ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2009年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
『おなあちゃん』
そらちゃんに、この間本をお借りした。

ちょっと前、
新聞の一面下の書籍の広告で見て興味を引かれて
「読んでみようかな」と思っていたら
たまたま、そらちゃんが自分の日記にその本についての感想などをアップしていた。

「読みたかったんだ!」ってコメントしたら
この間遊びに来たときに持ってきてくれたのだ。



そらちゃんのお父さまの、
もう他界した幼馴染が書いた手記が編集の方の目に留まり
小説として書籍化されたものだそう。

登場する町の名前とか、病院とか
この界隈の、馴染みのあるものが登場するから、
親近感が増すのだけれど
3月10日の東京大空襲後数ヶ月の物語なので
余計にその恐ろしさ、怖さが身に沁みる。


東京大空襲で親族と離れて暮らすことを余儀なくされた14歳の少女と
彼女を助け、あれこれと親身になって面倒を見てくれた
オカマのおなあちゃんとの物語。

主人公の少女は、不本意な形で逃げるようにおなあちゃんから離れることになり
戦後、自分の家族にもおなあちゃんと暮らした数ヶ月について
話すことができなかったのだという。

高齢になってから
自分史を書くという区の講座に出席するようになって
そうして、やっと自分の過去と向き合うことができたんだそう。


『おなあちゃん』

とてもよかった。

国語の教科書に載っていて、子どもたちの音読で聞かされる
「ちいちゃんのかげおくり」も、「ひとつの花」も
聞いているだけで、辛い。

だから、戦争のことを書いたものは、
特に子どもが主人公の物語は、なかなか手に取ることができないんだけど
読んだあといつも、「読まなければいけなかった」という気持ちになる。


私のおじいちゃんも、あの空襲の中にいたんだなぁ
炎の中を逃げ惑い、死体をかき分けて歩いたんだなぁ、と
おじいちゃんのあの頃についても
改めて思いを馳せてしまいました。
[PR]
by happanappamama | 2009-09-29 23:52 | ほん | Comments(4)
どうも、気になる。
最近…といっても
ここ数年、とても気になる言葉がある。

うるさいを「うるせー」という感覚なんだろうけど
違うということばを「ちげーよ」って言うじゃない?最近。


おかしいだろ。

”ちげー”なんて、日本語としてものすごくおかしい。

乱暴な言葉遣いをするとき
うるさいが”うるせー”に、うざいが”うぜー”に変化するのは
言葉として理解できる。


が、しかし。

違うは”ちげー”にはならないでしょう。
どうかんがえても。

乱暴な言葉も、語尾の変化には
日本語としてのルールというか、文法みたいなものが
当てはめられるんじゃないだろうか。



でも、ドラマでもテレビに出ているタレントでも
ごくあたりまえにこういう言葉を使うようになって
なんだかスゴイ違和感がある。

今日もたまたま小耳にはさんだ
「ちげーよ!」という言葉。


どうも、アタマの後ろがもやもや、むずむずして
受け入れられない。

私が気づいたのが数年前…というだけで
もしかしたら、もっと前から存在していたのかもしれないけど
なんかいやだなぁ。


言葉は変化していくものという認識はあるけど
こういうのは変化っていうのかなぁ。

こういう、言葉としての流れを無視しているような言い方って
すごくキンキン耳に響くような、刺さるような感じがする。

ら抜き言葉も、
私はちょっとどうかなぁと思うけど
この、”ちげー”はら抜きどころじゃない。

次元が違うよね。

どうも、もやもや感じてきたことだけど
今日、nappaに「この言葉っておかしいよね??」と声に出して言ったら
なんだか、いままでよりももっともっとおかしいような気がしてきた。

おかしい!
[PR]
by happanappamama | 2009-09-28 23:57 | つれづれ | Comments(7)
"MOON RIVER”
今日はhappaもnappaも朝から外出。

happaは中学の友だちとどこかの高校の文化祭に。
nappaも仲良しの友だちと、お弁当持ちで近所のプール+アルファ。

ジジ男と二人でお昼ご飯を食べて、後片付けをしながら
「こんな休日がやってくるんだなぁ」としんみりとした気持ちになった。

二人が同時に、しかも別々の用事で、一日中いないってこと
いままであんまりなかったなぁ。

nappaが友だちと出かけてお昼もいないってことは
まだまだしばらくはないだろうけど
そう遠くない将来、そんな風に、ジジ男と二人で置いてけぼり…みたいな休日が
やってきてしまうんだなぁーと思うと
複雑な心境だ。

そのときに備えて、ワタクシの準備をしておかなけりゃ。



で、午後一人で買い物に行った。

帰り道、久しぶりに小野リサのCDを聴いていたら
"MOON RIVER"が流れてきた。


『ティファニーで朝食を』で、オードリーが歌った曲。

いい歌だなぁ。


テレビの深夜枠でこの映画を初めて見たのは高校生のときだったと思う。

アパートの鉄の外階段に腰掛けて(…たような気がする。もしかしたら、窓?)
頭にターバンみたいなのを巻いて
ギターを弾きながらこの歌を歌うんだけど
ものすご~~~~くかわいらしかったな。

水色のセーターみたいのを着てたんじゃなかったかしら?

今思ったけど
あれはもしかしたら本人が歌ってるんじゃなくて、吹き替えだったのかも?

『マイ・フェア・レディ』は全部吹き替えだったらしいから。


映画はハッピーエンドで
名刺に「外出中」と印刷しているホリー・ゴライトリーらしからぬ
納得のいかないエンディングだったけど
(原作のエンディングとは違って)
オードリー・ヘップバーンは文句なく綺麗だった。


小野リサのもいいけど、映画の中の"MOON RIVER"
もう一回聴きたいな。
[PR]
by happanappamama | 2009-09-27 22:15 | おんがく | Comments(0)
何事?
なんだか、さっきから
この辺りの上空をヘリコプターが旋回してる。

もう30分以上。


何だろう??
[PR]
by happanappamama | 2009-09-27 12:00 | にっき | Comments(2)
本日の出来事。
普段忙しいすみれさんが
「9月最後の金曜は何も予定がないよ!」と言っていたのを聞き逃さず
今日、ランチにおつきあいいただいた。

そらちゃん、ココさんも一緒。
のりまきちゃんも、ダメ元で誘ったけど
やっぱりお仕事で来られなかった。

残念!次回は是非。



集合したのは
ボリュームたっぷりでリーズナブルなランチのある
フレンチレストラン。

レストランっていうより、フレンチ大衆食堂とでもいいたいような
小さくてこじんまりして、おしゃれ過ぎないお店だ。

ホントに気軽に入れる。


すみれさんとお昼を食べるのは
ほんとに久しぶり。

会って立ち話…ということはあっても、ゆっくり話すのはどのくらいぶりだろう。

このあたりのメンバーだと
何に気を使うこともなく
思いついたことをどんどん話せるのが、ホントに楽チン。

しかも、みんなから提供される話題がいちいち面白いんだよ。
あっという間のひと時でした。



この間も”眠い~”って泣き言を言ってたような気がするけど
今日も夕飯のあと、眠り男が目に砂をかけたように急速に眠くなった。

もう、引き潮に引きずられるようにソファで寝ちゃって。

周りでかすかに話し声が聞こえるものの、
構っていられないくらい眠い。

ジジ男が「お風呂沸いたよ~」と声をかけてくれたのをかすかに覚えているけど
nappaが「ママとお風呂に入る~~」と言ったときには
「お願い。パパと入って。ママは今起き上がれない。このまましばらくほっといて~」
と泣いて懇願するほど眠かった。

10時半ごろ、ジジ男が再び
「もうみんなお風呂に入っちゃったから、キミも入ってからちゃんと布団で寝なさい」と言いに来たけど、
まだぐずぐずと眠くて、全然起きられなくて。

今しがた、やっとさっぱりして、今は目が覚めている。

でも、今日はもう寝よう。

夜更かしが続くと、やっぱり体はシャンとしない。
神経か、体か、そのどちらもなのか
自分ではよくわからないけど、自分自身に負担を強いることになっちゃうのが
40過ぎの体にはわかる。


変な時間に眠くならないように、
規則正しく生活することが課題だなぁ。
[PR]
by happanappamama | 2009-09-25 23:51 | にっき | Comments(0)
忘れるな!
朝、掃除をしていると
台所のカウンターの上に、見慣れた黒い物体を発見。

あ~~~~!!!happaがお弁当忘れてった!!!

「知~らない!」とは思ったものの
校内に学食はないし、売店ではパンすら売ってない。
もちろん、外に買いにも出られない。


今日は部活だ。
また、とにかく走るんだろう。
お昼抜きで運動するのはいかがなものか?


しかも、今日はいつもより早起きして張り切って作ったゴーカ版。
これを私が食べるなんて、なんだかムナシイ。


で、届けに行ってきた。

校門入ってすぐの受付にいる、守衛さんのような方に
お弁当を託してそそくさと退散。


べらぼうに遠方ではないものの、近いというほどでもない。
学校に行くんだし、近所に買い物に行くような姿では登場できない。

電車にも乗るわけだし。

それなりに時間がかかってしまうのだった。

結局、それで午前中が終了。



その後happaから感謝のメールが届いたので
まあ、よしとするけど。
[PR]
by happanappamama | 2009-09-24 21:27 | にっき | Comments(0)
『室内楽の夕べ』
今日は素敵に気分が良い。

