<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
nappaちゃん
おととい、スイミングに行く途中、
nappaが自転車で転んで(しかも顔から!)流血騒ぎが!

ものすごい怪我ではなさそうだけど
ちょっとプールは無理でしょうということになり
家に帰ってきた。
転んでからずっと泣いていたけど、
家に帰って鏡を見たらさらに大泣き。

擦過傷だけかなと思っていたけど、
夕飯のとき「歯がぎざぎざする」というので、
みんなで「大人の歯はぎざぎざしてるんだよ」などと脳天気に話していたけど、
もしや!?と思ってnappaの歯を触ってみると
たしかに当たりがぎざぎざしてる。
よ~くみると先端の1ミリくらいが剥離してるみたいだった。

翌日の1時間目の運動会の練習は「絶対出る」と聞かなかったので
まあ、そんなに早く病院はやってないし、とりあえず登校して
1時間で早退することに。

この日は朝から歯医者に連れて行かれる恐怖でしくしく泣いていたけど、
早退してからはさらに無口になって、最初に受診した小児科でも
異常におとなしく、怪我なのに病人のよう。

いよいよ歯医者に到着するや、名前を呼ばれただけでぎゃ~ぎゃ~泣いてる。
ところが本人の予想に反してあっさり治療が終わると
とたんに元気になっちゃった。

幸い、歯の剥離は心配したほどのものではなく、
ただ少しぐらついているので、念のため一ヶ月は前歯でものを噛まないように
注意を受けました。
のりまきとか、パンとか、前歯で噛み切るものは
絶対避けてくださいって。

7月の頭部ホチキスに続き、なんか怪我の多いnappa。
女子なんだけど。

今日はもうすっかり元気で、
サッカーの後、私が酋長夫妻とおしゃべりしてる間、
T-ひろと一緒にものすごく太った立派な青虫を見つけていじくりまわしてた。
(本人曰く、「世話をしてあげてた」らしい。)
あの青虫かなりいじくりまわされてたけど、元気だといいなぁ。
by happanappamama | 2006-09-30 21:50 | にっき
♪♪♪
f0169643_1057082.jpg
f0169643_10571820.jpg

今日は感激しました。
うれしい日でした。
どうにもうまくコトバが出てこないけど、
元役のみんな、本当にありがとう。

今夜はうれしい気持ちを噛みしめつつ、
今日のキモチにぴったりの言葉を
探したいと思います。
by happanappamama | 2006-09-28 22:02 | にっき
今日
白木蓮!の葉書を作らねばならず、朝からWordで悪戦苦闘。
なんとなく形にはなったものの、往復はがきを未購入なので、印刷は後日。
ちゃんと印刷できるのか?郵便番号は枠に収まるのか?むむむ・・・

今日はnappaのピアノの日。

今日初めてテキストが登場した!
ピアノを始めて半年。今まではスケッチブックに先生が書いてくださったり、
練習でnappaが書いたりした譜面を使っていたけれど、
もちろん、それも併用しながら今度はちゃんとした本なのだ!
私がもらったわけじゃないのに、なんだかちょっとうれしい気持ち。

新しくてつややかな赤い本。

そういえば。
帰りにご子息を迎えにいらした酋長とお会いしましたが、
何やら片目を負傷しているご様子。
中央道氏から噂には聞いていたので、
お加減はいかがかと案じつつ 「どうなされました?」とお聞きすると、
果たしてラグビーであった。名誉の負傷か!

喧嘩かと思ったよ~。
by happanappamama | 2006-09-26 23:36 | にっき
ささやかなしあわせ。

f0169643_10504082.jpg
子どもがおいしいものを夢中で食べてるのを見るのが大好き。
その姿を眺めてるのが幸せ。
おいしい、うれしい、というキモチを内に込めて、
全身をぴかぴかさせながら、
目の前の大好物と無心にカクトウしてる姿は美しい。

泥だんごづくりに夢中になってるときも、
なにかを一生懸命描いているときも、
無心に遊んでいるときも、
もちろん、どれもこれもいい。

でも、おいしいものを夢中で食べてる姿は格別。

昨日はnappaと二人で自転車で夢の島の公園に行った。
熱帯植物館のなかでしばらくあそんで、
喫茶室で休憩してるとき、カキ氷のアイスクリームのせ(メニューには
フラッペと書いてあった!!フラッペ!)を夢中で食べてるnappaを見ていて
とても幸せなキモチになった。いつまでこんな顔して食べてくれるだろう?
いつまでも眺めていたい気分だった。

お茶が終わって外へ出てきたら、前庭に巨大かぼちゃ郡が!

かぼちゃの上を歩いたり、跳んだりはねたりして
小さい子どもたちが夢中で遊んでた。もちろんnappaも。

その後すり鉢広場でペッタンコをしたり、寝転んで空を見上げたり、
寝転んだまま二人で大きな声で歌を歌ったりした。
この間もお風呂で賛美歌を大声で熱唱したら、ちょっといやなものが流れていくような
気がして気分がよかったんだ。

nappaと公園、楽しかった!!
by happanappamama | 2006-09-25 23:25 | にっき
昨日
昨日はプール。
ちゃんと泳いだのはほぼ2ヶ月ぶり。
体調悪いし、気分も乗らないし、どうしようかな~と思っていたけど、
結果的に行ってよかった!!
泳ぐのっていいね。泳ぐことに没頭できるから、邪魔なものが
頭に入ってこないし。

プールのあと、あおぞらちゃんが私におつきあいしてくれました。
あおぞら宅でお昼まで作ってくれて。最後まで具体的には何が入っているのか、
すべては解明できなかったけど、 「闇鍋風うどん」おいしかった!
とりとめもなくいろいろ話をしたんだけれど、
彼女の経験や私のあれこれを話すうち、キモチが軽くなりました。
ありがとう!あおぞらちゃん。

重い気持ちを引きずる毎日ではなく、鬱々としてるわけでもなく、
ものすごく元気が無いわけでもないんだけど、内側にこもってる実感のある日々。
泳いでカラダを使ったからか今日はあんまりだるくない。

こういう時、いつも読むのは「ゾーイー」。
読み終わるといつも少し開放される。
ここ数日もパラパラと読んでいるけど、読んでるあいだは落ち着く気分。
でも、昨日は「ゾーイー」なしでも大丈夫な感じでした。

プールとあおぞら家ランチのおかげだね。きっと。
by happanappamama | 2006-09-23 16:03 | にっき
めでたい日
今日は家族の約1名のお誕生日。
週末にお誕生会、と思っていたけれど、本人のたっての希望で
当日のお祝いとなりました。

家族のお誕生日はうれしいね♪
今日を無事に迎えられたことを何か大きなものに感謝したくなる。

ふつうに送る毎日がかけがえのないものなんだ、ということに
思いを致す機会が、そんなにあるとはいえないけれど、
家族の誰かのお誕生日は、素直に平凡な自分たちの生活を
感謝できる日。

モノを捨てることが出来ないんだけど、くだらないものを
買っちゃって、増えていく。
ものすご~く欲しい、とか、ものすご~く必要、というモノは
あんまり無いのに、細かいクダラナイモノを買うことに
なっちゃうんだなぁ~。なぜだろう?
本当は「無い」生活を楽しみたい。
必要最小限で、でもストイックじゃなく生活したい。

最近パソコンに依存してるから、パソコンは捨てられないかなぁ。ケド
テレビはなくてもいい。しかし、当然家族はみんなテレビ大好き。
私も時々は見たい。と、思ったりする。
でもテレビがなくなったらサッパリするだろうな、と想像してみたり。

モノに縛られないで生活できたらいいなぁ。
そして平凡に過ぎていく毎日を、大雑把じゃなく過ごしたいな。
・・・と、家族の誕生日に思うのでした。

「一切をふりむかずくる春の濤」

去年の春先に新聞に紹介されてて、
なんか、ちょっとキモチが釘付けになり、手帳にメモしておいた。
今は春じゃないけど、この句から受ける潔さに憧れます。
by happanappamama | 2006-09-21 22:11 | にっき
バイオリズム
ここんとこ、落ちっぱなし。
数年ごとに大きな浮き沈みがあり、数ヶ月ごとに少し小さな浮き沈みがあり、
そんなリズムで人生やってきたという気がしてるけど、
ここ数年は忙しかったのか、考えたり感じたりする暇がなかったのか、
そんなバイオリズムからはちょっと外れたところで生活してたような。

体調良くないからなのか、そういう年ごとのバイオリズムや月ごとのバイオリズムに
意識が向いて、そういえばそんなリズムがあったっけね、という感じ。

で、今は落ちてます。
落ちているときは間違いなく考えすぎている時。
考えることがなくても、考えてしまうとき。
何を考えてるのかわからなくても、考えてしまうとき。
意識の底のほうで。

年をとるごとに、なんとなくカラダについてたいろんな無駄なもの(肉じゃない!)が
どんどん落ちてきて、あっけらかんと年を重ねていけると思ってたけど。
来たねぇ。
夏前から不穏な空気を感じてはいたんだけど、あれこれ気ぜわしく
過ごしていれば何とかなりそうにも思ってたけど、ダメだ!!!

人生の円熟期を迎えちゃってるから、体調の悪さにも連動するのかなぁ?

昔はこういう時、とにかく誰かのとこに集まって、しゃべり倒して、
語り倒して、つつかれて、叱られて、
自分の内側に向いてるエネルギーを外に出し尽くすことで
俯瞰で自分を眺めて、少しずつ軽くなっていったように思うけど、
そういう時間と場を持つことが難しい今日このごろ。

何で落ちてるかさえ定かでなく、成長してない私。

でも、今ものすごく感覚が澄んでるような気がするから、
もしかして、詩とか書いちゃったらものすごいのが書けるかも?
いいもの見たり、読んだりしたら、そのまま身になっちゃうかも?

・・・と、年取ると図々しいことも考えられるようになるのね。
by happanappamama | 2006-09-20 22:09 | にっき
週末
先週の金曜でhappaの期末試験も無事(??)終わり、週末は気分的にのんびりでした。
土曜の午後からhappaとnappaはばーばの家へ泊まりに行ってしまっていなかったので、
ジジ男と二人で「スミス都へ行く」のDVDを見た。

う~ん、ジェームス・スチュアート、若い!!
何度も見てるし、こんな展開あり得ないけど、私はこの監督の映画が好き。
アメリカ人はこんな風に、庶民のレベルでは基本的に善なる人々が支持されるのに
どうして戦争しちゃうんだろう?

日曜の朝はさらにのんびり、ゆっくり寝ているはずが、なぜかジジ男が早起きで、
なぜか「はやく、はやく!」と出掛ける準備を急かされて出掛ける羽目に・・・!

御茶ノ水に修理を頼んであったスノピのタープを取りに行って、
nappaの誕生日のプレゼントを買いに行って、
なんだかんだとしているうちに夕方になり、happaとnappaは帰宅したのでした。

そして今晩は「大学の若大将」を見たのだ。
いいねぇ~。若大将シリーズ。若大将はどこまでもモテモテで、どこまでもスポーツ万能で、
どこまでも正義漢で、どこまでもさわやかで、そしてセリフは棒読み。
素晴らしい!

いろんな若大将の中でも、「大学の若大将」がいっちばん好き。

だるいのは依然として良くならず。ジジ男は「○○期障害じゃない?」と軽くのたまう。
う~ん、言葉化すると現実味を帯びてきちゃうじゃないのさ。
咳はちょっとおさまってきた。実家の母が花梨酒をくれて、毎晩すこ~しずつそれを
飲んでいるのが良いのかも。

昨日はジジ男とhappaとnappaが「ボーリングに行こう!」と盛り上がり、
「ママは行かない!」と言ってみんなのテンションにすこし水をさしてしまったけど、
彼らが出かけた後昼寝をして、元気を回復しました。

結局彼らもボーリング場に行ったものの3時間待ちだったそうで、買い物した後は
夕飯を食べて帰ってきました。

なんにもしなかったけど、ゆっくりできた!皆々様、ありがとう~!
今日は午後から保護者会どす。
by happanappamama | 2006-09-16 11:44 | にっき
だるい…
ここ数日咳は出るし、カラダはダルダル。
今日のプールはキモチにカラダが着いていかず、
お休みとなりました。

昨夜はバザー実行委員会。
私は「おでん」担当で出席してるけど、おでんの持ち場は初めてだし、
おでん関係はまだ全く打ち合わせができておらず、
ご飯をいただいてくるだけの出席となってしまいました。
それでよし!

私がその昔、リーダーとして実行委員会に出席していたころは、
もう少しお弁当の内容がゴーカだったような気もするけど、もちろん文句は申しません!!
OB会もソフトクリームとかヨーヨーつりとか、なんかそんなことをやってたような。
リーダー会とOB会も結構あたたかい交流があったし、リーダー会の盛り上がりも
半端じゃない勢いだったと記憶してるけど、今は盛り上がってるのかな?
社会人のリーダーが増えて、みんな忙しいのかな。

ワイズは相変わらずマイペースで、でもいい雰囲気で、もう数十年。という感じ。
メンバーの入れ替わりが激しくないから、伝わらなきゃいけないことが、伝わっていくんだよね。

どちら様も11月3日のバザー、よろしくお願いいたします!

happaは今日で期末試験終了。とっとと遊びに行っております。
nappaは運動会でお言葉を発するそうで、楽しみです。

3連休。あおぞら家、気をつけて行ってらっしゃいませ!
by happanappamama | 2006-09-15 16:12 | にっき
浦島太郎
ゆうべご飯の後になぜか「浦島太郎」の話題で盛り上がった。
きっかけはなんだったか忘れたけど、お風呂から上がったhappaと
パパが始めたのが最初。

私「なんで浦島太郎は玉手箱あけちゃったんだろうね」
パパ「帰ってきたら何百年も経ってて、寂しくて開けちゃったんじゃなかった?」
私「寂しいとなんで開けるのさ」
パパ「そもそも開けちゃいけないものをなんでくれるんだよって感じじゃない?]
happa[それはさ、イマシメだよ」
私「なんの?」
happa「欲張っちゃいけないという教訓じゃない?」
私「浦島太郎は亀を助けたりいいことしかしてないのに、何でイマシメの箱をお土産に
  もらわなきゃならないのさ?ところでパンツぐらい穿きなさいよ。」
happa「大きい玉手箱と、小さい玉手箱を選ばせてくれたのに、欲張って大きいほうをもらった
    からだよ!」
パパ「それは”舌切り雀”だよ!!大きなツヅラにお化けが入ってるんでしょ?」
happa「え!?僕が読んだ本はそうなってたよ」
私「でも、開けちゃいけない箱をお礼にもらってもうれしくないよね~」
happa「開けちゃいけない箱をくれるところに何か深~い意味があるんだよ。」
私「気になるねぇ。パンツ穿きなさい!!」

私「何百年も経ってるところに帰ってきて、知り合いもいなくて寂しいだろうから、
  おじいさんにして上げましょうっていうことなんじゃない?」
パパ「でも、寂しい上に年までとっちゃったらやじゃない?」
happa「わかった、乙姫様は浦島太郎が好きだったんだよ。だからおじいさんになれば
    困ってまた竜宮城に帰ってくると思ったんじゃない?」
私「でも言いつけを守って開けなかったらどうすんの?」
パパ「そうだよね、開けなかったらどうにかなるのかね、玉手箱。」
私「君、あしたから期末試験じゃん。こんなことやってる場合じゃないんじゃないの?」
・・・・

途中でnappaがあさっての方角からトンチンカンな意見を述べたりしたものの、
それはみんなあまり相手にせず、様々な角度から科学的な考察というものがなされたけれど
結局うやむやに終わってしまった。

happaはその後勉強するかと思いきや、そのままとっとと布団に潜り込んで眠ってしまいました。
大丈夫なのか、期末試験・・・。
by happanappamama | 2006-09-14 10:45 | にっき


カテゴリ
最新の記事
見えているもの、いないもの。
at 2015-07-20 21:08
アンのこと
at 2014-06-01 15:46
J.D.サリンジャー様
at 2013-10-13 16:28
距離
at 2013-09-23 10:48
匂いと臭いのまわりのあれこれ。
at 2013-09-22 14:56
記事ランキング
Twitter
画像一覧
お気に入りブログ
外部リンク
メモ帳
いまのとここっちにメインの日記があります♪

検索
その他のジャンル
ブログジャンル