ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
予知?
昨日の午後から、柴犬むー子さんの様子がなんだかすごく変だった。

午前中はいつもと変らず元気だったのに
お昼過ぎから、なんだか挙動不審な行動を取るようになって。

申し訳ないことに、
彼女はお隣のビルに住んでいる男性がドアを開けるたび、
階段を上がり降りするたびに(私にはその音は聞こえないんだけど)
とにかくそちらに向かって、仕事をこなすように吼えるんだけど

昨日はウンともスンとも言わず。
小刻みに体を震わせながら、隅っこに座り込んでいる。

震えが止まらないばかりか
しっぽをだらりと下げたまま(いつもはくるんと上向き)、ウロウロ歩き回ったり
窓と家具のスキマとか、ベッドの下とか、洗面台の下とか
とにかく、狭くて暗いところに身を隠そうとするような動き。

視線も、空を見つめてきょろきょろと動かす感じ。

私の食べてるものをねだりにも来ないし
大好物の乳酸菌タブレットにも見向きもしない。

どこか痛いのかと体のあちこちをさわったけど
痛がる様子はないし、どうも病気風の感じじゃない。

お隣さんに吼えるたび、みんなで力いっぱいダメって叱るのがよくなかったのか?などと
ストレス性の病気を心配したり
午前中、私が出かけている間に、何か怖い目にでもあったのか?と考えたり。


体をさすって、大丈夫、大丈夫と声をかけたけど
やっぱり震えは止まらず、ワンとも言わず。



体をさすりつつ、考えた。

あれ?もしかして、大きい地震でも来るんじゃない?
天変地異の前に動物が異常行動を取ることは、結構いろんなところで聞いたことがあるし。

nappaは学校にいるし、近いからとりあえず大丈夫。
ジジ男とhappaにはメールで知らせておこうかな、と思ったけど
「んなわけないじゃん!」とバカにされそうな気がしたので
2人にはむー子の具合がよくないってことだけメールした。


なんてことをしていたら、夕方、ホントにグラっと来て。

慌ててテレビをつけたら福島が震源だという地震速報。
東京は大した揺れじゃなかったけど、とにかく地震が来たのでちょっとビックリした。

でも、今までも何度か地震があったはずなのに、ヘンな行動は今回だけだしなぁ。
大きな地震でもないしなぁ、などなど考えるけど。

地震の後、むー子はいつもの調子を取り戻して、くるんと上向きの尻尾で
室内を闊歩していた。

その後は好物の乳酸菌タブレットもぺろりと食べたし、外の物音にも反応しているし。


もしかして、予知だったのかなぁ。
教えて、むー子さん!
[PR]
by happanappamama | 2010-09-30 10:22 | にっき | Comments(7)
happaの夏を振り返って思ったこと
中学生になってから、毎年のように参加しているキャンプが
今のhappaの夏のメインだ。


夏の声を聞くころから
部活よりも、家族とのキャンプよりも、そのほかのいろいろよりも
野尻学荘に照準を合わせて生活しているように見える。


年が明けると、
”学荘まであと何ヶ月”みたいなことを時々口にするようになり、
初夏の頃には文字通り、指折り数えるという状態になっている。


毎回のキャンプ後の興奮を見ているこちらとしては
初参加の中1のころから、そんな思いでいたんじゃないかと思っていたけど
意外や、ホントに彼の中で学荘が抜き差しならないものになったのは
去年の夏のようだ。

そんな話を去年の秋に聞いて、ちょっと驚いた。
だって、いつもいつも「早く来年の夏にならないかな」って言ってたのに。

話によれば、
毎年とにかく楽しかったし、行ってよかったっていう気持ちになる。
けど、それは夏のひと時のことで、時間が経つとどこかほかの事柄の下に
紛れ込んでしまうものだった、と。

そこで終わっていれば、
それはそれで楽しい思い出として残るものではあったけれど
今の思いを知った後では、
その頃の”楽しかった”は次元が違うものだったということが理解できるということのようだ。

同世代の男子たちが
朝から晩まで顔を突き合わせている15日は
イザコザもあれば、すれ違いもあるんだろうけど
そんなこんなを経るからこそ、新たな、一歩進んだ関係に発展していくんだろう。


私はそんな長いキャンプを経験したことがないから
想像することしか出来ないけど
彼の思い出話や、後日送られてくる報告書を見ると
グループの中にも、キャンプ全体の中にも、ちゃんとhappaの居場所があるように思えるし
彼自身もそれを感じることが出来ているんだろう。

ありがたいことだと思う。




学荘のリーダーたちは
いわゆるYのリーダーたちとは少しトーンが違う。

私がキャンプに行ってた頃、そのころのDirの依頼を受けて
学荘のリーダーがキャンプの助っ人として来てくれたことがあったけど
彼らと自分達とのトーンの違いを感じたものだった。
(時にそれが排他的な感じがして、ふんっ!と思うこともあった。
 今だから言うケド…ていうかその頃も言ってたけど。)


そのころは、なぜ違うのか、どんな風に違うのか、深く考えたりはしなかったけど
改めて考えると、そのひとつは
やっぱり長期戦に臨む持久力なのかな、という気がする。

彼らは基本的な野外の技術はきちんと持っていたし
人と向き合って生活を共にするという心構えみたいなものは基本としても
いわゆる”技術”をちゃんと持っていなかったら、やっぱり長丁場はキビシイのだろう。


普段の様子と、爆発しちゃったときの様子が全く違うのも印象深いところだった。

例えれば、山の麓をゆっくりゆっくり歩いていたのが、
いきなり頂上にダッシュで駆け上がって踊りだしちゃうみたいな。



誤解が怖いので言っておくと
短期のキャンプと長期のキャンプでは
リーダーに求められる役割やスタンスが微妙に違って当然だと思うし
だから短期キャンプに参加するリーダー達に”持久力がナイ”って思ってるわけじゃ全くない。

キャンプの期間によっては、持久力というよりは
ある程度のテンションを保持し続けなければならないことだって当然あるし。


学荘だけに来ているというリーダーだけじゃないから
そのあたりは、期間の違いというのも見当はずれな見方じゃないと思う。


いろんなリーダーがいて、いろんなボーイズがいて、
いろんな経験が出来て、いろんなことを考える時間がたっぷりある学荘。

年々、参加者が減っているようなのが残念だ。


今年の夏も、
学荘から、リーダーズから、いろんなものをもらって帰ってきたように見える息子氏。

それが、直ちに普段の生活に生かされるわけじゃない。残念ながら。当然ながら。


でも、10年後も20年後も、50年後も、
ずっと変らず生かされ続けていくんじゃないかと思える。


既に、来年の学荘も楽しみにしているしねー。
[PR]
by happanappamama | 2010-09-23 12:04 | キャンプ | Comments(0)
nappaの夏
この夏、
nappaが初めて江東(近年は東陽町と一緒だけど)以外のキャンプに参加した。

厳密に言えば、ファミリーでは別のセンターを経験しているけれど
一人で行くのは初めてだ。

去年、happaの学荘での様子を自分の目で見て
どうしても夏のキャンプで「野尻に行きたい!」という思いを強くして帰ってきて
ずっと「夏になったら」といい続けてきた。


彼女はキャンプに参加するとき
誰か知っている人がいるか、いないか、気にしたことがナイ。

知っている友だちがだれもいなくても、そんなことには全く頓着せず
ドシドシ参加する。

私は、自分が子どもの頃
「○○ちゃんは行くかなぁ」「○○ちゃんが行かないなら、やめようかなぁ」
などと考えていたクチなので
彼女のそういうところは尊敬している。

あの年齢の私には出来なかったことだ。

そして、そんなことでチャンスを潰さないで済むのはありがたいこと。


ただ、今までは江東のキャンプだったので
そんなこんなを気にせず参加しても、メンバーにしてもリーダーにしても
顔見知りがいることの方が当たり前だった。


ところが今回、山手のキャンプ。
打ち合わせ会も、出発も解散も、もちろん馬場。

参加者の多くがわざわざ電車や車で参集する。

nappaが知っている人は、Dirを含めて皆無。

余計なお世話だけど、私的にはちょっと心配だった。
山手は江東とは客層(っていうとヘンだけど)も違うし、大所帯だ。
キャンプ自体を覆っている空気も違うだろう。

一応申し込む前に、「きっと誰も知り合いはいないけど、それでも平気?」って聞いてみた。
もちろん、「平気に決まってるでしょう?」との返事。


いらんことを心配するのが申し訳なくなるくらいにキッパリと。



キャンプ中、いまごろ何をしているかな?楽しくやってるかな?って
しなくてもいい心配をしつつ過ごし、
とうとう帰ってきたnappaちゃん。


いままでの経験とは、また別の経験をしてきたようだった。



いつもなら、もういいよと思うくらいキャンプソングを歌い
キャンプでの出来事を話してくれるのに
今回は「楽しかった」とは言うものの、ほとんど自分からキャンプのことを話さない。


ポツリ、ポツリと話してくれたことからは断片しか判らないし、
簡単に総括は出来ないけど、
今回初めて、コミュニケーションの難しさを感じて帰ってきたようだ。

メンバーとも、グループのリーダーとも。

キャンプも佳境に入った5日目(全7日間)、
彼女自身耐えることが難しくなり、泣いてしまったと聞いたときには
親としては「かわいそうに」と抱きしめてあげずにはいられない。


決して楽しくなかったわけじゃないけど、微妙に歯車がズレたまま流れた時間。
世の中にはいろんな人がいて、必ずしもみんなが自分に好意的ではないんだという事実。


断片的に聞くキャンプ中のエピソードからは
楽しかったいろいろも伝わってくると同時に、
キャンプを企画運営することの難しさ、若いリーダーの肩にかかる責任の大きさ、
多感な時期の、複数の子どもを見守り導いていくことの難しさと大事さを
考えさせられた。

キャンプの運営がどう、リーダーの力量がどう、と言うつもりは全くない。

リーダー会は、リーダー会として
この夏のキャンプをいろいろな角度から総括して次に繋げてくれればと思う。



我が家が向き合っていくのは
nappaが何をどう感じて、それをどう生かしていくかを見守るということだ。



この夏、彼女がキャンプでさまざまな人に会い、いろんなことを考えたそのことで
やっぱり行かせてよかったと思う。

朝から晩まで一緒にいて、いろんなぶつかり合いがあるのがキャンプの醍醐味だ。

彼女にとってはとても大きな勉強だった。



しばらくして
「来年のキャンプはどうする?」って聞いたら
「夏は絶対、野尻に行く」と答えた。

中止になっちゃったけど、9月の連休に企画されてた野尻のキャンプにも申し込んでいたし、
今週末の思い出会も楽しみにしている。



鈍感なのか、サッと水に流せるタチなのか、
はたまたソレはソレと切り替えられる人なのか…

いろいろあった夏の7日間は、きっとどういう風にか消化できているんだろう。

楽しかったこともちょっと後ろを向きたくなるような経験も、
全部含めてキャンプだし、
だからこそ価値があるとも思う。


そして、
いろいろあった中でも
楽しかったことは楽しかったと額面どおりに評価しているらしいことを
喜ばしく思う。



よい経験をした夏だったね、nappaちゃん。

思い出会、よい会になるといいな。
[PR]
by happanappamama | 2010-09-22 12:15 | キャンプ | Comments(8)
とりあえず、ここ数日
書こうと思っていたことを書けずに、今日まで来てしまった。

子どもたちの夏について、私の夏について
残しておきたいことがいろいろあるんだけど
家族で出かけたキャンプ以来
次々とカラダの不調が現れ、
いまだに本調子でない日々。


自分の体は大事にしなくちゃ、とは思いつつ
どう大事にすればいいのか今ヒトツ明確でない。


疲れたら休む…って思っても
自分の一存ではどうにもならないことだってあるし。

疲れた~、ダルイ~って思うのも
気のせいとホントの疲れとはっきり区別なんてつかないことだってある。


キャンプの半ばに山に登った。

ハイキング程度…とナメていたら、結構ハードな道。

翌日は体中がバラバラになるかと思うほどの筋肉痛で
それでも遊び倒して自宅に戻ったけど
筋肉痛は治まらないし、体もだるくておかしいなぁと思っていたら
何年かぶりの高熱。

2日で熱は下がったものの、ダルさと咳が半端ない。

暇さえあればフローリングの堅い床にゴロゴロ転がりつつ、
激しく咳き込む…ということを続けていたら
今度は腰を痛めてしまった。

今日から整体通い。

腰が痛いと日々の生活が大変。
腰って、いろんなところで力を発揮しているのだということを実感する。


おととい、昨日と、
happa周辺で起きた悲しいいろいろも
心に重く刺さる。


今年の夏、いろんな意味で
小さな曲がり角に来ているのかなと思うことがあった。

そんなこんなについて
近いうちに記録しておきたいって思うけど。


まずは体をちゃんとしなくちゃ。
[PR]
by happanappamama | 2010-09-06 13:15 | にっき | Comments(8)


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル