ひびのあれこれ
by happanappamama
<   2009年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
クリスマスツリー登場
今日、やっとクリスマスツリーを出した。

アドベントカレンダーも一緒に。


昨日nappaが寝ちゃったから
「今日は絶対飾ろうね!」といい置いて学校に出かけていったので
帰ってきたときは大張り切りだったんだけど
私がちょっと調子悪くて、頭がガンガン。

ジジ男がなぜか4時前に帰ってたので
飾りつけはジジ男とnappaにお任せした。


ツリーを出すと、ホッとする。
特に何を準備するでもない、いわゆるフツーのクリスマスなんだけど
やっぱりクリスマスツリーを出さなきゃ始まらない。

「出して、出して!」ってせっつく人がいて正解なのかもしれないな。



昨日、今日としんしんと冷える夜だ。
湯たんぽのお湯を沸かして、早めに寝ましょう。
[PR]
by happanappamama | 2009-11-30 20:56 | にっき | Comments(2)
祝GOAL!
昨日のサッカー。

久しぶりに、「行きたくない、自信がない」って泣いた。


2学期に入ってから、
グランドに到着すると泣いちゃう…ということが続き
そのうち、「ママが見ていれば大丈夫」と練習に行けるようになり
ここ数週間は「ママは来なくても大丈夫」になってきたので
ちょっと安心していたところだったのに。


昨日はサッカーの前にピアノがあって
そこでも練習不足を叱られたりしたらしいので
そのせいもあって、ポシャンとつぶれてしまったらしい。

いつもはピアノとグランドの間を一人で行き来するのに
ピアノのあと電話をかけてきて
「迎えに来て」という。

いろいろ話しながらとりあえずグランドに向かったら
ガンバロウという気になったらしく
「ママ、帰っていいよ」と練習に参加した。


そんな今日。ワイズカップ。

結果は8チーム中、7位と残念な順位ではあったけど
小学生になって初めて、nappaが試合でゴールを決めた。

1試合目と4試合目の2ゴール。


昨日「行きたくない」って泣いたことなんか忘れてしまったみたいに
すごくすごくうれしそうだった。

私もものすごくうれしい。
こんな日が来るとは!


帰りに4年生がじゃっくるの周りに集まったとき、じゃっくるが
「ここに賞品があります。これは、だれにあげるかと言うと…」
「え~、だれだれ?」

「今日はみんな頑張ったけど、
 ジャ~ン、今日の江東YMCA4年生チームの得点王、nappaちゃんにあげます!」

とすね宛てをプレゼントしてくれた。


nappaは心から喜んでいた。

幼稚園のときから、ワイズカップの閉会式で表彰される選手を見てきて
 ”かっこいい!いつかあそこで賞品が欲しいな”って言ってたnappaちゃん。

閉会式で、みんなの前で…ではなかったけど
仲間の前で、頑張った証としてプレゼントをいただけたのは
私もものすごくうれしい。

じゃっくる、ありがとう!


今日はnappaのリクエストで、みんなで手巻き寿司でお祝い!
happaからも「nappaちゃん、カッコいいじゃん!頑張ったねー」と言ってもらい
ホントに誇らしげだった。

nappaは「あ~、楽しかった!」と寝るまで余韻を楽しみ
内藤VS亀田の世界タイトルが始まる頃、心地よい眠りに就きました。



今日はすごくうれしい、いい一日だったなぁ。
寒かったけど、心はぽかぽかです。

じゃっくる、皆さん、ありがとう~~!!
[PR]
by happanappamama | 2009-11-29 22:17 | にっき | Comments(2)
クリスマスツリー
クリスマスの気分が近づいてきた。

明日クリスマスツリーを出すことにしていたんだけど
ワイズカップもあることだし
帰りは夕方になってしまうだろうし
出せるかなぁ。

nappaは飾り付けしたくて「出して、出して~」って言うだろうケドね。
(しかも、何でもかんでもぶら下げたがる!)


今のクリスマスツリーは
happaが1歳のときに東急ハンズで買ったもの。

180センチのツリーは、1歳のhappaにとってはまさに樹だっただろうな。

毎年、その下にサンタさんからのプレゼントが置いてあって
プレゼントを貰うヨロコビを、最後の瞬間に最大限集約しようと
自分の寝床からツリーの下まで自分で目隠しして、
よろめきながら歩いてきた姿が目に浮かぶ。

今はnappaがツリーの下のプレゼントを、
指折り数えて、クリスマスのその日を心待ちにしてる。


思えば、二人が一緒に揃って、夢中で飾り付けをすることができたのは
ほんの何年かだったかもしれないな。

nappaが物心付いてから、happaが小学校を卒業する頃までだから
5年位なのかな。

でも、ツリーはずっと現役で、
15年間ずっと、私と子どもたち(あるいは子どもたちのどちらか)とで
楽しみに飾り付けしてきた。

大きくて丈夫!と思っていたんだけど、
残念ながら、とうとうヘタってきた。

太いワイヤーの枝が、元から折れてしまったのも数本。



思い出深いクリスマスツリー。

買い換えるのも淋しいなぁ。
[PR]
by happanappamama | 2009-11-28 21:56 | つれづれ | Comments(2)
資生堂ホネケーキ
最近、洗顔に石鹸を使っている。

ずっとファンケルの粉を愛用してるんだけど
いただき物の洗顔石鹸がいくつもあったので
もったいないから洗面所に置いて、朝の洗顔だけその石鹸。

石鹸って長持ちするねー!

これは、化粧品会社も
洗顔フォームとか、洗顔リキッドとか
もっと回転のいい商品にチカラを入れなきゃ、
商売上がったりだ。

だって、全然減らないもん。
結構長い間、使ってるような気がするんだけど。


昔は洗顔石鹸のCMも確かにあったけど
今は見ないな。

この長持ち石鹸に広告料は支出できないかもね。



洗顔石鹸で思い出すのは”資生堂ホネケーキ”

子どもの頃、家にあって
なんてキレイな石鹸だろう!ってワクワクした。

ルビーみたいな色の、透明な石鹸。

資生堂の花椿マークがエンボスされていて
泡も心なしかキメ細かい。

しかも、いい香り。

外国製の石鹸みたいに、キツイ匂いぷんぷんじゃなくて
石鹸の香りの範疇を逸脱しない、控えめな香りだった。


しかし、石鹸で顔を洗うなんて
怖くてなかなか出来なかった小学生の頃。

使えるようになったのは中学生になってからだったような。


後になって、ホネケーキはHoney Cakeだということを知ったけど
それを音を優先してホネケーキというところがいいではないか!



私が今使ってるのは、残念ながらルビー色のじゃなく
無色透明の洗顔石鹸。

今もあのルビー色のホネケーキはあるのかしら?


ホネケーキは、まさに大人の入り口だったなぁ。
[PR]
by happanappamama | 2009-11-27 23:05 | つれづれ | Comments(0)
家族で問答
先週末から24日まで学級閉鎖だったhappaくん。

昨日から晴れて授業、のはずが
お早い帰宅でナニゴトかと思ったら、
またまた昨日の3限から土曜まで学級閉鎖が延長されたんだって。

来週からは期末試験。
バッチリ試験範囲な授業は受けずに、試験を受ける。

あ~~~~~!という母の心の叫びとは裏腹に
本人はリラックスモード。


で、そんな昨日の晩御飯のとき、
nappaが見ていた恐ろしくへたくそで美しくない絵のアニメがスペシャルで
(『まいにちかあさん』というの)
AKB48という、最近人気だという女の子グループが出ていた。

私が何げなく
「こういう、ワケのわからない女の子のグループが
 パッと出てきて、パッと人気が出て、
 おじさんみたいな世代の人まで夢中になって追いかけてるなんて
 そんな社会は病んでいる」

みたいなことを、ジジ男に向かって
(別にジジ男がその子たちのファンなわけじゃないんだけど、
 おじさん世代の代表みたいに標的にして)
感情にまかせて、あまり深く考えずに言ったら

happaが「それは、どういう意味?」って喰いついてきた。

どういう意味って言われても
そういう意味なんだけどなぁ、と思いつついろいろ考える。

で、ポツリポツリと「こんなこと」みたいにして話すと
また「つまり、それはどういうこと?」「なにが気に入らないの?」と
いろんな角度から質問してきて
私の考えを引き出そうとする。

私も、どういうところが具体的に”病んでいる”と思ったのか
真剣に、深く考えた。

happaはとにかく、私がどういうところを問題にしているのかを知りたかったようだ。
そして、多分happaも少なからず、
こういう現象を「ちょっとおかしいのでは?」と思ったので
どこがおかしいのかを知りたいと思っていたみたいだった。

二人で質問したり答えたりしながら(そのやり取りはややこしいので省略しますが)
なんとなく「こんな感じ」という結論めいたことに導かれたとき
happaが慌ててメモ帳を取りに行って、なにか一生懸命書いていた。


ジジ男が「何を書いたの?」って聞いたら
「自分の考え。忘れないように」って。


なんだかうれしかった。
happaも楽しんで問答しているらしいことが見えて、尚更うれしい。

こういうやり取りって、楽しい。
ディベートというほどじゃないけど、ああだ、こうだ言いながら
見えてくるものがある。

自分で発言したことも、
改めて問われるとうまく説明できなかったり、よくわかっていなかったり。
そういうことも、こうやって話すことによってクリアになっていく。

学級閉鎖の平日昼間、こんな話がいっぱいできればいいなぁー
なんて思ったりもするけど
まぁ、来週から期末試験なワケで、
閉鎖中は課題もあるらしい。


子どもの成長で、何が楽しいって、
やっぱりこんなやりとりが一番楽しいな。

彼のメモ、見てみたいなぁ。
[PR]
by happanappamama | 2009-11-26 14:28 | にっき | Comments(0)
試練
女の子の付き合いって、ある時期まで結構残酷だったり
いやったらしい部分がいっぱいある。

いままでnappaはそういう関わりとは無縁で来たけれど
先週末、お友だちから酷いことを言われたようで
今朝、「学校に行きたくない」と泣きながら
事の顛末を話してくれた。


nappaの何かの発言が、その子に”自慢”と受け取られたらしく
ドッジボールの試合の話をしているときに
突然”自慢しないで!”って怒鳴られたんだって。

そして、帰り際
小さく折りたたんだ手紙に「もう関わらないで」と書かれていたんだそうなのだ。


学校を休んでも、事態は決してよくはならないと話したけれど
わかるよ、その気持ち。

学校に行くの嫌だよね。



私もnappaくらいのころ、
仲良しだった友だちに仲間はずれにされたことがある。

そのとき、
nappaと同じように、やっぱり学校に行きたくなかったなぁ。

友だちとのトラブルは、なんだかズーンと胸に重くて
家にいるときが一番安心って思った。


nappaには心当たりがないみたいだったので
学校ではできるだけいつもと同じように過ごして
そのオトモダチに無理して話しかけたりしなくていいんだよって話した。

nappaちゃんが毎日をnappaちゃんらしく過ごして
nappaちゃん自身を磨いていったら
そんなつまらないトラブルには巻き込まれなくなるよって。

そして、学校が終わったら走って帰っておいでって。

ママの大事なnappaちゃんを苛めて!
そんなわからずやの友だち、ママが踏んづけてやる!って言ったら
泣きながらしがみ付いてきたけど
意を決して、泣いた目をゴシゴシ拭いて、足取り重く学校に行った。


あ~、いやだなぁ。
女の子同士って、どうしてこんな風に面倒なんだろ。

自慢した、とか、生意気だ、とか、調子に乗ってる、とか…
そんな風なことで、すぐ仲間はずれになっちゃったりするのだ。


むー子を散歩させながら、20分休みの頃学校の様子を見に行ったけど
窓から伺える範囲では
いつものように過ごしているらしいnappaの姿が見えて
まあ、このまま様子を見ようと思いながら帰ってきた。


3時半過ぎ、nappaが
「仲直りできたよ!」って帰ってきたときはホッとした。

そして、「学校休まなくてよかった」って。


もしかしたら、長期戦になるかもなーとも
チラリと考えていたから、ホントによかった。


nappaには辛かったろうけれど、これも経験。
無駄にはならないし、必要なことでもあるかもしれない。

でもそれは後から”よい経験だったな”と思えることで
渦中にいるときは辛いだけなんだよね。


母としては、やっぱりそんな渦に巻き込まれることなく
楽しく毎日を過ごして欲しいと願ってしまうなぁ。
[PR]
by happanappamama | 2009-11-24 21:33 | にっき | Comments(2)
フツーの休日
土曜日はフツーの土曜日として過ぎていき、
日曜日は近所のショッピングモールへ出かけていたらあっという間に終わってしまったけれど、

今日の勤労感謝の日は、のんびりゆったりとした
まさに、おウチの休日としては理想的な一日でした。


申し込んでいた粗大ごみの回収が今日だったので
朝8時までに玄関前に出すべく、早起き。

の、おかげで朝からちゃんとご飯を食べ、
洗濯しながらジジ男の髪のカットもし、
午前中のうちにじーじの事務所に置きっぱなしにしてあったクリスマスツリーと、本を数冊回収し、
しっかりお昼ごはんも作り…。

天気がよかったせいもあって、動くことが清々しくて気持ちよかったな。

いつも日曜はどこへともなくいなくなってしまうhappaが
学級閉鎖ということもあり、
昨夜頭痛と微熱があったこともあり(今朝には平熱でしたが…)
ずっと家にいたので
”家族で過ごす休日”な気分がいっぱい。

午後はベランダでししゃもを焼いて、コーヒー飲みつつおやつにして、
冷えてきてからは、珍しく居間で世界史のまとめをしているhappaの横で
本を読みながらうたた寝。

している間に、nappaとジジ男は二人でお散歩。


久しぶりに、家族全員が揃って一緒にのんびりした休日でした。


なんでもない一日が、やっぱりいい。

たいしたことしてない一日なのに、こころから満ち足りた気分の午後10時です。
[PR]
by happanappamama | 2009-11-23 22:16 | にっき | Comments(2)
ここ2~3日
おニューな料理が続いていましたが
木曜の夕飯に頑張って作ったおニュー3品がちょっと失敗だったので
昨日はおニューからは離れて鍋。

今日は週末によく登場する餃子でした。


週末は作り慣れてるもので、ちょっと休憩しよう。



happaのクラスがとうとう学級閉鎖に。

学校単位では、ひと月以上前がピークだったので
収束に向かっているのだな…と思っていたので
ちょっとビックリ。

本人は、生まれてはじめての学級閉鎖に大喜びだけど
今日の4限から24日いっぱいという、ほぼ週末と重なった学級閉鎖で
「あ~、普通の平日がよかった!」という気持ちでもあるらしい。


張り切って遊びに行く風なことを言っちゃってるので
「学級閉鎖の間は外に出てはならん!」と諭したけど
じっとしていてくれるのかなぁ。




私は3日くらい前に、どこかから聴くとはなしに聴こえてきたQueenを
なんだか無性に聴きたくなり、
AmazonでCDを買っちゃった。

私がQuenを聴いてたのは
まだコンパクトディスクというものが登場する前。

友だちに録って貰ったテープで…という時代だったから
LPは持ってても、言われてみればCDは一枚も持ってなかったのだ。

で、おととい届いたCDを聴きながら
掃除などなど家のことをしていると、
はかどる、はかどる。

なんか、乗せられちゃう音楽なんだよね。

私が高校生の頃は、Queenってハード・ロックの括りだったように思うけど
今聞くと、ものすごくソフト。

KISSだって、昔は「激しい!」と思っていたけど
今聞くとオトナシイ感じに聞こえたり。

一時、あのハモリがベタに聞こえて嫌だったQueenだけど
やっぱりビートルズとは違う位置で、スタンダードだなぁと再認識。


なんて思っていたら
そらちゃんのmixi日記で、やっぱり「最近Queen」と書いてあって
うれしくなっちゃった。

来週は、これで家事がはかどるぞ!
[PR]
by happanappamama | 2009-11-21 22:24 | Comments(4)
お初メニュー週間
先週金曜は宅配ピザ。
土曜は実家の両親と一緒に外食。


だから…ってわけでもないけど
日曜の夜から、連日”お初メニュー”に挑戦中。

日曜は2品。
月曜以降は毎日メインの1品。
今まで作ったことのない料理が食卓に並んでいるのだ。



すごーい!ワタシ!



日曜は副菜2品だったんだけど、家族の反応はイマイチ。

しかし、月曜以降
毎回(…といってもたった三日だけど)好評を博しているんだな、これが!

しかも、うち2回は星三つ相当のオホメのことば。


料理本は、買っても結局作るものが決まってしまって
今ひとつ思ったように活用できない。

ウェブでもなかなか相性のいいサイトが見つからなかった。

Cook Padはよく覗くんだけど、なぜか皆さんの評価のようには仕上がらない。

レシピブログも、
どうもコメント欄にあるような「めちゃ旨!」っていう風にはなかなか思えず…。



しかし、最近、なかなか相性のいいサイトをみつけ
そこで紹介されている料理を試している。


あまり手間をかけず、野菜多めのメニューがいっぱい。
いいサイトに巡りあっちゃった!という気持ち。


いつまで続くかわからないけど、
とりあえずウィークディは「一品新しいもの」を作りたい。

一ヶ月を目標にガンバリまっす。
[PR]
by happanappamama | 2009-11-18 22:45 | にっき | Comments(6)
寝たくなかった夜
日曜の夜、happaとnappaと3人で
『サザエさん』の後に始まった番組をなんとなく見ていた。

ソファに寝転がっていたnappaは間もなく眠ってしまったようだけど
happaと私は、これまたなんとなく、最後まで見てしまった。

テーマは「死ぬときに後悔すること25」


終末期医療に携わる医師が最近そういうテーマで本を書いたようで
その著者であるお医者さんが、
自分が現場で見聞きしてきた「後悔すること」を話しながら
番組が進んでいく。


後悔すること…というのも
やっぱり人の数だけバリエーションがあるのだろうけど
そんな中でも、この25個については
多くの人が感じたことなんだろう。

大きく分けると、
「あんなこと、しなければよかった」というのと
「こうすればよかった」というの。

そんな中でも、ものすごく多くの人が言うのが
「自分の体を大事にしてこなかったこと」への後悔なんだって。

私もその辺り、うん、うんと頷く。

日々の生活に追われて後回しになったりして、
自分の健康管理に万全を期しているとは言い難い。

25個のそれぞれが、
この年になると理解できるなぁと思えることだったように思うけど
happaは「なんか、ピンと来ないものが多かった」んだって。


15歳の人には、
人生を終えるときの後悔の念は想像することが難しいんだろう。


でも、その後いつになく
人生の哲学みたいなものについて
あれやこれやと気になる様子だった。

生きていくことについて
いつか死ぬことについて

二人でたくさん話して
気づいたら1時過ぎていた。

話しても話しても、尽きないテーマなんだよね。
でも、スッパリと回答の出るテーマじゃないから
お互いにそこを探求するもの同士、対等に話せるのがいいところだ。

ママはこんな方向で行きたい。
僕はこんな感じでやってみる。

そんな風に、お互いが日々の生活を通して旅しているのだ。

私ももっと話していたかったし、
happaも話していたそうだったけど
翌日は学校だし
「もう、寝よう」と言って寝床に行った。


こんなハナシを焚き火を囲んでしたいな。
夜が白々と明けるまで、
小鳥のさえずりが聞こえてくるまで
暖かいものを啜りつつ、心ゆくまで話したい。


しかし、現実は
苦手な数学のテスト迫る日曜の夜だったりするわけで。

翌日はフツーに学校なわけで。




翌朝、
happaが起こしに来てびっくりして飛び起きた。

「今何時?」
「7時23分。学校に遅刻するかもって電話した」

「え~~~~~!!」



お弁当…。
遅くとも7時半には出発しなくちゃ間に合わん。

「ごめん、どんなに急いでもお弁当作るのに20分はかかる!」

いつもなら、ジジ男が早起きしてるのに…。
むー子が散歩に行きたくて騒ぐのに…。

こんなときに限って、家の中がシンと静まり返っているなんて。



尽きぬ話の翌日は、happaクン、初めてコンビニ弁当となってしまいました。
[PR]
by happanappamama | 2009-11-17 22:19 | にっき | Comments(6)


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル