ひびのあれこれ
by happanappamama
<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
かぼちゃ大王
今日はハロウィーンだ。

子どもの頃、ピーナッツシリーズが好きだった。
スヌーピーが出てくる4コマ漫画。

大人の登場は吹きだしのセリフのみ。
個性豊かな子どもの登場人物だけで展開するシニカルな世界。

小学生の私には多分難しい内容だったと思うけど
そのころ母と一緒に買い物に行くたびに
高島屋5階の子供服売り場の一角にあったピーナッツコーナーで
時には買ってもらったり、時には自分のお小遣いをはたいて
1冊ずつ買っていた漫画。

いつも古毛布が手放せないライナスは
”かぼちゃ大王”を信奉していた。

かぼちゃ畑で朝までかぼちゃ大王を待っていたり、
現れないかぼちゃ大王にがっかりしたり。

そのとき、ライナス以外の子どもたちは
”いたずらかおごり”の遊びに夢中だった。


大分大きくなってから、ああ、あれがハロウィーンだったのだ。と
気づいた。
かぼちゃ大王はJack-O-Lanternで
”いたずらかおごり”はtrick or treatだったのだ。


私の子ども時代の文化には
クリスマスはあってもハロウィーンはなかったなあ。

スヌーピーの漫画に夢中だったときも
10月31日とかぼちゃ大王につながりがあるとは露も知らなかった。

でも”かぼちゃ大王”と”いたずらかおごり”は
子ども時代の大事な思い出で、
本来のハロウィーンとは全く関係なく、私の中にちゃんとある。

今はどの子もハロウィーンを知っていて
給食にもかぼちゃ料理が出てきちゃうくらい、
メジャーなものになってるみたいだけど

やっぱり私の知ってるかぼちゃ大王のお祭りと
ハロウィーンはちょっと違うみたい。

私の中では、ね。


ちなみにピーナツシリーズの訳は谷川俊太郎さん。
(最初のうちは共訳だったみたいだけど)
少し英語が読めるようになると、
やっぱりこの翻訳いいな、って思います。
[PR]
by happanappamama | 2008-10-31 14:39 | にっき
バーバママ
ちょっと前、

nappaがもう寝ちゃったあとで、
ジジ男がまだ帰宅しない真夜中近く。

happaとゴロンと横になって
あれこれおしゃべりしていたら

happaが
「ママ、なんだか手とかたるんできたねぇ」としみじみ言う。
「前はもっと皮がピンとしてたのに」だって。

最近特に「手に年齢が出てきたなぁ」と実感マックスだったので
「そうなの。ママももう大分おばあちゃんになってきたからね」と答えたら

「おばあちゃんって呼んでいい?おば~あちゃん!」などというので
「じゃあ、おばあちゃんじゃなくてばーばにして。バーバママってどう?」

そこが二人のツボにはまり、
静かな真夜中におなかを抱えて笑っちゃいました。


happaとそうやっておしゃべりしたり笑ったりする時間が楽しい。

彼も最近、少しずつ大人になってきて
いろんなことをちゃんと話し合うことが出来るので
余計にそう思います。

小さいときも、happaとおしゃべりするのは楽しかったけど
やっぱり小さい人と話すときは
「こんな風に言ったらむずかしいかな」とか
「これはちょっと抽象的過ぎるかな」とか
いろいろ意識的にも、無意識的にも配慮というものが必要だからね。

今はあんまりいろいろ考えず
とりあえず私の思っていることや感じていることをストレートに話しても
ちゃんとキャッチしてくれてるのがわかるのがうれしい。

happaも成長したんだなぁ。

そりゃあ、私もバーバママになるわけだ。
[PR]
by happanappamama | 2008-10-30 23:25 | つれづれ
にわかヘルシー思考
最近、胃の調子が悪い。

なんだか胃に空気入れで空気を入れたみたいに
パーンと張ってる気がするんだな。

2週間くらいそんな感じなので
昨日、医者に行ってきた。

…といっても、子どもたちがかかりつけの小児科。

でも先生はじっくり話を聞いてくれるし
市販薬を飲むよりは、ちゃんと先生に処方してもらった薬の方がいいと思ったのだ。

検査の必要なんかについても相談できるしね。

で、いろいろ話をしていたら先生に
「最近、何か心配なこととか、ストレスに感じることがある?」と聞かれた。

考えればいろいろ思い当たることはある。

でも、どれもいわば些細なことだ。

些細なこともたくさん集まるとそれなりにストレスになる…ということは
あるかもしれない。

日本人の胃の不調はストレスによることがほとんどなんだって。

私は最近まで、胃が痛いというのがどういうことかわからないくらい
胃の不調とは無縁だった。

でも、やっぱりこの年になればそれなりに悩みや心配はあるし、
体力とか免疫力とか落ちちゃって、胃に来るということはありそうだ。


で、今日はそらちゃんに誘われて、
ココさんも含めて3人でまた岩盤浴に行ってきた。

ほんとに体が温まるので、きっと胃にもいいはず。

うつぶせに寝ておなかをこれでもか、というくらい暖めてきた。

帰りはそら家の近所のオリーブで、
カレーを食べながら楽しくおしゃべりして、
今日のわたしの行動は胃に良いことばかり(のはず)。

薬のせいか、岩盤のおかげか、おしゃべりが効いたのか
今日は胃の調子も悪くないみたい。


夕飯は湯豆腐。

岩盤の後は、なんだか思考がヘルシーになるのが良い。



でも、やっぱり明日はお肉が食べたくなるかなぁ。

いや、調子に乗っちゃあダメだな。
[PR]
by happanappamama | 2008-10-22 23:06 | にっき
お父さんの目
今日はnappaのピアノの日。

ピアノのあと、創作修了組のこどもたちと遊ぶのを
nappaは楽しみにしてる。

今日、3階からロビーに降りてきたら
創作のお迎えにきてたKくんのママが
「今、黒いジャージ上下の不審な男の人が、トイレ貸して下さいって入ってきたよ」と教えてくれた。

ロビーにいたCさんがその人を1階のトイレに案内して、
一応、事務所にこんな人が来ましたって知らせたようだ。

幼稚園の園舎でもあるしね。

おかしな人かどうかはもちろんわからないし
おかしな人でない確率の方が、モチロン高い。

でも、すぐ向いの公園にもトイレはあるし、
夕方、わざわざ幼稚園にトイレ貸して下さいっていうのも
ちょっと変だよねぇ、などなど
ロビーの母たちはちょっと不安。

すると事務所からSんのすけが出てきて、トイレに様子を見に行った。

モンダイの男性はなかなかトイレから出てこない。

私たちも、「急におなかが痛くなっちゃったのかも」などと好意的に解釈してはいたけど
それにしても長いなぁ。

Sんのすけは、その後も何度かトイレの様子を見に事務所から出てきて
ノックしたり、声をかけたりしていた。



なんか、頼もしかったなあ。

いつもは穏やかなやさしい目のSんのすけ。
でも、今日のトイレ偵察ではそこに厳しく鋭い眼光があって
それは、小さい人を守ろうとするお父さんの目だった。


やさしい部分がとにかく前面に出ている人だけに
幼稚園のお母さんOBたちには
「Sんちゃん、大丈夫?」などと心配されてしまいがちだけど
今日のお父さんの目はなんだかポイント高かったし
私たちにも「Sんちゃんがいるから大丈夫!」という安心感を与えてくれた。


かっこよかったよ!Sんのすけパパ!
[PR]
by happanappamama | 2008-10-21 21:55 | にっき
花はどこへ行った
Where have all the flowers gone
Long time passing
Where have all the flowers gone
Long time ago

Where have all the flowers gone
Young girl have picked them everyone
Oh when will they ever learn
Oh when will they ever leran

今日は頭の中で、この歌がリフレイン。

PPMの声で。



この曲を聴くと、なぜか野辺山の風景が浮かんでくる。

今はなきYの野辺山高原のセンターの、
石のキューブがたくさん埋まっている
宿泊棟とチャペルの間の広場。

なんでかなぁ。

あそこを抜けていく風の音まで聞こえてきそうだな。

あのチャペルの角からまっすぐに見えていた八ヶ岳は
最高に美しかった。

チャペルの匂いも、なんだか懐かしい。



どこかから賛美歌も聞こえてきそうだ。
[PR]
by happanappamama | 2008-10-20 22:43 | つれづれ
サッパリ!
今日、髪を切ってきた。

2週間前に行くはずだったのに、
急に都合が悪くなってしまったので
前回のカットから1ヵ月半開いてしまった。

もう、相当ロングヘアーなキブン。

いつもカットをお願いしているKさんにも「ずいぶん伸びたねー」と言われた。

「2か月分、切ってくだされ!」とお願いし、サッパリ。

あー!頭が軽い!
[PR]
by happanappamama | 2008-10-19 22:21 | にっき
なつかしい本
今日は校庭開放と図書室開放のお手伝いで
午後から学校。

happaのときも含めて、
小学生の母生活9年目なのに
校庭開放のお手伝いは初体験だった。

いろいろやることあるのかなーと思っていたら
ほぼそこに居ればいいだけ。

30分くらいずつ、交代で
受付、校庭、図書室とローテーション。

図書室に居ても貸し出し業務はナシなので
書架をのんびり見ていたら
小学校のときに読んで、えらく感動した本があって
なんだか懐かしかった。

装丁も30年前のそのまま。

メジャーな本じゃなかったから、もしかしたらもう絶版になっているのかな。
 
でも、こうして小学校の図書室にひっそりとあるっていうのは
やっぱり嬉しい。

絵も、イマドキの本じゃない感じが
小学校の図書館ぽくて、またよい。


タイトルは『ありがとう チモシー』

今日見たら、あかね書房の出版だった。

内容はちゃんと覚えていないんだけど
オランダ人の少年が、黒人の老人チモシーと無人島に流されて
チモシーに助けられながらなんとか生き延び
チモシーは無人島で病気になって死んでしまうんだけど
少年は救助されるという話だったと思う。


図書室の当番の間、しばらく読んでいたけど
時間がなくて少しだけしか読めなかった。

こんどnappaに借りてきてもらおうかな。
[PR]
by happanappamama | 2008-10-18 23:57 | にっき
ノリクミーン
今日、洗濯機の上に白い食品トレーで作った船が乗っていた。

nappaが小さいときに作ったヤツ。
結構しっかりした字でいろいろ書いてあるから
1年生くらいのときなのかな。

どこかから引っ張り出してきて
お風呂に浮かべて遊んだようだ。


白いトレーにちゃんと船室が乗っている。

油性のペンで「せんちょうのへや」と書いてある横に
「ノリクミーンのへや」


ノリクミーン??

あ、乗組員ね。

かわいいなぁ。
[PR]
by happanappamama | 2008-10-17 23:10 | にっき
ふふふ
○○○○リビング新聞社刊のフリーペーパー。
東京Bay版に私の書いた記事が掲載されました。

OJTで取材に行ったもので、もちろんペイはありませぬ。
が、活字になってこうして出来上がるとうれしいな。


夏にもフリーマガジンに電話取材の記事が載ったんだけど
それもOJT。

こちらは巻末に名前もクレジットしていただいたんだけど
なんと、ローマ字表記で名前の読みが間違っていました。

が、そんなことはモンダイじゃなーい。

フリーペーパーは今日、郵便受けに入っていて
さっそくnappaとジジ男に「これママが書いたんだよ~!」と自慢。

慣れない取材でドキドキした甲斐があったというものです。

ふふふ。
[PR]
by happanappamama | 2008-10-16 21:17 | にっき
心地よい場所
見始めるととまらなくなる『かもめ食堂』

あの空気感が心地よくて
それを求めてまたDVDをつけてしまうのだ。

お店に日が入っている感じも
会話も
音楽も心地よい。


あ~、朝倉彫塑館にも行きたくなってきた。

あの空間に身を置きたい。
[PR]
by happanappamama | 2008-10-15 23:23 | つれづれ


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル