ひびのあれこれ
by happanappamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
『やったぜ!ライナス』再び
子どものときから大好きだったPeanutsシリーズ。

日本橋高島屋の5階にピーナツのグッズを売っているコーナーがあり
そこだけなんだか日本っぽくなくて
小学生の私にはワクワクする場所だったな。

スヌーピーの絵のトレーナーを買ってもらって
大喜びしたり。

しかもそれが、渋柿色の地に黒一色の線でスヌーピーが描いてある
なかなかナイスなセンスのトレーナーだった。

その頃買ってもらった布のバッグとか
今も持ってるけど(物持ち良すぎ!)、とてもいい。

ヘンに子どもっぽくなくて。


そこには、ぬいぐるみとか、バッグとか、文房具とかと並んでコミックスも置いてあって、
小学生…といっても、まだ3年生くらいの私には決してわかりやすい漫画ではなかったけど、
よく母に買ってもらった。

初めて買ってもらったのは『やったぜ!ライナス』。
スヌーピーがまだ四足で歩く、犬っぽい犬だった。

オレンジ色…というか、柿みたいな色で、
ライナスが上に向かってボールを投げ上げている横に
パティとバイオレットがいる絵の表紙。

いかにも日本の漫画じゃなくて
売り場に並んだどの表紙も、色がキレイで。

見ているだけでワクワクしたし、持ってるだけでうれしかったな。

鶴書房という出版社が出しているシリーズだった。


時は流れて、
子ども服売り場には行かない年齢になり、
手持ちのシリーズをくりかえし読むくらいで、
新しいピーナツを買おうとは考えていなかった時代を過ぎて
ある日、「新しいのが読みたい!」と突然思ったのは
多分もう仕事をするようになってから。

職場が神田だったから
仕事帰りに三省堂とか書泉をめぐってピーナツシリーズを探したけど
ぜーんぜんない。

調べてみたら、もう鶴書房は存在していなくて
講談社がピーナツの出版を引き継いでいるらしいと知って改めて探したら
(*現物を見たら、講談社じゃなくて角川でした。2011.1.7)
見つかった講談社版は、今も手元にあるけど、原作の良さをまるっきり台無しにしている装丁。

しぶしぶ何冊か買ったけど、
”あー、あのツルコミックスはもう読めないのかぁ”と
相当ガッカリしたのを覚えている。


更に時は流れて
ネットオークションでモノが買えるという時代になって。

ある日、またまたピーナツシリーズを思い出した。
ヤフオクならあるんじゃないか!?って。

探したら、あったあった、ありました!

20~25冊くらいセットになっているのを、ライバルと戦ってまで大人買い。
でも、買ってよかった!


引越し前に、一時置いておくつもりで別の場所に保管していたのを
このお正月休みの間に持ってきて本棚に並べた。

本棚に並べても映えるんだよ。鶴書房版は。
講談社版は安っぽくて、後ろに隠しておきたいくらい。



ウチの子どもたちもピーナツ好きだから、
いつの間にか何冊か、居間のテーブルの上に乗っている。

家族でピーナツ読んでる図というのも
なかなかいいものなんじゃないかと、密かに思っています。
[PR]
# by happanappamama | 2011-01-06 21:33 | ほん | Comments(2)
新たな1年
ジジ男くんが仕事ハジメの朝。

私もようやく仕事始めの気分です。


とりあえず、差し迫った仕事があるわけじゃないけど、
普通に早起きして、普通に洗濯して、掃除して…という
日常の家事は廻り始めました。


ごはんも、今夜からは少しずつ通常メニューに近づく予定。

お正月のために用意した、小鉢に入ったいろいろがまだたくさんあるので
それにも、もちろん助けられて。



今年は、私のまわりの人たちを見習って
コツコツ努力することを目標にします。

達成不可能な大風呂敷は広げずに、
頑張れば手が届きそうな、中くらいの目標を設定して
それに向かってコツコツ努力を続ける年にしましょう。


いただいた仕事も、パニックにならずに落ち着いて当たれるように
気持ちもいつもシャキッとするよう心がけて。


…とはいいつつ、頭の中はまだ混沌としていて
すっきり明文化できないので
この1週間は頭の整理週間。


どんな自分を目標にするのか。
どんな風に前に進むのか。
どんな風にすれば、そこに到達できるのか。


じっくり考えます。
[PR]
# by happanappamama | 2011-01-05 09:32 | にっき | Comments(2)
あけましておめでとうございます
1日遅れではありますが、

あけましておめでとうございます。


去年の元旦は、うっかり寝坊をして
初日の出を見ることが出来なかったのが心残りだったので
今年は寝過ごさないように気合を入れたおかげで
バッチリ日の出を見ることが出来て、幸先のいい始まり。

例年通り、男子チームは参加せず
nappaと私と、そしてむー子の女子チームでめでたく初日の出を迎えました。


南西の方角にはクッキリと富士山を臨むこともできて
元旦からすがすがしい気持ちに。


お昼には両親に新年のご挨拶に出かけて
久しぶりに実家でのんびりしながらご飯を食べたり、おしゃべりしたり。

子どもたちは、
じーじばーばからボリュームたっぷりのお年玉をいただいてホクホク。

私もジジ男もおいしいものをたくさんご馳走になってホクホク。



今年はどんな1年になるのやら。

みんなが健康に恵まれ
それぞれの目標に向かって頑張ることが出来るよう祈ります。


今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by happanappamama | 2011-01-02 13:18 | にっき | Comments(0)
2010年、おおつごもり。
いよいよ、おおつごもり。

一年の最後の最後の日。最後の夜。


子どもの頃は、起きて年をまたぐことに
ものすごく厳かな気持ちを感じていた。

母の実家に行くと、みんなで除夜の鐘を聞いて
それから近くのお寺にみんなでお参りに行って。

真夜中に暗い道を歩いて出かけるっていうことが楽しかったし、
ご近所の、たくさんの人たちが
同じ道を歩いてお寺に向かう真夜中の光景が
年が改まるのだっていう特別な感じを与えてくれた。

いつものように続いている毎日でありながら、
今日と明日で年が変る…というのは
子どもごころに、時の不思議を思わせた。

時代もあるかもしれないけど
静かな年越しの雰囲気が好きだったし、懐かしいな。


大掃除とか、除夜の鐘とか、
一年を締めくくって、そして新しい年を迎える心構えみたいなもの、
年をとって改めて、いいなぁと思う。


去年の大晦日も
年が改まるとすぐに、近所の神社にお参りにでかけた。

今年もそうしよう思っているけど
「起きて年を越す!」と宣言して張り切っていたnappaは
もう、ずいぶん前に寝落ちてしまった。

真夜中近く、一応起こしてみよう。
一緒にお参りに行きたいし。

でも、起きないだろうなぁ。


今年は、思ったこと考えたことを
ここにたくさん残すことが出来なくてかなり心残り。

来年はもっとたくさんの今を残しておこう。



一年の最後に、今年もおしなべて幸せだったなと思えるのは
ほんとうにうれしいことだ。

来る年も、どうかみんなが幸せでありますように。


あと数時間。
残る今年を、静かに、大事に過ごそう。
[PR]
# by happanappamama | 2010-12-31 21:10 | にっき | Comments(0)
キャンプは最強
自分を振り返る月間にしようと思いつつ、
振り返る余裕なく暮れていく師走。

年末は年末で、いろいろと家の仕事が山積だけど
この慌しさ、忙しさは決してキライではありません。

片付けも中途半端だし、年賀状を準備していないのは例年のこと。

それでもいつも、なんとかかんとか大晦日にたどり着く。

みんなでワイワイ小さなスペースに集まって
ご飯を食べたり、テレビを見たり、行く年のあれこれを語り合ったりしながら
なんとなくやってくるお正月。

そんな風にゆるい感じが我が家らしい。



今年は11月くらいから、なんだかいつもの倍速スピードで追い詰めらるような日々。

ヘマをしたせいもあり
気持ちが落ち込んだり、クサクサしたり、浮き沈みがあって
精神的にも、肉体的にも、しんどかった今年終盤。

なんだか疲れているなぁという実感があったからか
どうしてもどうしても、どうしてもキャンプに行きたかった。

happaの土曜休みを掴まえて
とにかくキャンプ場の予約だけ済ました11月の末。
そして諸々一段落した12月半ば、
久しぶりに出かけた家族のキャンプ。

以前、寒い時期によく利用していたところで、
犬も泊まれて、一緒に遊ぶ場所もある西湖のほとりのキャンプ場。

富士山麓で相当寒いことが予想されたけど
コテージ泊なので、この寒さもまた楽しい。

オフ・シーズンだから静かな閑散としたキャンプサイトを
思う存分堪能して帰ってきた。




気持ち的には、「やっとたどり着いた」感のある金曜夜からの2泊3日は
ココロもからだもリフレッシュ。

やっぱりキャンプはいい。
みんなで行くキャンプで、とにかく自分をニュートラルな状態にリセットできるから。


いつものように、観光なんて全くせずに、
キャンプ場にどっかと腰を据えて、とにかく戸外で過ごす時間のなんと気持ちのいいことよ。

焚き火もしたし、焼肉も食べたし、歌ったし。
散歩もしたし、野球もしたし(16対10でパパママチームの負け)、空を仰いだし。



帰りに温泉に寄ったんだけど、
温泉が遊園地みたいに楽しくて、nappaがすごく楽しそうだったのもよかった。

五右衛門風呂あり、洞窟風呂あり、富士山もばっちり見えて
まさにゴクラク、ゴクラク。

鄙びた温泉も風情だけど
こんな楽しい温泉もたまにはいい。

あんまり混んでなかったのもよかったな。

温泉につかって暖まったあとは、ほうとうを食べてさらにホカホカして帰途についた。



デートの約束を延期して
「しょーがないなぁー」と付き合ってくれたhappaくん、サンキューでした。
[PR]
# by happanappamama | 2010-12-27 16:48 | キャンプ | Comments(0)
あ~~~、もう12月~
11月はとうとう全然なにも書かなかった!

なんだかすごくショック。


書きたいことはいっぱいあった。
でも、ゆっくり画面に向かっているココロの余裕がなく…。

12月はすこしゆったりいきたい。


昨日も、大好きな本をちびちび読み終わって
「あ~、もう終わっちゃった」って考えた後に
ものがたりについて書きたいことが押し寄せてきた。

ぼちぼち、心の中を吐き出していかなくちゃ。

文章につづることで、自分の思考を支えているところがあるから
書かなくなっちゃうと考えが深まっていかないような気がする。


今月は、少し自分を振り返る月間。
[PR]
# by happanappamama | 2010-12-01 18:51 | にっき | Comments(0)
秋の夜長の”児童文学”
いわゆる「児童文学」という風に括られるものが好きです。

ものすごくたくさん読んでるわけではないけれども
その方面に全然明るくない…というほどでもないんじゃないかな、と思っている。

よく読んだのは高校生のとき。
読書のスロースターターだった私には
高校生で児童文学というのが、ちょうど身の丈だったのだと思う。


よく言われることだけれど
児童文学って、必ずしも子ども向けってわけじゃない。

著者は、読者として主に子どもを想定して書いているにしても
よいものは誰が読んでもよい…というのは当たり前のことで
「子どもの本だから」って手に取らないとしたら
もったいないことだなーと、心から思う。

だいたい、児童文学っていうジャンルの呼称もよくないのかも知れないな。
読者が限定されちゃって。

もちろん、子どもも読めるけど、大人が読んでも唸る本はいっぱいあるし。


一方で
絵本でも、もっと文章量の多い本でも
世の中には、安直なものもいっぱいあって
そういう本は、子どもにもすぐ分かるのか、何度も手に取ることはない。


本屋さんの、回転する本棚に並べてあるディズニーアニメのダイジェスト絵本や、
昔話の結末を都合よく改変している、コドモダマシみたいな絵本は
やっぱり1回読んでお終いなんだよね。


気になるのは
大人にはあんまり人気がなさげだけれど
子どもには絶大な人気を誇っているシリーズ。

私自身は読んだことないんだけど、
たとえば「怪傑ゾロリシリーズ」とか「ズッコケシリーズ」なんかは
実のところ、どうなのだろう?


私には、なんか
ズラ~リと数十冊並んでいる時点で
著者は子どもたちに向けて、何を伝えたいんだろう?って考えてしまう。

必ずしも、そんな大げさな、立派なテーマみたいなものがなくちゃいけないとは思っていない。
うまくいえないけど、「ほら、こんなにおもしろい話なんだよ!」っていう
書き手の熱意みたいなものがあれば、それでヨシとも思う。

子どもはおもしろい話が好きだし。
活字に触れてくれるだけで嬉しい、という気持ちもあるし。

でも、あんなにズラリと並んじゃうと、
ホントかいな?みたいな気持ちになっちゃうんだなぁ。


手元において、長く付き合っていきたいなと思わされる本って
読み終わったときに何かが残る。

それは、読んで得した!っていう類のモノじゃなくて
その後の自分の人生に、何らかの形で知らず知らず沁みこんでいくような
そんなもの。


ただただおもしろいって子どもが夢中になっている本を否定はしたくないけど

読み終わったときに
ただ、ものがたりの中をあれこれ見物しただけで、手ぶらで戻ってくる…っていうものじゃなく
入ったときとは別の自分をどこかに感じつつ戻ってこられるような
別の扉が開いて、新しい世界に拓かれているのを感じられるような
そんな本に出会ってほしいな。



整理したばっかりの本棚を眺めつつ、古い岩波少年文庫の背表紙を見ながら、
今日はぼんやりとそんなことを考えました。

秋の夜長、”児童文学”の世界を楽しみたい気持ち。

布団の中で、毛布に包まって 
『思い出のマーニー』とか、『ジョコンダ婦人の肖像』とか、『エミールと探偵たち』とか読みたい。

考えるだけでワクワクしちゃう。
[PR]
# by happanappamama | 2010-10-26 22:39 | ほん | Comments(2)
時代の音
昨日、『みみをすます』のことをいろいろ考えていたら
なんだかとても夢見心地のような気持ちになった。

わたしの『みみをすます』はnappaのクラスに貸しっぱなしになっているので
手元にはないんだけど、

収録されているいくつかの詩のなかの
思い出すことができるフレーズを頭の中でぐるぐるさせていると
それだけで、
いま、ここに自分がいないような
どこか別の場所に浮遊しているような
不思議な気持ちになる。


子どもの頃から旧跡みたいな所や
古い建物が移築してあったりする場所が好きだった。

子どもの頃よく家族で行った静岡の海の帰りに寄った登呂遺跡。
北海道の開拓の村。
社会科見学で行った加曾利貝塚。
皇居のお堀の向こうの、いくつもの門。
あちこちにある、なんとか城址。壕。


昔、誰かがこの場所にいた、この場所で生活していたっていうことを聞くと
その、同じ場所に立っているというだけで、
そわそわするような、胸がふわふわするような
なんともいえない不思議な高揚感があった。

自分の知らない時代に、確かにそこにいた人がいる。
同じ場所に立つことで、その人の気配を感じるような
その人と何かを共有しているような、そんな気持ちになる。

見も知らないその人の声と、その時代の音が聞こえてくるような、景色が見えるような
不思議な感覚。


『みみをすます』のよさは
一つの側面からだけは語れないけど、
私にとっての魅力の一つは
そんな時の不思議な感じを家にいながら体験することができるところに
あるのかもしれない。


ごくごく易しい言葉で語られることは
ひとつひとつ、とても具体的なことなのに
具体的であるからこそ、その事象を超えて、普遍的な何かに繋がっているような
もっと大きなものに向かって拓かれているような、
そんな感じ。


詩ってすごいなーって改めて思う。

短いフレーズから呼び覚まされ、刺激される
それぞれの人の、それぞれの感性。
頭の中に湧き上がってくる映像。



谷川俊太郎さんの朗読で、一度聞いてみたいな。
[PR]
# by happanappamama | 2010-10-25 22:01 | つれづれ | Comments(2)
耳を澄ますこと
10月の始めにnappaのクラスで読み聞かせをした。

しばらく、何にしようかなーと考えていたけど
5年生という年齢や、15分という短い時間、
読み聞かせに慣れている子どもばかりじゃないし…とかいろいろ考えると
いくつか候補に挙げていた本は
どうもしっくりこない。

nappaが低学年の頃から
『みみをすます』を読み聞かせで読んでみたいなと思っていたんだけど
連絡帳で担任の先生に伺うと
「詩はちょっと…」という反応だったりして
実現しないでいた。

ウチの二人には
幼稚園に入る前からふとんの中で読んで聞かせていたけれど
二人とも『みみをすます』の中の詩が好きだったし
静かに聞いていたから
教室の読み聞かせでも大丈夫と思ってはいたんだけど。


今回は担任の先生には相談しないで
「コレを読みます」って前日に連絡帳でお知らせした。
 
今年の担任の先生は
相談したとしても、「おもしろいですね!」って乗ってくれそうな気がしていたんだけど
どうしても読みたかったので
万一色よいお返事をいただけなかったときのことを考えて
ゲリラ作戦で行ってみたのだ。


当日、『みみをすます』の中から
「えをかく」と「みみをすます」を読んだ。


読み聞かせに先立って、五感についてちょっとお話して
みんなには目を閉じて聞いてほしいとお願いした。


目からの情報には蓋をして、聞くということに集中することで
かえって豊かな世界が目の前に広がるっていうこともあるっていうことを
感じてほしいなぁと思って。

文字通り、耳を澄ましてほしいなぁと思って。


耳を澄ますことは、実際に聞こえてくる物理的な音だけを聴くこととは違う。
音にならない気配みたいなものを、感じ取ることだ。

そこに集中してほしかった。


目を閉じることで、ふざけちゃう男の子もいるかな?と、ちょっと心配したりもしたけど
子どもたちは思った以上に、静かに聴いてくれていた。


読み終わって、
「なんだかよくわかんな~い」という子もいたし
ところどころ出てくる怖い表現を「グロい」という子もいたけれど
後日先生から子どもたちの感想や反応を伺ったとき

「夢の中にいるような気持ちを味わうことができた子が複数いたようです」

ということを聞き「それそれ!」と感じて嬉しくなった。


私も『みみをすます』を読むと
「いちまんねんまえのあかんぼのあくびに」、「ひゃくまんねんまえのしだのそよぎに」
思いを馳せて、夢見るような気持ちを味わうことができる。


ウチの子どもたちが眠るときに
薄暗い灯りの中で『みみをすます』を聞きたがったのも
きっとそういう心地を味わうことができるからじゃなかったのかなぁ。


美しいものを感じるとき
五感のすべてを使わなくたっていいんじゃないかなって思う。

いくつかの感覚器官を欠くことがあっても
100%味わうことができるんじゃないだろうか。




感じるって、なんて大事なことなんだろ。
[PR]
# by happanappamama | 2010-10-24 14:47 | つれづれ | Comments(2)
パッパちゃんの生まれた日
今日はパパ氏のお誕生日。

家族でささやかにお祝い。


幸い、日中はパパ氏が外出していたので
その間にいろいろ支度してスタンバイ。

焼肉大好きなので、ケーキだけ用意して食べに行こうかと思ったら
子どもたちは、誕生日は家でやりたいという。

そうかー。
じゃあ、普段よりいいお肉を買ってきて屋上で焼こう!ということになった。


あれやこれや、思い思いにおしゃべりしながら
笑って、食べて。
笑って、笑って、食べて、笑った。


いつもは療法食しか食べさせてもらえないむー子も
今日はお相伴に預かって、少~し(いっぱい?)お肉を食べた。


お腹一杯になっちゃったので
ケーキを食べるまでのしばしの時間、パパ氏とhappaはtsutayaに出かけ
私とnappaは火をいじりながら歌を歌ったり。


夜の闇の中、湿った空気の中に漂うnappaの歌声は、
いつまでもいつまでも聴いていたいほど心地よい。

熾き火をつつきながら、
あー、この時間がいつまでも続けばいいなぁーと思っていたら
nappaも同じようなことを言っていて。

以心伝心。


男子チームが帰宅したので
ケーキを囲んでHappy Birthdayを歌い、
nappaが作ってくれたケーキをいただいた。

今日のはチョコレートクリームのデコレーション。

おいしかった!


パパ氏もとにかく幸せそうなお誕生日でした。
[PR]
# by happanappamama | 2010-10-10 22:04 | にっき | Comments(10)


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
最新のコメント
のりまきさま。 お..
by はなこ at 13:58
あ~とてもいいお話でした..
by のりまき at 21:47
亜寿多妃さま。 う..
by はっぱなっぱ at 09:47
今年もよろしくお願いしま..
by 亜寿多妃 at 14:28
お~~~~、センセー♪ ..
by はっぱなっぱ at 22:27
お久しぶりでございます。..
by 亜寿多妃 at 17:57
boubouさん。 ..
by happanappamama at 22:08
上橋菜穂子さんのファンタ..
by boubou at 12:28
コメントありがとうござい..
by happanappamama at 22:48
え!わからないような、難..
by はっぱなっぱ at 16:12
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル