。

でもそれが一応の場所に落ち着きつつあるのを感じる。

それを文章にしておきたいなーと思って
今日は日記を書き始めたんだけど
もう眠くなってきて、これ以上ダメだわ。


岩盤でスッキリしたので、ゆっくり寝ます。
[PR]
by happanappamama | 2008-09-24 23:36 | にっき | Comments(4)
紙に文字を綴るということ
今日でライター講座のベーシックコースが修了した。

半年間は短いようで長いようで短かったなぁ。

思いがけず修了式のようなものがあって、
立派な修了証をいただいたのに
なんだか例によってラフの上にもラフなカッコで出かけたので
もう少しちゃんとしていけばよかったなぁ、とか思ったり。

半年の歩みに思いを致し、今日はなかなか感慨深い。

久しぶりに机に座って聞く講義は毎回楽しかったし
先生たちの「成長させてあげよう」という暖かさも感じた。

授業、というと居眠りが付き物だった私も
今回ばかりは眠かったなんてことはなかったもん。


そんなこんなで、今日はひとつの区切りです。



ブログを書くようになって、
画面に対する垣根が少し低くなったかな、という気がするけど
未だにパソコンの画面に向かって文字をつづるということに
どこか抵抗がある。

やっぱり紙に書くほうが
自分の気持ちとか思いがちゃんと出てくるような気がするんだなあ。

気のせいかもしれないけど。

メル友ならぬ、ファックス友がいるんだけど
メールよりファックスのほうが全然表情が豊かだという気がする。

気に入った万年筆とか
インクの具合がいいボールペンとか、
筆記用具と紙との相性とか
そいうので、もっと自分の気持ちがうまく文字になったりするもんなんだよね。

パソコンの画面だと、そうはいかない。

紙の質感とか、ペンの滑る感じとか
書いていて、そういう感覚に訴えてくるものがないから
うまく自分の気持ちが乗るとか乗らないとか
そういうところで自分を持ち上げられないんだな。

紙だと、ペンに乗せられてうまく自分を表現できる…と思うときがあるんだけど
画面だとそうはいかないんだよ。

その代わり紙だと、ペンと紙の相性がイマひとつというときは
まったく何も書く気がなくなるんだけど。


毎週いろんな形で課題を仕上げていて
行き詰ることが多かったのは
ずっと画面に向かいっぱなしだったからかなぁと思う。

でもやっぱり、キーボードで入力する方が速いし
書いたり、消したり、移動したりが楽だからね。

ココの文章、こっちに持ってきたらどうかな、っていうとき
すぐに移動して全体の感じを見られるのはありがたい。



何について、何字で書きなさいっていう課題は
職場の研修以来。

制約があるということは枷でもあるけど
枷があるということで
それが知らず知らず自分を成長させてくれるというものでもあるかもしれない。


来週試験があって、合格すれば次のコースに進むことができる。

とりあえず、来週は少し勉強をしましょう。
[PR]
by happanappamama | 2008-09-20 22:54 | にっき | Comments(6)
霊験あらたか!?
春先に
ホームセンターで小さいオリーブの植木を買った。

ちょうどそのころ
幼稚園に剪定に行ったときもらったオリーブの枝を
挿し木にしてみようと思ってトライしたんだけど
なんだか日に日にタダの枯れ枝に変貌していく。

植木屋さんに聞いたら
オリーブの挿し木は結構温度管理が難しくて
一日の平均気温が20度くらいないと
根が付かないらしい。

で、名残惜しくて鉢植えを買ってきたのだ。

オリーブは毎日水をあげないほうがいいと聞いて
鉢が乾いたらたっぷりお水を…ということを繰り返し
植木を枯らす名人の私が
けっこういい感じにケアしてきたつもりだったんだけど

6月ごろ急に枯れ始めて
葉っぱも枝も、幹も、茶色く乾燥した枯れ枝になってしまった。


「あ~、オリーブは幸福の木だというのに、枯らしてしまった」と
いささかガッカリしたし、私のところにやってきた因果を哀れに思ったりもしたけど
どこからどう見ても枯れ果てているので
その後、ほとんど水やりもしなかった。


このあいだ、
ジジ男が冷蔵庫の中から
「このお茶のボトル、なんか水が入ってるみたいだよ」といって
見慣れない「静岡茶」というパッケージのボトルを出した。

あ~~、忘れてた。

ほぼ1年半前の春、
happaと奈良へ旅行したときに行った神社の摂社で
霊験あらたかなる「御神水」を入れてきたのだった。

冷蔵庫に入れっぱなしで、時々気にはなっていたものの
あんまり目に付かない場所にひっそり保管されていたので
そのままになっていたのだ。

500ミリのボトルに1/3くらいの量。

さすがに1年半前の水は飲めないけど、
なかなかその名をとどろかせたらしい御神水を
ジャーっと流してしまうのはいけないような気がして

「そうだ、霊験あらたかな水だし、植木にあげよう」と思いついて、ベランダへ。

しばらく忘れていて、ほとんど気に留めなかったオリーブだけど
せっかくだからそのお水をかけてあげた。

「御神水パワーで蘇ったりして!」なんて冗談のような気持ちで。

で、その後また忘れていた。



ところが!

洗濯物を干しながら、なんとなく気配を感じて枯れ果てていたオリーブに目をやると
なんと!新芽がでているじゃないか!

小さな新芽がいくつか顔を出しているじゃないか!

しかも
あんなにまったくの枯れ木だった枝がうっすら緑色になっている!

え~~~~!!??

慌てて家にいたhappaを呼んだ。
「これ、見てー!」って。

f0169643_163508.jpg



びっくりした。

だって、本当に枯れ果てていたのだ。
折ればポキポキ音がしそうなくらい。

それに水やりだって、その500ミリの1/3のペットボトルの水だけなのだ。

もともと休眠していただけなのか、それはわからない。
芽が出てくる時期とたまたま重なっただけなのかもしれない。

でも私はあの水に何かチカラがあったんだと思いたい。

それは
その神社に祀られている神様のお力、とかそういうんじゃなく
エネルギーのある場所、エネルギーのある水、というのは
やっぱり確かにあるのだな、って。

その神社に行くことになったのは
ほんとに偶然だった。

最初は全くそこに行こうとは思っていなくて
でも、前にも書いたけど
その旅行の前にいろんな形でやたらと目に入る神社だったのだ。

(お友だちの婆薔薇さんによれば
 それはシンクロニシティというものなんだって。

 いろんな形で、偶然のように自分の目に入るひとつのモノやコトは
 無視してはいけないんだそうだ。)



それでなんとなく行くことにした神社の裏手にある摂社は
病気治癒にご利益があるという。

そのころ体調がよくなかった母のことを祈願してこようと思って
happaとトコトコ歩いて行ったら
そこには薬井戸という御神水の井戸があって
こんこんと湧き出る水を、ポリタンクなど抱えた人が
せっせと汲んでいたので
「じゃあ、私も」とペットボトルに詰めてきた。

そこは古い神社で、
修験者が「ここには並々ならぬ力がある」と言って神社として祭られることになったとか。

すがすがしい空気に満ちた神社で、
それまで神社嫌いだった私が、「神社もいいではないか!」と思うきっかけになった場所。

きっと浄い場だったのだ。

だからすがすがしいのだ。

それが神社を祀る宗教とどう関わるのかはわからないけど
確かにあの場所にはエネルギーがあったのだ。


蘇って、日に日に新芽を増やしているオリーブを見て
なんだかすごく、素晴らしい出来事に立ち会ったような
そんな風に感じる、今日このごろ。
[PR]
by happanappamama | 2008-09-10 16:27 | つれづれ | Comments(6)
お勉強の仕方
happaは数学が苦手。
数学の問題集を前にして「うぇ~~」とか言っている。


私も数学が苦手だった。

小学校のときは算数が大好きだったのに
数学になって、因数分解でつまづいた。

算数は得意だったし、それまでは順調に来ていたから
「そんなハズはない。出来ないのは因数分解だけ」
と思っていたら、その後二次関数もよくわからなくなり
それからどど~~っと土手が崩れ落ちるように
数学苦手道をまっしぐらだった。


数学だけが習熟度別クラスだった高校でも
数学は基礎クラス。

だから、理数の出来る人に憧れる。


happaの勉強も、英語は手取り足取り教えてあげられるけど
数学は見てあげないほうがいい、という気がする。

形はどうにか覚えていても、どうしてそうなるのか、ちゃんと説明できないから。


でも、なんか悔しい。

こっそり私が「進研ゼミ」とか受講しようかしら?
なんて思ったりもしたけど
実際に行動を起こすことはないまま時間は過ぎる。


最近、ブックオフの文庫本セールで
『中学の数学「図形」を5時間で攻略する本』というのと
『中学の数学「数式」を5時間で攻略する本』というのを見つけて、買ってきた。

”5時間で”というところにココロ惹かれるではないか!

でも、私のことだからすぐに「よ~し!」とは手を出さない。

こう、なんていうか、何を始めるにもタメが必要なんだな。
困ったもんだ。


それでも最近「図形編」を読み出したら
5時間で攻略するのは無理だけど、おもしろい!

これだけにかかりきりになったら
倍の時間をかければ攻略できそうな本だ。



大人になって、
自分が勉強しなければならなかった時代には「苦手~~」と思っていた理科や数学を
いろんな場面で「おもしろいな」と思うことが多くなっている。

周りにも、なんだかそういう風な人がいっぱいいる。

それはきっと、学ぶことの意味が身体でわかるようになったからなのだと思う。

世の中は広くて、
いろんなことがいろんなところでいろんな風に繋がっている
…ということが、
年をとるにつれ見えるようになってきたからなのかもしれない。

なぜか数Ⅰか数Ⅱでやった「ド・モルガンの法則」っていうのを
名前だけ覚えているけど
コレだって(なんのことやらわからないけど)何かに繋がっているに違いない。

「こんなことやって何になるの?」って思ったイロイロも
きっと何かに繋がっているのだ。


身の内から湧き出てくる「知りたい」という気持ちは
実際の机上の勉強にもちゃんと結びつく。

けど、単に「テストで失敗できない」「いい点取りたい」という
とりあえず目の前の障害を取り除かなくちゃならない、という動機は
本当の学びには結びつきにくいよね。

勉強って
その方法さえも
簡単には獲得できないんだなぁ、と思う。

個人差はあるのだろうけれど
一朝一夕には獲得できないものなんだよ、きっと。

なぜ学ぶのか?という思想とか観念みたいなものじゃなく
学ぶことの向こう側にあるものが
苦しい時代を経て(苦しくない人もいるだろうケド)見えてきたからなんじゃないのかな?

…という私も
未だ勉強の仕方というものをちゃんとは知らない、と思う。

若い頃から、「勉強の仕方を学びたい」と思ってきたけど
それはなかなか遠い道だ。

誰かに教えてもらうものでもない。



中高時代、数学を筆頭に
勉強が楽しい!とは夢にも思ったことがないから
happaにいくら「学ぶことは楽しいんだよ!」と言ってみたところで
学ぶ楽しさ、面白さを、彼の年齢で理解するなんてことは期待できないけど、
いつか学ぶことに何らかの「おもしろみ」を見出して欲しいな、と思う。

happaのほぼ30年前方を歩いている私としては
「いつか面白いなと感じる日が来るよ」っていうことを
折に触れて語っていきたい。

未来への希望として。



いつかママがこんなこと言ってたなぁ、ほんとだったなぁって思ってくれる日が
ずーっと先で構わないから、

来るといいな。
[PR]
by happanappamama | 2008-09-09 11:22 | にっき | Comments(7)
お久しぶりの
だいぶ日記が開いてしまった。

学校が始まって、なんだかワサワサと忙しくなった上に
自分のまわりもなんだか慌しい毎日の連続で
落ち着いて日記を書いていられなかったのだ。

お盆明けからいままで、
ぼちぼち高校の学校説明会みたいなものに出かけたり
あちこちの高校が一同に会するイベントに参加したり
保護者会あり、あれあり、これあり
なんだか大変くたびれ果てている午後9時。


今週も来週も、happaと一緒に文化祭を見学に行く予定で
なんだかしばらくは自分のことは二の次になってしまいそう。


本を読んでもすぐ眠くなっちゃって
1ページもすすまないなんてこともあったり。

時間の使い方が上手じゃないなぁって思う。

課題のインタビューも、ちゃんとまとめたいし
細切れじゃなくて、おおきくまとまった時間が欲しい。


木曜からhappaが前期末試験。

どうも既に眠くなってるんだけれど、happaと一緒にもうすこし頑張りますか!
[PR]
by happanappamama | 2008-09-08 21:23 | にっき | Comments(2)


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル