人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
初心者登山
いつものように、それぞれが思い思いにしたいことをして、
のんびりゆったり過ごした今回の夏のキャンプだったんだけど、

久しぶりに家族で山に登った。
いつもの4人+1匹で。


キャンプ場の近くに山があったら、登りたいなぁと思っていたんだけど
調べたら「陣馬形山」という山が。

標高1445㍍。
だけど、登山口からの標高差は700㍍くらいみたい。


キャンプ場でもらったハイキングマップには”初心者で片道2時間”とあったので
気楽に出かけた。

ふらりと、っていう風に。


ところが、この山、結構キツかった!

片道2時間というのはガセネタで、実際には4時間近くかかった上
道もあんまり巻いてなくて、急斜面をドシドシ登る感じ。

頂上まで車でも行けるんだけど
何度もその、なだらかに巻いている車道を横切って登る。

ハイキングマップにある、最初の目印までは割りとすんなり着いた。
地図で見ると、そこは全工程の1/3位の場所。

次のポイントは樹齢600年というブナの木で、そこまで行けば2/3。

あら、楽勝じゃない。とか思いながら登る。



でも、最初のポイントまでの距離を考えるとそろそろかな?というくらい歩いた
…のに、ブナの木がいっこうに現れない。

nappaは弱音を吐きまくりだし、
「もうすぐブナの木だよ~、もうすぐ!」となだめながら登っても
まったくブナの木が現れないので、
だんだん「もうすぐ」という言葉に信憑性がなくなってきて…。


簡単ハイキングマップの落とし穴だった。
もっとちゃんとした地図じゃなくちゃ、ダメなんだな。

実は最初のポイントは全然1/3じゃなく、距離感が滅茶苦茶なアバウトマップ。


なんとかブナの木にたどり着き、
そこから更に気合を入れて頂上を踏んだけど

頂上で、車で来たという年配のご夫婦に聞いたら
「初心者で片道3時間半って書いてありましたよ」とのこと。


「車で登るのも大変だったのに、よく頑張ったわね~」と褒めてもらい
nappaはたちまち疲れも飛んで、はしゃいでいたけど。

「あら~、ワンちゃんも~。すごいわね~」と声をかけられたむー子も、
心なしか誇らしげ。


しかし、車で登れる山に、歩いて登る人はあんまりいないのかもね。

そういえば、登山の人に全く会わなかったなぁ。行きも帰りも。
そんな山、はじめてかも。

地元の小中学生が登って頂上付近の無人小屋に泊まったりするらしいから
難しいキケンな山でないことは確か…というか、大した山じゃないんだとは思うんだけど、
私にはハードな部類。

来年、富士山に登りたいって思ってるけど
こりゃ、もうちょっとしっかりした体力づくりが必要だ。


頂上は360度のパノラマで、
景色は楽しめたし、みんなで登って達成感も味わえたし、
むー子も小さな体で、頑張って一緒に登れることがわかったし、
よい登山だった。

nappaが泣きべそかいても、とにかくなだめて頑張らせてよかった。


ただ、どんな山でも気軽に登っちゃいけないな、と改めて思った。

水も、携行食も、服装も、靴も、何もかも気軽過ぎて、とにかく反省。


子どもを連れて行くんだし、どんなキケンがあるかもわからん。
どんなとこでも下調べはちゃんとしなくちゃいけないな。



帰りはどんどん高度を下げるので、急斜面で足腰をガタガタにされて
翌日の筋肉痛が大変だった。

…とはいえ、山登りの後の疲れは、どんなに体が痛くても心地いい。
きっと精神が満足しているからだ。


山に登って、キャンプ場に戻ってきて
焚き火を見つめながら、いろんなことを考えた。



そのとき考えたいろいろは、長くなるので、また後日。
by happanappamama | 2010-10-09 22:12 | キャンプ | Comments(2)
Commented by ば~ばら at 2010-10-11 08:28 x
いつか体力がついたら富士山に登りたいと思いつつはや何年。体力は衰える一方です。 手遅れにならないうちに登るか? しかし(汗)といった感じの私です。
Commented by はっぱなっぱ at 2010-10-11 10:43 x
どの程度の体力が必要なんだろうね??

山に登れる筋力があっても、富士山は高山病ってモノもあるからね。

私は心肺機能が不安。
高山病にならないように何とかしたいわ。
<< パッパちゃんの生まれた日 せざるを得ない >>