特別なイベントのなかった連休の最終日
お世話になった先生がピアノ演奏で出演する
『室内楽の夕べ』を鑑賞に、品川のライブハウスへ。

演目は
第一部 フォーレ ピアノ3重奏曲ニ短調 Op120
      ピアソラ ブエノスアイレスの冬・春・夏

第二部 シューベルト ピアノ5重奏曲イ長調 D667ます


先生の出演は第一部。

でもアンコールでも再登場して、
もう一人の方と連弾のピアノを披露してくださった。


あ~、音楽っていいなぁ。

演奏者の
楽譜を追う目線とか、手の動きとか、無意識に動いてしまう口元とか…。

そういうところを間近に感じることができるのも
小さなライブハウスでのライブの良さだ。

ローラ・アシュレイみたいな品のいい柄の、背中の大きく開いたドレスもすごく素敵で。
先生の着るもの、特にちょっと改まった席で着るものはいつも素敵。

個人的に、コントラバスの人の表情にグッと来た。
ピアノを弾いている先生の横顔と、指の動きに連なる肩の線の動きにも。

肩・腕・指の一連の動きがあんまり美しくて、目が釘付けだった。

演奏を聴いていて、
思わず立ち上がってバンザイしたくなったり。

気分が高揚したときに
両手を広げて高く掲げるという行為は
自然なものなんだなぁと再認識。



美しい旋律を自分で生み出すことが出来るって素晴らしい。


家に帰ってきても
今日はクラッシックばかり聴いている。

今、私たちが”音楽”として認識しているものは
遡れば、クラッシックに行き着くんだろう。

もちろん、もっと遡ればさらに源流があるはずだけれど。



今もフジコ・ヘミングのCDを聴きつつ、これを書いてます。

すご~く気持ちのいい、今宵。
[PR]
by happanappamama | 2009-09-23 23:52 | おんがく | Comments(4)
HAPPY BIRTHDAY
今日はnappaちゃんのお誕生日。

10歳になりました。

10年一昔って言うけれど
健康に恵まれて10歳のお誕生日を迎えられたというのは
本当にありがたいことだし、うれしいことだ。


いつもより早めにnappaちゃんのために用意された晩ご飯は
毎年リクエストされる手巻き寿司と
みんなの大好物で、ばーばお手製の鶏とジャガイモのお料理。

nappaが赤ちゃんの頃のビデオを見つつ
みんなで大笑いしながら食べた。


あんなに小さかったのに、こんなに大きくなって…。

ビデオの中には
一生懸命、赤ちゃんのnappaと遊んでくれるhappaもいて
これが、また小さい!

でも二人とも、基本は変わっていないみたい。

こんなかわいい子どもたちの母でいられて
幸せです。

nappaが無事に10歳を迎えられたこと、
こころから感謝したい、シアワセな夜です。
[PR]
by happanappamama | 2009-09-21 21:17 | にっき | Comments(0)
フツーの休日
世の中はシルバーウィーク真っ最中なれど
我が家はなんとなく、フツーの休日。


今日も至ってフツーに始まり、フツーに終わる(予定)。

でも、そのいつものとおりの休日って
なんだかいい気分だな。


お天気も良かったし、洗濯物もたくさんした。


明日は家族の大事な日です。
[PR]
by happanappamama | 2009-09-20 21:15 | にっき | Comments(0)
ほぼタイムトリップ
昨夜、遅く帰宅して
「寒い、ダルい」と騒いでいたジジ男。

熱を測ったら37度代半ば。

こりゃあ、とうとう新型、来たか!と思ったけど
今朝になったらもう平熱になってた。

でもダルダルなんだって。
なのに仕事に行くという。

今日はどうしても行かないわけにはいかないというので
かわいそうだから送っていくことに。


帰り道、信号待ちしていたときに
ふいに、自分の今の周りの状況がが~~~っと後ろに行っちゃって
ポツンとハタチくらいのころの自分が
今の自分の中に降りてきたような感覚に捕らわれた。


そしたら、周りの音が消えちゃって
いろんなものがこみ上げてきて
いろんな感情を思い出して、
いろんな場面がたくさん浮かんで、
胸の辺りがぎゅーーっと詰まるようになって
そして今の自分に
ありがとう、みたいな
おめでとう、みたいな
お疲れさま、みたいな気持ちになった。


こういうことが時々あって
でも、そんな話はやたらと人にはできない。

時には人におかしな目で見られることがあるから。


で、ホントは分かち合って欲しいのはジジ男なのに
ジジ男くんには全くそういう経験がないからなのか
「そりゃあ、気のせいでしょ」
という程度の反応で終わってしまう。


もちろん、気のせいなんだよ。
そんなこたぁわかっているのさ。

でも、そういう感覚がやってくるのは現実で
そして、それは私にとって
タイムスリップしているみたいな興味深い体験なのだ。


現実に時間を遡っているわけじゃないけど
今、こうして車を運転してるのとはまったく切り離された感覚。
それを感じている自分は紛れもなく現実です。

ジジ男には
そんなこんなを昔からずいぶん発信してきたけど
どうも彼はこちら側に来られない人なのだ。


それはそれでしょうがない。
ジジ男が悪いわけじゃない。

でも、最近、
happaがこっち側に来てくれる。

今日もその話をしたら、きっちり喰いついて
ちゃんと私の体験を、そのまま受け取ってくれるのだ。


不思議なこととも、オドロオドロしいこととも、胡散臭いこととも思わず
そのまま、話したまんまを受け取ってくれることの
なんてすがすがしいことか。


あー、今日はいい気持ち。

お茶飲んで、ぬくぬく寝ます。
[PR]
by happanappamama | 2009-09-19 22:41 | にっき | Comments(2)


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル