ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
鏡の奥
件の対談本、おもしろかった!

対談だから読みやすかったけど、実はわからないことがたくさん。


いろんなところに話題が飛んで、
それが全部、ちゃんとつながりのあることだから、
そういう話の広がりがとてもオモシロかったんだけど、

ちゃんと理解したかと問われれば
数学苦手のワタクシには、わからない話題もいろいろあった。


河合先生は、かつて高校で数学の教師をなさっていたらしく
『博士の愛した数式』の著者と、数字の話で盛り上がる。

その辺のオモシロさが、いまひとつわからないんだよ。
残念。


数学っておもしろいんだなと思うようになったのは
数学を、もう勉強しなくてよいことになってからだ。

数学ができないって、実はどこかでコンプレックスでもある。

世間とか、誰かに対して引け目を感じてる…というわけではなく
大事な一部分を勉強せずに来てしまった忘れ物感みたいな。

昔は
数学なんて、基本的な計算さえできれば実生活にカンケーないじゃん!
などと思っていたけど
それは数学を知らないものの浅はかな考えだったんだなー、と思うことが、
年を追うごとに増えた。



何年か前、わかりやすい数学の参考書を見つけてから
時々、その本で勉強している。

”ほー、なるほど”などと感心しつつ
かつて積み上げてこなかった数学の基礎を学ぶことで
抜けていた何かを取り戻すような気持ちになって安心する。


だからって、ちゃんと身についているかといえば、
それはまた、別の話なんだけど。

数学ができる人が語る
数字の美しさみたいなものは、まったくわからない。

美しいんだろう、っていうことは想像できるけど
美しさ、そのものはわからないんだなぁ。

わかりたいけど。


対談本は
数学の話だけじゃなく、宗教の話や、カウンセリングの話、人間そのものの話もあり
とても興味深い。

そして
「じゃあ、もう疲れたからこのへんで。あとはまた次回にしましょう」

なんて対談を終えながら、
その直後に河合先生が倒れて、そのままになってしまったというのが切ない。


河合隼雄さんの本は、どれもとても勉強になる。
知らないことを、知らないままで終わりたくない、という気持ちにさせられる。

この対談本も
ついていけない話題も、もちろんあったけど
扉を開けて待っててくれるみたいな感じが、常にある。

こういう人が自分の先生だったら
私ももっと勉強したのになぁ、なんて思ってしまう。

勉強して、同じ土俵で会話したいって思うだろうな。



その本を読んで終わり、じゃなくて、その先がある本はいい。



子どもの頃
母の三面鏡に顔を挟んで
どこまでもどこまでもどこまでも続く鏡の中の世界を怖々見つめた。


知りたいこと、もっと深く理解したいと思うことを増やしてくれる本って
鏡の奥に踏み込んでいくみたいな、そんな感じと、
どこか似ていなくもないな。
[PR]
by happanappamama | 2011-02-28 22:17 | ほん
sweet seventeen
happaくん、今日で17歳になりました。

17年たった今も、彼が生まれたその朝のことを思い出します。

小さくてやわらかい、若い葉っぱのようだった、その小さな手。
ホッとして横たわっていたベッドから見えた、窓の外の薄明かり。
廊下から聞こえてくる、誰かの話し声。


あれから長かったような、あっという間だったような時間が流れ、
17歳という、押しも押されぬ青春真っ只中の年齢になったんだな。


もちろん、至らないところはたくさんあれど
素敵な子に育ってくれたと、母は思っています。

元気に大きくなってくれてありがとう。

私を”おかあさん”というものにしてくれた人。
お誕生日、おめでとう。happaくん。
[PR]
by happanappamama | 2011-02-27 21:43 | にっき
ヤマ本など
nappaと買い物に行ったついでに、ブックセンターで本を買った。


河合隼雄さん+小川洋子さんの対談本と、『わたしのマトカ』


『わたしのマトカ』は、「かもめ食堂」に慰められまくっている頃
図書館で借りて読んだ。

装丁も好きだし、
片桐はいりさんのエッセイがツボだったので欲しいなと思っていたんだけど、
買わないまま今に至って。

”もう文庫になってたんだ”と思いながらラストのページを見るともう4刷目。

本の質感とか、やっぱり全体的にハードカバーの方がいい感じだけど
保管するスペースとか、もろもろ考えると文庫版はありがたい。
たまたま見つけたのが文庫版だったし、これもよし。

この後の『グアテマラの弟』も面白かったから、文庫を見つけたら買おう。


夕飯が済んで、のんびり買ってきた対談本を読んでいたら
happaが「こんどクライマー系の人が書いた本を読みたいな」という。

そんなことを言われちゃうと、推薦せずにはいられないじゃないか。


私もかつてヤマ本に嵌り、その後も時々山系の本が恋しくなってよく読んだ。

ノンフィクションも、小説も、それぞれに面白さがあるけど
事実に基づいて書かれたものは、やっぱり迫力がある。

ただね、本を薦めるってちょっと躊躇する。
あんまり熱く薦めてしまうと、受け取るほうはゲンナリしちゃうだろう。
薦めるほうと薦められるほうに、あんまり温度差があると
その本をかえって遠ざけてしまうかもしれないし。


とりあえず
「ウチにも、ヤマ系の本いっぱいあるよ」とだけ言ってみた。

そしたら
「じゃあ、貸して。あ、でも来週から期末だ」と。

そうだよ、来週から彼は学年末試験だ。

しかし、私も経験あるけど、
そういうときに限って読みたい本が登場しちゃうんだよね。

試験とは関係のないことに俄然興味が湧いちゃったり、
挙句の果てには、普段はしない部屋の片付けに精を出してみたり。

すぐに本を持ってきてあげようかなと思ったけど、試験後にしよう。

春になったらひとりで山に行きたいなんてことも言ってるし
ヤマの本で、山の危険を学習しておいていただこうではありませんか。



山に行くなら、山のことを学びなよ!と言えば、
もちろんヤツは読むだろうから。
[PR]
by happanappamama | 2011-02-26 23:33 | ほん
忘れちゃったけど。
何を書こうと思ったんだっけ?…ってことが多いこのごろ。

さっきまで頭にあったことが
すっかり消えてなくなって、今も「あれ、何書くんだった?」と途方にくれていたら

突如happaが
「やっぱり、親の力って偉大だなぁ」としみじみ呟いた。


そうか、やっとわかったか、息子よ。
…と思ったら、私のことってわけではなく、TVを見ててそう思ったらしく。


でもさ、そうなんだよ、happaくん。

母も改めて、親の力って偉大だなーって
じーじ、ばーばを見ていて思う。

そうやって連綿とつながってきた命の鎖の果てに、君はいるのだ。

先達のことを考えるってことは
今の自分をもう一度見直すことに繋がるね。

そんなことを君が思ったかどうかはわからないけど
そんなことの端っこを感じてたんじゃないかなっていう声だったよ。


今日は、何を書こうと思ったか忘れちゃったけど、いいや!
[PR]
by happanappamama | 2011-02-25 20:53 | にっき
いまさら、年頭の思い。
普段、あんまり関わるチャンスのないタイプの人と一緒に何かをする機会が
去年一年、わりとあったような気がする。

こんなこと、やる意味あるのかな?と思えるような行事とか
昔からやってるから…という理由だけで、今年もやることを求められる慣習とか
理不尽な言いがかりなんかも無きにしもあらずで
“うーん、しんどい”と思うことも正直あったはずだけれど
いわゆる、普段はまったく別の方を見ているんだなと思える人たちとの交わりは
お互いに切磋琢磨する関係とはまた違う形ではあるけれど
勉強になるな、と思うことがいろいろあった。

それは、反面教師とか、そういうネガティブなものじゃなく
もっと前向きな意味で。

改めて、正論って、いろんな角度から見えるそれぞれの正論があるんだなって思う。
自分の思いとか意見を、自分が大事にするのと同じように、
それぞれの立場から大事にしたい思いがある。

それを、私がどう思おうとも。

そしてその中には、やっぱり学ぶところがあるものなのだ。

仲良しの、気心知れた人たちとの交わりは
なーるほど!って思うこともいっぱいあって、実際、実りも大きい。
ひとつのテーマで語り合うと、テーマが深まっていくし、気づきもたくさんある。
そして、何より心地よいし。

でも、いわゆる、仲良しじゃない、スタイルや畑のまったく違う人と交わってみると
ああ、こういう刺激も大事だなーって思う。

目線の違う人と一緒にいると、コンチクショウ!って思うことも多々あるし
はぁーって大げさにため息をつきたくなることもある。

しかし。
だからこそ、自分の考えや行動の意味するところがはっきりわかったり
改めてこれでよかったのだ、と納得したりもする。

年が年だけに、自分のスタイルや方向は、もうある程度固まっている。

まったく違う目線でガツンと一発食らわされても
自分を深く省みて、じゃあ別のスタイルで行きます…という風には
もうならないだろう。

だから安心して、一発食らわされることができるんじゃないかなぁって
なんとなく考えた、この年初。

そして、その一発を食らうことで、自分の厚みを増していくってことも
あるんじゃないかな。

井の中の蛙ではツマラナイし、一人よがりなんて、もっと嫌だし。
内輪受けは、息抜きだけでいい。


今年はいままで付き合いたくない!って思ってた人とも
あえて、ちょっと交わってみようかなって思います。

いろんな意見の中で、どうすりゃいいの?って思うとき
やっぱり自分のスタイルに返りさえすればいいんだから、
気が楽だ。


それを俯瞰で見て、おもしろがれる境地に達したのだと思えば
私も成長したじゃん!って楽しくなるというものさ。




さあ、これから5時間目の見学に行ってこよう。
[PR]
by happanappamama | 2011-02-17 13:05 | つれづれ
恐ろしや。ノロウィルス
月曜の明け方、気持ち悪くて目が覚めた。

時計を見たら3時ちょっと過ぎ。

あまりの吐き気にトイレに駆け込んで、
でも胃には何も入っていなかったらしく、ほとんど何も出ない。

でも少しすっきり、ホッとして寝たんだけど
それから30分~1時間おきに、同じ状況が繰り返されることに。


朝になっても起き上がれず、
1日吐き下し。


土曜の昼過ぎから同様の症状だったジジ男の風邪が移った模様。

「ノロウィルスかもねー」なんて
ひとごとの様に思っていたら、自分が感染してしまった。

誰かが具合の悪いとき
動ける私がいろいろ世話を焼くことに、意外と張り切ってしまう私。

いつも以上に、「必要とされている感」があるからだろうか。

でも自分の具合が悪くなって見たら
そうやって甲斐甲斐しく世話を焼きながら、
必ずしも病人の辛い気持ちを理解しているわけじゃないんだなぁ、ってことを
改めて感じた。

ノロウィルスじゃないかもしれないけど
ノロ風の症状。

かな~り辛い。


以前友だちに聞いたけど、
ノロの場合、特に薬があるわけじゃないので
とにかくジッと病の癒えるのを待つしかないみたいだ。


吐くことってすごく消耗するし、何も食べられないし、何もできない。

昨日1日、動く必要のあるときだけ這うように移動して
普段は好きじゃないゼリーをひとつ食べただけ。

ゼリーなんて、ここ数年食べていないくらい、私にとっては無くてもいいものなのに
とにかく、昨日はゼリー以外の何も食べられないという感じだった。

果肉の入ったジューシーなゼリーじゃなく
とにかく、果肉の入っていない、透明な液体を固めただけのを買ってきて!
と、ジジ男くんに頼んで、やっと食べた。

ツルンとした喉越しで、病人には有り難い。


夕飯は、近所のお蕎麦屋さんに出前を頼み
ジジ男とnappaにはそれで済ましてもらった。


昨日一日、とにかく食べずに、ただただ安静にしていたのがよかったのか
今日はほぼ、通常業務をこなせるまでに回復。

朝こそおかゆだったけど
この分だと、ケーキだって食べられそうだ。



かかって初めて実感できる、ノロウィルスの脅威。

具合の悪くなったジジ男と半日過ごして、日曜からスキーに行ってる息子氏に
「大丈夫?」とメールしたら
「大丈夫。お大事にね。お茶をたくさん飲みなさい」と返信が。

お母さんは涙が出ましたさ。
[PR]
by happanappamama | 2011-02-15 13:06 | にっき
週末の我が家
金曜から、nappaが雪遊びキャンプに出かけました。

いつもは園庭に集合だけど、
東京も冷たい雪の降る朝だったので
Yのせまいロビーにギュウギュウに集まって出発。

トイレがまだのむー子さんも一緒に連れて行ったから
凍える寒さの中、お散歩もして帰宅したけど
ホントに寒かった!!

妙高の天気はどうだったんだろうか?

ちょっと前まで、かの地の天気予報は”暴風雪”となってたので
スキーで暴風雪は嫌だなぁと思っていたけど
その後、曇り時々雪って変ってたから
寒くても風がなかったら、まぁ、いいだろう。



今夜nappaは帰宅予定だけど
昨日から、珍しくジジ男氏の調子が悪い。

いつもは「具合悪い~」って騒いでも
熱が出たことはほとんどないし、食欲だけはあるから心配しないんだけど
今回は微熱に加え、全くモノを食べないので
ホントに調子が悪いんだろう。

ノロウィルスっぽいんだなぁ。大丈夫かな。
私が感染しないように気をつけよう。



そして、今朝からhappaが出かけていった。
彼の戻りは木曜日。


今日は久しぶりに天気が良くて、気持ちのいい日なんだけど
我が家には病人と私とむー子さんだけ。

むー子さんは昨日、おとといとゆっくり散歩が出来なかったので
今朝は辰巳の公園まで連れて行って、たくさん遊んできた。


まだ8時ごろだったのであんまり人がいなくて、広々駆け回ってきた。

むー子さんは犬が大好きなので(人には全く愛想がないけど)
人だけじゃなく、犬もいなくて不満だったかも。


午後も陽があるうちに公園に行ってこよう。

今日は私しか遊んであげられないからね。

今日の夕飯は手巻き寿司がいいと言ってたnappaちゃん。
でも、パパ氏がこんなでは、手巻き寿司は延期したほうがいいかも。


ガッカリするだろうなぁ。

せっかくの三連休だけど、
なんだか我が家はちょっと不満を残したまま終わりそうだ。
[PR]
by happanappamama | 2011-02-13 12:50 | にっき
ちょっと思ったこと。
最近、洋服を買っていないなぁ。

買い物って、目的もなく行くときはかなり楽しいんだけど
何か目指して行くとすごく消耗するタチ。

子どもの発表会で着る、とか
入学・卒業式の為に、とか
”洋服を買おう!”と思って出かけると
とにかくクタクタ。

何かのついでに、たまたま見つけた服を”いいな”と思って買うのが
一番自分に向いてるスタンスだと思う。

けど、何かのついでに洋服を見る…ということも
めっきりチャンスが少なくなり
ホントに、少ない手札をヘビーローテーションな状態だ。

雑誌を見ることもほとんどないし、
街角で素敵な人を見つけて、あんな風に
…と思うようなおしゃれな人の集まる街にはご無沙汰しているし、
洋服が欲しいなぁという気持ちも
年々薄れる。

たまに見かける、雑誌やテレビに映る人の服が、
なんかとてもチャラチャラした魅力の無いものに見えたりして
どうも、おばさん街道まっしぐらなコンニチ。


でも、
キャンプに行ったり、山に登ったりするために
あるいは、子どもたちのキャンプや旅行の準備の為に
アウトドア用品を扱う店に行くと
そこにあるアウトドアなウェアには、機能美を感じる。


そうでなければならない形、そうでなければならない素材。
色でさえ、役割を果たしていたり。

決して安いものではないけれど、
体を守る機能を備えている、けれどもカラフルな服たちを見ていると
ファストファッションがとても薄っぺらに見えてしまう。


まあ、成長期の子どもを持つ親としては
ユニクロなんかはとても有り難いお店ではあるんだけれども。


たまに御茶ノ水あたりに出かけると、アウトドアウエアを見るのが楽しい。

”山ガール”なんて銘打ってあるコーディネイトには
苦笑してしまうけど。
[PR]
by happanappamama | 2011-02-12 20:48 | つれづれ


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル