ひびのあれこれ
by happanappamama
<   2009年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧
ムズカシイ本
昨日はnappaの春キャンプの思い出会だった。

終了後、nappaがふわちゃんと公園で遊びたいというので
公園に移動。

子どもたちが遊んでいる間、母たちはもちろんベンチでおしゃべり。

ふわちゃん&のりまき母子と会うのはほぼひと月ぶりだった。
午後3時を回っているワリにはかなり強い日射しを真正面に受けて
でも、久しぶりにゆっくりおしゃべりできて楽しかったな。

彼女はいつも、とても包容力を感じさせる人で、
安心して会話が楽しめる。

今日は彼女が最近読んでる本の話を聞いた。
時間にまつわる本らしく、興味深々。

私はものすごく時間関係に惹かれる人。
時間の話を聞くのが大好きだし、時間を感じさせるモノやコトにとても弱い。

こう、気持ちよくなっちゃう感じ。

話していて、
去年の今頃?ばーばらちゃんの日記に触発されて読んだ
リサ・ランドールの本のことを思い出した。

リサ・ランドール博士は物理学者で、今巷で話題の素粒子が専門だ。
5次元世界が存在するということを理論の上で証明したのだそうだ。
私たちの存在する3次元世界のまわりを5次元世界が取り巻いているんだって。

宇宙モノにも弱い私は早速
若田光一さんがランドール博士にインタビューした『異次元は存在する』という本と
アメリカでベストセラーになったという『ワープする宇宙』を読んだの。

宇宙って、どこかで時間と繋がっているでしょう?きっと。(思い込みか!?)

若田さんのインタビュー本は、
読んでるときは「わかるかも」っていう感じだったけど
『ワープする宇宙』の方はさっぱりわからず。

物理がわからない人にもわかるように、というコンセプトで
専門用語は使わずに書かれたという触れ込みだったけど
私にはハードルが高すぎた!

でも、わからないなりにもとにかく読むと
その世界がグッと近くなるんだよね。

のりまきちゃんにおもしろさを説明しようと思ったけど
ほとんど本の内容をモノにしていない私は
時間が経過して更に、さっぱり理解していないことに気づく。

のりまきちゃんが読んでる本も難しいらしく
「わからない」って言ってたんだけど
それでも頑張って一冊読むと、わからないベールの一枚が
ちゃんと剥がれているんだよねー!ということで頷きあった。

おもしろそうだけど、ちゃんと理解できないことっていっぱいある。

そこをとにかく踏み込んでいって追求することが出来る人は
学者になってしまうんだろうなあ。

私は、”垣間見る”という領域から脱することは出来ないんだけど
それでも知らない世界がワッと目の前に広がる感じは
すごく楽しい。

ツアーで観光して、名所だけ押さえて去っていく観光客みたいだなって
いま、ちょっと思ったけど。

もう一回読んでみよう。
きっと、去年よりはわかるはず!

いや、わからないかもしれないけど、それでもいいのだ!
[PR]
by happanappamama | 2009-04-30 18:45 | ほん | Comments(4)
眠眠打破?
今日は書いておきたいこと、たくさんあった。

が、しかし、眠い。



遅く帰ってきたジジ男に付き合って
ご飯をつまんだりしていたら
いい塩梅におなかもいっぱいで
眠気に拍車がかかる。


書きたい事を書かないで、後で…と思っていると
絶対忘れちゃって二度と思い出せない危険が濃厚だ。

でも、寝~ちゃお。
[PR]
by happanappamama | 2009-04-29 23:29 | にっき | Comments(0)
鶏のから揚げ
今日はnappaが全校遠足。

目的地は徒歩で行ける公園だけど、遠足というだけでうれしいんだな。
昨日から楽しみに、楽しみにしていて
朝も元気良く出かけていった。

家に帰ってくるなり、「すご~く楽しかった!」とは言うものの
なんだか顔が赤くてダルそう。


すぐに横になって眠っちゃった。
おでこを触るとちょっと熱いし、昏々と眠っているので
ピアノはお休みした。


nappaガ遠足だったので、
今朝はhappaの分と、nappaの分と、二人分のお弁当を作った。

遠足といえば、から揚げだ。
nappaは「たこさんウィンナーも!」と前々からリクエストがあったので
彼女の希望をベースにいろいろ詰める。

帰ってきてから二人とも、
から揚げがすご~く美味しかったと言ってくれた。

happaは2~3人のトモダチに「ちょーだい」といわれて、から揚げをあげたら
「メチャメチャうまい!って真顔で言ってたよ~」とうれしい報告をしてくれた。

そうか~。
料理苦手な母としては、ものすごくうれしいなあ。
…とホクホクしていたら

nappaも
「先生のこんにゃくとnappaちゃんのから揚げを取りかえっこしたら、
 先生がすご~く美味しいって言ってたよ」
と負けずに教えてくれる。

お世辞だってうれしいよ!

これでまた、
朝から揚げ物をする活力が湧いてくる。


思えば結婚したばかりの頃は
お味噌汁の出汁をとることさえ???だったのだ。

私だって成長してるんだわー。
[PR]
by happanappamama | 2009-04-28 22:17 | にっき | Comments(4)
日本語で言えよ!
昔。

スポーツの中継で
ティームっていう言葉を使うアナウンサーが
なんか嫌だった。

ティームじゃない、チームだろっ!って思っちゃって。

もちろん、英語で発音すればティームなんだけど
日本人ならチームだよ。


おんなじ理屈で
台所をキッチンというのが嫌。

ベランダっていうのはもう市民権を得ている外来語だから
あんまり抵抗はないんだけど
バルコニーとは言えない~。

バルコニーってなんだ?
ジュリエットがロミオを待つ、ドーリア式だかイオニア式だか、
全く違うかもしれないけど
あんなふうなベルサイユ宮殿風の柱みたいなものがあるのがバルコニーで

一般の住宅についているのをバルコニーって言うのは
ちょっとこっ恥ずかしい気がしちゃう。



新居のリフォーム計画真っ最中なので
住宅関連の本とか雑誌とかを一時よく眺めていたんだけど
キッチンは当然のこと
サニタリースペースとか(洗面所だろっ!)
パントリーとか(食品庫と呼べ!)
テラスとか(単に物干しだったりするのに)
横文字だらけ。


改めて
台所っていい言葉だなぁと思っちゃうんだよね。

台所、食堂、茶の間、手洗い…。

日本語って慎ましやかで美しいな。

大事にしなくちゃもったいないよ、って思うのは
年をとったからなのか!?
[PR]
by happanappamama | 2009-04-27 22:25 | つれづれ | Comments(8)
ランチパーティー
しばらくぶりに顔を合わせたライタースクールの仲間と、
センセイのお宅でランチパーティ。

しばらくぶり、と言っても
長くてひと月ぶりくらいなので余計なのだろうけれど
ご無沙汰な感じがまったくしないなぁ。

1年間一緒に学んだ仲間。
受講し始めの頃は、たかだか月2回、2時間の授業を共にするクラスメイトと
ここまで密な関係を持てるとは思っていなかったので
これはうれしい誤算です。


今日は、しばらくお休みされてこの4月に復帰したA先生も参加。

こんなに長い時間ご一緒したのは初めてかもしれないな。
いろいろお話しできてすごくうれしかったし、楽しかった。

一緒に海にお散歩にも行っちゃったりして
こんな交流、去年の4月に想像することができただろうか!?


婆薔薇ちゃんのピアノ演奏もアッと驚くほど素晴らしく
間近でナマの演奏を堪能。

遠目で見ると、ちょっとバーコードみたいに見えてしまうほど
細かい音符がぎっしり詰まったフクザツな楽譜を
スラスラ弾いてしまうって、どういうことだろ?

ピアノっていいなぁ。


演奏している人の指使いを見ながら、背中の呼吸を感じながら聴く演奏は
格別だ。

ほんとに、こう、気持ちよくなってきて
思わず眠くなってしまうほど。

もちろんそれは退屈してるからじゃなくて、麻薬のような作用なんだな。

いつまでも聴いていたい気持ちだった。


早めに失礼しよう、と思っていたのに、気づけばもう7時近く。

時間を忘れてしまうほど、楽しい時間でした。
ご自宅を開放してくださったE先生に感謝です!
[PR]
by happanappamama | 2009-04-26 22:44 | にっき | Comments(7)
やっと一段落。
新居(…といっても、ふる~いオウチ)のリフォーム工事のおおよそが
今日の打合せでだいたい決まった。

5月に入ったら工事が始まる予定だ。


長かった~!



なにせ予算がタイトなので、いろいろ足りないところがいっぱいだけど
これから徐々に手を入れていく楽しみもあるってことです。

図面を引いてくださっている建築家のセンセイには
たくさんご苦労をかけました。

予算と見積もりのせめぎ合いにも根気良く付き合っていただき
大感謝。

玄関タイルの色で、まだ意見が割れていますが
なんとか光が見えてきて
ちょっとホッとしている今夜です。
[PR]
by happanappamama | 2009-04-25 23:52 | にっき | Comments(4)
ハイジ三昧
ここしばらく、家族で『アルプスの少女ハイジ』を見てます。

何度も何度も何度も、繰り返し繰り返し見てるけど
見始めると止まらない!

今日、やっとフランクフルトから山に帰ってきて
みんなで一息ついたとこ。

「あらしの夜に」から「ゆうれい騒動」のあたりの緊張感は
何度見てもドキドキハラハラして
セバスチャンと汽車にのってるところは
見てる私たちのほうが「あ~、早く山に着かないかなぁ」とか思っちゃう。

ハイジがペーターの家に寄って
素敵なドレスも帽子も靴も脱ぎ捨てていっちゃうところで
いいぞ、いいぞと楽しくなって
おじいさんと再会するシーンは何度見ても胸が熱くなる。

そこまで一気に見たら
ホッとしたから余計にどっと疲れて
続きは、また明日!となりかけたけど
やっぱり続きが気になり、
ペーターと一緒にまた山の牧場へ行くところまで見ちゃった。


あ~、次はクララが来るのが待ち遠しい。
冬の家での暮らしも楽しみ!


家の片付けとか、諸々あるのに
ハイジを見てると止まらないよ~!
[PR]
by happanappamama | 2009-04-24 23:40 | にっき | Comments(4)
いつかひとりで
フォーレのレクイエムがすごく好き。

これを聴いてると、不思議にふわふわとした感覚がやってきて
自分が歩いている石畳の町並みが浮かんでくる。

そして、なんだかものすごく懐かしい。

そんなにレクイエムをたくさん聴いているわけじゃないけど
フォーレのがダントツに好き。

大げさじゃなく、
静かに死者に添うカンジがするから。



前世のどこかで
ヨーロッパにいたことがあるんじゃないかなって
思うときがある。

それはある時ふと訪れる感覚で
ヨーロッパ的なるものを見たり聴いたりして
懐かしいと感じることがあるんだよ。

フォーレのレクイエムもそのヒトツ。

きっと、当てになるものじゃないけど
そんなことを、もしかしてって想像してみるのは楽しい。


いつの時代かといえば
きっと中世で、
私は教会の周辺にいた…というのは近所ということじゃなく
なにか教会にまつわる仕事をしていたか
教会で施しを受けていたか
そんな感じの人だったんじゃないかな。

私に限らず
中世のヨーロッパって言ったら
みんな教会の周辺にいたのかしら?




20代のころ
自分のお葬式には「亡き王女のためのパヴァーヌ」のCDをかけて欲しいと思っていたけど
今はフォーレのレクイエムをかけて欲しい。

この曲を聴いているとき
私は石畳の町並みを歩いているんだけど
周りに人の気配が全くなくて
真から一人ぼっちっていう気がしている。

淋しいんだけれど、決してイヤな感覚じゃなく
私は行くべきところへ向かっている…という
不思議な心地よさ、というか迷いのなさを感じるの。


誰でもいつか、一人で旅立つ日がやってくる。

いつもいつもそのことを考えているわけじゃないけど
そのときがすぐ近くにあるという感覚もないけど
以前より格段に
その日、そのときにまつわるあれこれを考えている自分がいる。

でもそれは、裏を返せば
生きるってどういうことか
生きているってどういうことかを考える、というのとおんなじだ。


そういうこと、
なかなかちゃんと話す機会はないんだけど
誰かと語り合ってみたいなぁという気もする。

一方で、
これはすごく個人的なことで
誰かと話しても接点がないかもしれない、というか
かみ合わないかもしれないと思うこともある。


前世では
わたしはどんな風に考えていたんだろう。

これでいい、と思うことができたんだろうか。


この曲を聴いていると
そんなことをいっぱい考えて、
すごーく深いところまでもぐりこんでいったあと
ストンと眠くなる。

昼寝でもね。
[PR]
by happanappamama | 2009-04-24 01:08 | つれづれ | Comments(5)
今週
なんだか今週は風のように去っていく。

考えなくちゃならないことがいっぱいあるし
やることもたくさん。

おまけに早起きだから
夜は早く眠くなる。



あー、これから「ハイジ」も見なきゃならん!
[PR]
by happanappamama | 2009-04-23 22:52 | にっき | Comments(0)
「冬の日-慶州仏国寺畔にて-」


 ああ智慧は かかる静かな冬の日に
 
 それはふと思ひがけない時に来る
 
 人影の絶えた境に
 
 山林に
 
 たとへばかかる精舎の庭に
 
 前触れもなくそれが汝の前に来て
 
 かかる時 ささやく言葉に信をおけ
 
 「静かな眼 平和な心 その他に何の宝が世にあろう」




私はまだまだ未熟だし
大詩人と同じ心境、なんて恐れ多いけど
この三好達治の詩が”腑に落ちる”夜があります。

心がザワザワしていると、ダメなんだよ。
平らな心でいられるときに。

腑に落ちたソレは
私の場合、一瞬の後には遠くに行ってしまうけど
その瞬間は理解の中にあるんだよ。


言葉って、なんて奥が深いのだろ。
[PR]
by happanappamama | 2009-04-23 22:50 | つれづれ | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル